FC2ブログ

10月9日、ジョンのリマスター盤がやってくる! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ジョン・レノン » 10月9日、ジョンのリマスター盤がやってくる!

10月9日、ジョンのリマスター盤がやってくる!




昨年のビートルズ・リマスターに続き、ウイングスを含むポールの全ソロアルバムが順次リマスター化されると先日アナウンスされたばかりだが、ひと足早くジョンの全作品がまとめて10月9日(ジョン70才の誕生日)にリマスター盤として再発売されることが決定した。

実はジョンのソロ・アルバムはすでに何枚かがヨーコ監修のもと、デジタル・リマスター盤が発売されているらしい(すんません、よく知りません)。ゆえに、ジョンのソロ作品のリマスター化は必ずしも今回が初めてではない。しかし、今回のリマスター盤はビートルズ・リマスターを手がけたアラン・ローズ率いるロンドンのエンジニア・チームと、ニューヨーク、アバター・スタジオのジョージ・マリノとの共同作業によって行なわれた事が明らかになっている。ということはつまり、ビートルズ・リマスターと同じレベルでジョンの作品が甦るということになる。これはある程度予想されたこととはいえ、ファンとしては本当に嬉しいニュースなのである。

さて、今回のジョン・レノン・リマスターには、オリジナル・アルバム以外に、いくつかの編集盤、そして11枚のCDからなるコレクターズ・ボックスが追加されることになっている。

まず、オリジナル・アルバムは以下の8枚

ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)
イマジン(Imagine)
サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ(Some Time In New York City)
マインド・ゲームス(Mind Games)
心の壁、愛の橋(Walls and Bridges)
ロックン・ロール(Rock ‘n’ Roll)
ダブル・ファンタジー(Double Fantasy)
ミルク・アンド・ハニー(Milk and Honey)

編集盤は以下の2種類

“Power to the People:The Hits”(ベスト盤)
“Gimme Some Truth”(曲をテーマ別に4枚のCDに振り分けた編集盤)

そしてコレクターズ・ボックス

“John Lennon Signature Box”(オリジナル全アルバム、レア物、アルバム未収録曲を含む豪華CD11枚セット)

他に特筆すべきこととしては、上記8枚のオリジナル・アルバムに『ダブル・ファンタジー』2010年リミックス・バージョンがジョンのカタログに加えられるということだろう。プロデュースはヨーコとジャック・ダグラスによる共同プロデュースで、“Double Fantasy Stripped Down”というタイトルが付けられている。実際の音は聴いてみてのお楽しみということになるだろうが、極力無駄な装飾を排した、ジョンのヴォーカルがメインのサウンドになっているということだ。僕にしてみれば、『ダブル・ファンタジー』はオリジナルそれ自体が完璧なアルバムであるだけに、今さら手を加えるのはいかがなものか、という思いもある。さて、どんな仕上がりになっているだろうか。

最近特に強く思うことは、ジョンやポールに限らず、僕が昔に買い集めたCDのほとんどは、今聴くとひどく音が悪く、冗談抜きで聴くに堪えないことである。今さらながら、僕たちはなんとひどい音を聴かされていたのかと、そのためにどれだけの金額を投資したのかと、そんな事ばかりを考えていたら夜も眠れなくなりそうだ。

今になって思うのは、やはりビートルズ・リマスターはCDサウンドの新基準であり、出発点であると思う。しゃーないけど、これからまたすべて買い直すしかないのだろう。過去の名盤すべてを…。ああ、お金が…。

自らポール派であることを公言している立場とはいえ、ジョンのソロ作品に対する僕の軽視は我ながら相当にひどいものがあったと思う。そんなわけで、今回のリマスター化を機に、ジョンのソロ作品を真剣に再評価してみたいなどと思っているのである。


コメント
非公開コメント

お邪魔します。
ポールだけでなくジョンのファンでもありジョージのファンでもあり、リンゴの友達でもある(持っているのはLP1枚のみ…笑)私といたしましては、今回の再リマスター化には、ほとほと辟易しています。 なにしろニュー・センチュリーのリマスターを、買いあさり続けましたので(笑)。
かと言って、ヨーコサンを責めるというわけでもないです。 こういう言動をするとヤケに過敏に反応する人がいるので嫌なのですが、ヨーコサンはただ単に、ジョンの曲を新たな世代の人たちが聴いてもらえるよう意図しているにすぎないのだ、と考えています。
実際、死後30年たつというのに、ここまで聴き継がれているミュージシャンも珍しいのではないでしょうか。 ジョンが元ビートルズの人、という理由を抜きにしても。

ただし管理人様のようなポール大ファンの方にとって、ジョン・レノンのソロ作品、というのは、ちょっと大いに勧められないところがありますネ。
なぜならジョンのメッセージは、あくまでパーソナル。
聴く人をすごく選んでしまうところがあると感じます。
特に 「ジョンの魂」、「サムタイム・イン・ニュー・ヨーク・シティ」「マインド・ゲームス」 といったあたりは、好みの違いですごくつまらないアルバムになってしまいそうです。
逆にポール派の方にお勧めなのは、「心の壁、愛の橋」 でしょうか。 ジョンのコアなファンにとっては評価の低いアルバムですが、このアルバムはベクトルがポール寄りな気がします。 ジョンとヨーコサンが交互に歌っている 「ダブル・ファンタジー」 も、ヨーコサンの作曲能力を受け入れられれば、とてもいいアルバムだと思います。

私は 「シグネイチャーBOX」 を買ってやろうと思っているのですが、ポールのリマスター盤も出るというのに、どーすりゃえーんだ!(笑)という感じです。

いや、私が本当に望んでいるのは、ジョンのもポールのも、USBで24bitで全部出しちまってくれ!(笑)ということです。 USBは、CDなんぞよりはるかに音が良いです。

2010-07-07 06:47 │ from 橋本リウURL

ジョンのリマスターって先日終わったばかり、もう新リマスターですか・・・いくらなんでも誠意がないというか、ひどい話です。
今あるリマスター盤はとても丁寧なマスタリングで、劇的な音質改善など望むべくもなく、ただエンジニアの解釈の違いのみが強調されることでしょうね。まるでフルトヴェングラーの盤起こしリマスター合戦の様相になってきました。しかもこれは同じEMI内なのだから、経営難から、なりふりかまわない商売にはしってますね。3年後にはビートルズニューリマスターがでそうです?!

2010-07-07 10:25 │ from じょんじーURL Edit

橋本さん
コメントありがとうございます。ビートルズ関係に限ったことではないのでしょうが、リマスターに関する計画性のなさ、まじめな音楽ファンへの配慮のなさには相当腹立たしいものがありますね。いったい同じレコードを何度買わせれば気が済むのでしょうか・・・。
ジョンのソロアルバムは、いちおうアナログ時代に全部聴いているのですが、やはり聴く時と場所を選びますね。というわけで滅多に聴かないので、CDで持ってるのは『ダブル・ファンタジー』と『ジョンの魂』のみであります。『心の壁、愛の橋』は仰る通り、ジョンのアルバムの中では好きなほうに入ります。

2010-07-07 14:03 │ from 管理人URL

じょんじーさん
コメントありがとうございます。あらら、ジョンのリマスターは終わったばかりだったのですか。そりゃ買った人は怒りますわな。なにか救済策はないもんでしょうか。旧リマスター盤と手数料のみで交換できます、とか。無理だな・・・。

2010-07-07 14:06 │ from 管理人URL

ジョン・レノンのリマスター盤が発売されるのですね。
以前にジョンの作品は 全てリマスターで再発されていますし、私も前回のリマスター盤に ある程度満足しているので 今回の再発は購入しようか迷っています。

今の洋楽、特に再発盤は ほぼ有名な作品のCD化も終了し、リマスターの精度をさらに向上させた再リマスター盤や、発売当時のアナログ盤を忠実に再現した いわゆる「紙ジャケ」という物に、話題が集まっていますね。

今回のジョンも然りですが 同作品で度々繰り返されるリマスターの再発には、正直言って 安易な印象があって好きではないです…
ただ、管理人さんや皆さんが語っておられる様に 昨年のビートルズ作品のリマスター再発は、ファンならずアーティスト側にも「リマスター」「良い音」という事に一石を投じるきっかけになったと思っています。

そう言う意味でも 今回のジョンの再リマスターも素晴らしい仕上がりになる事を期待したいですね。
ただ個人的には、「リマスター」や「良い音」については それぞれ好みの音も微妙に違えば、音楽を聴く環境も違う訳で 再リマスターしても なかなか万人の耳を満足させる事って難しい気がします。

確かに初期のCDの音なんて 今聴くと貧弱に聴こえますから、そのリマスター盤となれば 音の違いも感じやすいですが、ジョンの場合は すでに素晴らしいリマスター盤がありますからね… どうなんでしょう…?

でも これをきっかけに、多くの人がジョン・レノンを改めて聴いてみようという切っかけになれば、それはそれで素晴らしい事ですよね。今回のリマスター再発には、そういう面に期待したいです。

取り留めのない感想を書いてしまいましたが… 私も個人的にオススメのジョン作品を記しておきますね。

◎『マインドゲームス』
比較的 思想的な面が押さえられて、純粋にジョンのメロディメーカーぶりやボーカリストの魅力に触れる事が出来る作品だと思っています。
特にジョン自身がプロデュースしたサウンドは なかなか興味深いです。今回のリマスターで、この辺りがどう聞き応えが変わるか 個人的には注目したいです。


◎『心の壁、愛の橋』
ヒットチャート受けしそうな(実際 全米ナンバーワンを獲得)「真夜中を突っ走れ」や「夢の夢」といったキャッチーな曲が収録されていて、入口としては とっつき易い作品だと思います。 
ただ 当時のジョンの不安定な生活を反映した曲も多く、孤独感を歌った「愛の不毛」は、本当に孤独を経験した人間にしか書けない様な辛い歌詞と ジョンの切ないボーカルが心の内々まで染み入ります…ジョンの曲の中で 私が一番好きな曲です。


◎『ロックンロール』
ジョンのカバーアルバムですね。ポールも同趣向の作品を制作していますから、お互いのルーツを知る上でも 聴き比べてみるのも面白いと思います。
私が初めて聴いたジョン・レノンのソロ曲は、このアルバム収録の「スタンド・バイ・ミー」でした。
ラジオで流れていたのを録音して、何度も何度も繰り返し聴きました… この曲でのジョンのボーカルも最高ですね。
あと『心の壁、愛の橋』もそうですが、アルバムが制作された時期は ジョンがポールとの友情を復活させた時期とも重なるので、きっとポールとジョンはこれらの作品について 何らかの意見交換はしたかも… これは私の妄想です(笑)

何だかんだと言いながら、ジョンのリマスター盤にも興味が出てきた私… ポールのリマスター盤と合わせて嬉しい悲鳴です~

2010-07-08 03:25 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。やはり既に現在のリマスター盤を購入してしまった方たちにはキビシイものがありますよね。少なくともこれで最後にしてもらいたいものです。アルバムの紹介もありがとうございました。

2010-07-08 10:27 │ from 管理人URL

またお邪魔です。
前言撤回、です(笑)。 ジョンのボックス・セットの中に、「ダブル・ファンタジー」 のストリップヴァージョンは加わらないらしいんですよ! ボックスは買うのやめました。 「ダブル・ファンタジー」 のストリップ版が入った(なんかヤラシイなあ…)2枚組だけ買うつもりです。 やっぱりどうしても考えてしまいますよね、どうしてこんなに散財させるのか!って。 赤盤青盤も、なんか考えるとどーでもよくなってきた(笑)。 中古の輸入盤が出たら安値で買おうかな。 …私って、根性無しでしょうか?(笑)

2010-09-09 06:07 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。個人的意見ですが、ジョンのリマスターはオリジナル以外のジャケットがひどいですね。というわけで、ポール派の私としては、とりあえずジョンのリマスターは後回し!という感じになっとります。ホントに興味があるのは、やっぱりポールのリマスターだけですね。赤盤・青盤もキャンセルするかも?(笑)

2010-09-09 20:22 │ from 管理人URL

今回のリマスター、限定の売り切りで、レギュラー盤はいままでのリミックス、リマスター盤が継続とのことです。

2010-10-30 21:27 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
これは貴重な情報をありがとうございます。なんかますます計画性がないという感じですが、私はお金もないし、とりあえずしばらく静観してみたいなと(笑)

2010-10-31 07:06 │ from 管理人URL