FC2ブログ

ポールのアルバム:“Pipes of Peace(パイプス・オブ・ピース)” その1 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム:“Pipes of Peace(パイプス・オブ・ピース)” その1

ポールのアルバム:“Pipes of Peace(パイプス・オブ・ピース)” その1




『パイプス・オブ・ピース』は不思議なアルバムである。なぜなら、このアルバムには2枚もの大ヒットシングルが含まれているにもかかわらず、アルバム自体のチャート成績が全くといっていいほど振るわなかったからである。

『セイ・セイ・セイ』 全米1位(6週間)、全英2位
『パイプス・オブ・ピース』 全英1位(2週間) [注:アメリカでは『ソー・バッド』のB面としてシングルカットされ最高位23位] 

過去幾多の例を見てもわかる通り、全米もしくは全英でNo.1を獲得したシングルが含まれているアルバムというのは、ほぼ例外なくベストセラーを記録し、チャート上位に食い込んでいる。なぜなら、シングルヒットはアルバムの売り上げに絶大な相乗効果をもたらすからだ。これはポールでいえば、『スピード・オブ・サウンド』が最もわかりやすい例だろう。このアルバムには5週間全米1位(全英2位)を記録した『心のラヴ・ソング(Silly Love Songs)』と、全米・全英3位を記録した『幸せのノック(Let 'em In)』という2大シングルが含まれている。そのおかげで、アルバム全体としての出来がファンの間では比較的低評価なのにもかかわらず、全米アルバムチャートでは合計7週間もの間1位を獲得することとなった。

アルバム『パイプス・オブ・ピース』には『心のラヴ・ソング』を超える6週間も全米1位を獲得した『セイ・セイ・セイ』と、ポールとしては珍しくイギリスでNo.1を獲得したアルバム同名タイトル曲が含まれているのだから、内容的には『スピード・オブ・サウンド』と同等かそれ以上と考えてよいはずなのだ。

しかし、実際のチャート記録を見ると、アルバム『パイプス・オブ・ピース』は全米最高位15位、全英最高位4位に終わっている。

イギリスでの成績はまだしも、アメリカではトップ10にさえ入れなかったのだから不思議である。結果的に『パイプス・オブ・ピース』はポールがビートルズ解散以降に発表したアルバムの中で、初めてトップ10にチャートインできなかった作品となってしまったのだった(それまでは『ワイルド・ライフ』の全米10位が最低)。しかも、そのアルバムから2枚のNo.1ヒットが生まれているとなると…。そこに僕はなにかしらアメリカ側の意図的な情報操作なり、悪意のこもった策略といったものを思い浮かべざるを得ないのである。

『パイプス・オブ・ピース』…『平和の笛』…
平和を声高に歌う者に対する言論封殺…(ちょっと大袈裟かな?)

だが実際『パイプス・オブ・ピース』以降、アメリカにおけるポールのアルバムチャート記録は急激に下降線をたどることとなる。

以下すべて米ビルボード・チャート最高位
1984年『ヤア!ブロード・ストリート』 21位 (全英1位)
1986年『プレス・トゥ・プレイ』 30位 (全英8位)
1989年『フラワーズ・イン・ザ・ダート』 21位 (全英1位)
1993年『オフ・ザ・グラウンド』 17位 (全英5位)
1997年『フレイミング・パイ』 2位 (全英2位)

それぞれイギリスでの記録と比較すればその違いがよくわかるだろう。イギリスではそのすべてがきっちりトップ10にチャートインしているのである。ところがアメリカはというと…。これが、ビートルズ解散以降11作連続で全米トップ10にアルバムを送り込んだ同じアーティストの記録と思えるだろうか?そして、ポールが再び全米アルバムトップ10に返り咲くのは1997年発売の『フレイミング・パイ』(最高位2位)まで、『タッグ・オブ・ウォー』から数えると実に15年という年月を待たなくてはならなかったのである。

これを僕はアルバム『パイプス・オブ・ピース』から突如として始まったアメリカ音楽業界におけるポールのチャートバッシングと呼びたいと思う。つまり何らかの圧力により、ある一定期間ポールのチャート記録は意図的に歪められた可能性が極めて高いのである。

その証拠として、もう一つのデータをお見せしよう。全米におけるアルバムの正式な売り上げ枚数を示すRIAA(アメリカレコード協会)認定のデータである。

1983年『パイプス・オブ・ピース』 プラチナ・アルバム(100万枚以上)
1984年『ヤア!ブロード・ストリート』 ゴールド・アルバム(50万枚以上)
1986年『プレス・トゥ・プレイ』 認定なし
1989年『フラワーズ・イン・ザ・ダート』 ゴールド・アルバム
1993年『オフ・ザ・グラウンド』 ゴールド・アルバム

つまり『プレス・トゥ・プレイ』を除き、上記すべてのアルバムが50万枚以上のセールスが認定されているのである。売り上げ枚数とチャート記録は必ずしもイコールにはならないだろうが、大きな相関関係があることだけはたしかだろう。特に『パイプス・オブ・ピース』はアメリカだけで100万枚以上も売れているのである!では過去にトップ10に入ったポールのそれ以前のアルバムについてはどうだろう?そのすべてがプラチナ・アルバムかと思いきや、実はそうでもなかった。『ラム』、『レッド・ローズ・スピードウェイ』、『マッカートニーⅡ』の3枚はゴールド止まりなのである。ミステリーはますます深まるばかりだ…。

100万枚も売れて、2枚のNo.1シングルを出したアルバムのチャート最高位がたったの15位とは…。解せない…。ファンとしてはどうしても解せないのである。そういう意味では『パイプス・オブ・ピース』というアルバムは、ひょっとしたら史上最も不遇なアルバムということになるのかもしれない。(その2に続く)


コメント
非公開コメント

長らく続いたアメリカでのチャート不振

私もアルバム『パイプス・オブ・ピース』のアメリカでのチャート不振には 違和感を感じでいました。

チャートの集計法など詳しい事は分かりませんが、『パイプス・オブ・ピース』って何週間チャートにランクインしたのでしょうか?
チャートの最高位は低くても 長らくランクインして、ベストセラーになったアルバムも数多くあると思いますし、『パイプス・オブ・ピース』もその様な例に入るアルバムとも考えられますね。

ただ 『パイプス・オブ・ピース』以降長らく続いたアメリカでの不振について、ポールを語る上で これらも避けずに検証して行きたいですよね。

私は管理人さんの チャート・バッシング説には、「そういう考えもあるのか!」とハッとさせられました。
前作『タッグ・オブ・ウォー』では表題曲で ポールらしい前向きな表現で、争いのない希望に満ちた世界を歌い(アルバムから3枚目のシングルにも選ばれました) 「エボニー・アンド・アイボリー」では人種間の調和をテーマにしていて、ポールの作風に社会派の要素も加わってきました。
そこで次作の『パイプス・オブ・ピース』ですから、一部の人の中には、こうしたポールの路線を快く思っていなかった人達もいたかも知れませんね。

ただ ここで解せないのは、アルバム・チャートのみチャートバッシングに どれ程の効果やダメージがあったのでしょう?売上枚数だけなら ずっとヒットを記録していた訳ですし…
単純に チャートの順位が下がった事で「ポールの人気は落ちた」という誤ったイメージを世間に植え付けたかったのでしょうか?


あとバッシング説とは別に80年代から、悲劇の死を遂げた「ジョン・レノン」に対する評価や人気が上がるのと同時に、それと比例してポールの存在が軽んじられる傾向にあったのではなかったかと思うのですが どうでしょうか?

ビートルズのリーダーで、個性的な前衛芸術家でもあり、最高のロックンローラーだったジョン。そして死後さらに名声を高める事になった「イマジン」に象徴される平和活動…
そんな様々な活動を展開し、社会に影響を与えてきたジョン・レノンに対して ポールは… ヒット曲は多いけど何処か俗っぽい印象を持たれてしまった様にも思います。
ちょうどビートルズ解散後のポールに対するバッシングにも少し似ている気がします。

ニューヨークを愛し ニューヨークで亡くなったジョン… またアメリカを拠点に活動していたオノ・ヨーコの事を考えると、アメリカのファンは 少しポールに対して熱が冷めてしまったのではないでしょうか?

そんな ポール軽視、ジョンの神格化は ポールとオノ・ヨーコの和解からスタートした、ビートルズの新曲「フリー・アズ・ア・バード」「リアル・ラブ」を始めとする「アンソロジー」プロジェクトまで尾をひいた感があります。

アンソロジーで 同じビートルズでジョンと対等に名曲を量産したポールという存在が改めてクローズアップされたのではないでしょうか?
その後のアメリカでのチャート復活ぶりを見るとその様にも感じます。

確かに80年代ポールは 作品に若干精彩を欠く所もありましたが、やはりジョン・レノンという存在が無くなった事に対する影響を 真っ正面から受けてしまった事がアメリカで長らく続いた不振につながったと思います。

とにかく『パイプス・オブ・ピース』以降アメリカで続いたチャート不振には、様々な要素が絡みあっていると思いますね。

勝手な事ばかり書いてしまいましたが…『パイプス・オブ・ピース』の管理人様の見解… 続きを楽しみにしています。

2010-06-27 02:41 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ポールのチャートバッシング説はあくまでも個人的な妄想ですので、そんな事があるはずがないという意見も当然あるかと思います。さて真実はいかに?チャート記録についてもう一つ興味深いのはジョンの『イマジン』が全米でNo.1になっていないことですね。今や世界で最も有名かつ影響力のある曲が、自由の国アメリカで1位になっていない…(ビルボードでは最高位3位)。ここにも僕は意図的な操作を感じてしまいますね。
音楽的には、ジョンは最初の2枚と『ダブル・ファンタジー』を除いて評価はひと昔前よりも下がっているように感じます。逆にポールは評価が上がっているかな?

2010-06-27 10:36 │ from 管理人URL

そうですよね。 ジョンの「イマジン」もチャートの首位を逃していますね。

「イマジン」は、アメリカの政治情勢によって 何度か放送禁止にもなりましたし、やはり こういうタイプの曲は 快く思わない人もいるのでしょうね。


そう言えば ストーンズのミック・ジャガーが、1983年の「アンダーカバー・オブ・ザ・ナイト」が 期待していたより不発だった事について、「政治的な事を扱うと思ったり程ヒットしない…」と言った内容を話していたのを 何かの文献で読んだ事があります。

特に政治的な曲を発表する際は 様々な人間の思惑が交差するのでしょうね。


ポールですけど 近年は人気が上がって来ていると感じますよ。
少し前なら ポールの代表作は『バンド・オン・ザ・ラン』と判を押した様な反応しかなかったですが、最近は『ラム』の人気・評価が凄く高くなっていますね。
私の周りの洋楽好きも 特にビートルズやポールを好きでなくとも 『ラム』を知っていますし評価しています。

『ラム』に限った事だけではないですけど 近年は新作オリジナル・アルバムを出せば、米英ではベスト10入りしていますし(特にアメリカの方がチャート戦績は良いですね) ポールにとっては良い風が吹いていると思います。

そんな時だからこそ!ポールには ぜひぜひライブで もっと積極的にソロ・ウイングス時代の曲も演奏して欲しいし、日本にも来て欲しいのです。
「ヘルター・スケルター」を演るポールも格好良いですが、「ロックショウ」を熱唱するポールも すごく魅力的なんだと もっと沢山の方に知って欲しい、または思い返して欲しいと願っています。

今宵は改めて『パイプス・オブ・ピース』を聴きながら、明日から また新たな週を迎えたいと思います…

2010-06-27 23:43 │ from テツURL

テツさん
作品自体は昔も今も全く変わらないのに、世間の評価が変わってゆくというのは面白いですね。そういう意味では、近年のポールの作品についての再評価の動きは長年のファンとしては嬉しいかぎりです。

2010-06-28 08:26 │ from 管理人URL

不遇である、不当に評価されている、という点では同意、ですが、悪意とか言論封殺とかはちょっとついていけません(笑い)。これぐらいのメッセージ性で危険思想よばわりされるとしたら、それこそ、とんでもないことですね。
スピードオブサウンドは全米ツアーのスタートにあわせて発売されていますので、その爆発的なチャートアクションと比較するのはどうかと思います。パイプスオブピースはブロードストリートのこともあってあまり積極的なプロモーションはおこなっていませんしね。内容的な充実度とチャートが必ずしも連動しないのはとくにめずらしいこともないでしょうし。爆発的でなくとも結局ゴルードディスクということもそれほどめずらしいことでもない気がします。シングルのパイプスオブピースはたしかアメリカではきられていないはずで、当初からこれはアメリカでは受けないという判断があったと聞きます。マルオブキンタイアと同じ例ですね。
セイセイセイはたしかに大ヒットですが、これはやはりマイケル効果が大ということは認めざるをえないでしょう。当時はずいぶん悔しかったですが。..

2010-06-28 17:06 │ from じょんじーURL Edit

>不遇である、不当に評価されている、という点では同意、ですが、悪意とか言論封殺とかはちょっとついていけません(笑い)。

ハイ、ついて来れなくてけっこうです(笑)。それでこそ、じょんじーさんだあ~。しかし、過去のプラチナアルバムのチャート記録は調べてみたいですね。『パイプス・オブ・ピース』のような例ははたして存在するのか。誰か調べてくれないでしょうか…。

2010-06-28 18:48 │ from 管理人URL

どうも、こないだはわざわざyoutubeを紹介していただき、ありがとうございました。とても満足しましたよ。
そうですね、売り上げ枚数という客観的指標で分析していくと、本当に不可解ですね。もっとも、作品の“質とヒットとの不一致”を考えれば、一般的にそれこそ腐るほどあります。
私がポールと同じく敬愛する石川ひとみはその最たる例だと思ってますし、ジャンルは違えどジャッキー・チェンは真の魅力を未だ大衆に分かってもらえてない悲運の大スターですから(笑)。
いずれにせよ、あれだけの才能と魅力(ポール)なら今まで妬み、やっかみにも事欠かなかったでしょうが、我らがポールにはそちらのジレンマが少ない(正当に評価されてる)方なのが、唯一の救いです。

2010-06-29 21:07 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。そうですね、ポールは実際巨大な成功を手にしているわけですし、何億枚ものレコードが実際に“売れた”わけですからね。実力がありながら、売れないがために消えていった人たちはいったいどれほどいることやら…。しかし、ジャッキー・チェンはポールに負けず劣らずもう一人のバケモノですね。過小評価されてきたとはいえ、40才を過ぎてからのハリウッド進出、そしてそれを成功させてしまい今も現役バリバリですから。そういえばアイヤーダイさんも映画作られてるのですよね?

2010-06-30 14:15 │ from 管理人URL

はい、ジャッキー、サモ・ハン越えを目論んでおります(笑)。
にしてもさすが管理人さん、お詳しい・・・さすがジャッキー世代ですね。
私は今だに『プロA』や『ポリス・ストーリー』といった80年代全盛期の奇跡的ボルテージを、今のジャッキーに追い求めているかなりサディスティックなファンです(笑)。
ポール同様これほど偉大な足跡を残してくれても、贅沢は尽きませんね。

2010-07-01 01:09 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
いや、私全くジャッキーには詳しくありませんです(笑)。世代はピッタリ同じなんですが、幼少の頃からカンフー系映画には全く興味がなく現在に至っております。唯一ちょっぴり熱くなったのはブルース・リーぐらいかな…。でもヌンチャクさえ作りも、買いもしなかったなあ~。映画製作がんばってください!

2010-07-01 16:03 │ from 管理人URL

ポールはことメッセージ性という意味では、ちょっとずれているというか間が抜けているいうか、あの大大ミーハーファンの藤田朋子女史を困惑させた革ジャン事件?や、例の911での『フリーダム』発表なんて、気持ちはわかるけど的はずれもいいところ、ファンの失笑さえかってました。ブッシュをプッシュみたいな、あれはほんと汚点。
そういえばミックジャガーがシーシェパードの支援者なのは有名ですが、これはほんとに支援しているというよりは、優秀で知られるストーンズの税理士による節税対策なんでしょうね。ポールなら節税じゃなくて本気でシーシェパード支援しそう。そうしないことを祈ります。

2010-07-07 12:35 │ from じょんじーURL Edit

真相はわからないけど…

私は、Pipes of Peaceは好きですよ。個人的には最高傑作と言われることも多いTug of Warより好きですね。
世間一般で、Paulは、Pipes of Peaceから落ちたとか、言われたりするけど、Press to Playを除いて、Tug of WarからOff the Groundまでは、Paulの好きな時期ですね。
Flaming Pieより全然、好きですし。

まあ、チャートも評論家も、そんなに気にならないタチで、PaulがPaulらしいのが好きです。

Paulは脇が甘いというか、ちょっとドジなことするので、まあ色々あったんでしょうけど、
Pipes of Peaceは、Paulらしいというか、これ歌謡曲でしょってのもあるんだけど、そこがまたPaulらしくていい。

僕はGeorgeが一番好きなんだけど、BeatlesのSoloで、一番聴くのはこれですよ。

2014-06-23 00:47 │ from NadjaURL