FC2ブログ

ポールの曲:“Comfort Of Love(コンフォート・オブ・ラヴ)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:“Comfort Of Love(コンフォート・オブ・ラヴ)”

ポールの曲:“Comfort Of Love(コンフォート・オブ・ラヴ)”

アルバム「ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード」からの第1弾シングル「ファイン・ライン」のB面に収録されていた曲。

僕がこのシングルを買ったのはアルバム購入後1年以上も経ってからだったのだが、それというのもアルバムのアウトテイクになったこの「コンフォート・オブ・ラヴ」という曲がファンの間でとても評判になっていたからだ。いうまでもなく「ケイオス~」は2000年以降におけるポールの代表作である。このアルバムに収録されなかった曲で、しかもファンから高い評価を受けているとなれば当然黙って見過ごすわけにはいかない。しかも、ポールらしいファンサービスであろうか、シングルは3曲入りで、もう1曲「グローイング・アップ・フォーリング・ダウン」という曲も同時収録されていた。(CCCD形式というのはいただけなかったが…)

さて、ポールの曲を初めて聴くときにはよくあることなのだが、実際にこの「コンフォート・オブ・ラヴ」という曲を聴いて、僕は完全に打ちのめされてしまった…。つまり、曲が予想以上にすばらしかったのである。それはいかにもポールらしい軽快なポップチューンで、なぜこの曲がアルバムに収録されなかったのかが僕には全く理解できないほどであった。ポールのヴォーカルと演奏はもちろん、ナイジェル・ゴドリッチの手になるプロデュースも全く非の打ちどころのないものだった。

僕は首をかしげた。第一にこの曲をアルバムに収録したとしてもプラスにこそなれマイナスになろうとは思われなかったし、第二にこの曲を入れることでアルバム全体の雰囲気を損なうとも考えにくかった。また、アルバム全体の収録時間にしても、仮にこの曲を入れたとしても50分余りということで全く問題はなかったのである。個人的には実際にアルバムに収録された「イングリッシュ・ティー」「ア・サートゥン・ソフトネス」「フォロウ・ミー」などの曲よりも「コンフォート・オブ・ラヴ」のほうが好きなくらいである。

しかし、結果的にこの曲はアルバムのアウトテイクとなった。残念だがこればっかりは仕方がない。ポールが作った曲をポール自身がチョイスしたのであるから…。というわけで、一部のファンを除き「コンフォート・オブ・ラヴ」は全く日の目を見ずに終わってしまったというわけだ。

ちなみに「グローイング・アップ・フォーリング・ダウン」のほうは多分に実験的な要素を感じさせる作品となっており、たしかにアルバムの雰囲気とは相容れない部分があるかもしれない。というわけで、これはこれでよろしい。

調べてみると、ゴドリッチとのセッションで生まれた曲のうち、今のところ何らかの形でリリースされた曲は他にまだ4曲もある。"Summer of '59"、"This Loving Game"、"I Want You to Fly"、"She Is So Beautiful"。

このように、ポールは思わぬ隠し玉をシングルのB面や特定の限定盤などにそっと忍ばせていることがあるのだ。これも天才ならではの贅沢な遊び心なのだろうか…。その数は実際に数えたことはないが、かなりの量にのぼると思われる。しかし、今ではほとんど入手不可能なものもけっこうあるので、集めるのは大変である。

とはいえ、我々ファンにとっての朗報は、ポールがついこの間レコード会社をEMIからコンコードへと完全移籍を果たしたことである。これにより、ポールのすべてのソロ作品がリマスター化され、レア物を含めた完全ディスコグラフィーが完成することをファンの誰もが望んでいるであろう。もちろん僕もその一人である!そして、それが実現されたとき、世界中の音楽ファンは現代の音楽的巨人ポール・マッカートニーの底知れぬ実力をいやおうなしに見ることになるだろう。

参考:シングル「ファイン・ライン」


コメント
非公開コメント

お邪魔します。
「ファイン・ライン」 のシングル盤は買っていないのですが、そんなに名曲なんですか。 CCCDしかないんじゃ、あ、いや、そのシングル自体も現在の状況では売っていないかも…。

でも、確かにポールのオマケは、本編よりよほどいい曲の場合が、限りなく多いですよね。 私もシングル盤の 「ザ・メス」「カントリー・ドリーマー」「サリー・G」 の頃から、ウィングスのシングルB面は、侮れないと思うことが多かったです。

CDが売られるようになってからは、ボーナス・トラックのほうがよほどいい曲が多くて(笑)。
特に 「フラワーズ・イン・ザ・ダート」 のボーナス曲 「バック・オン・マイ・フィート」 は、ポールとエルヴィス・コステロの共作のなかでは、いちばん成功している曲だと思っています。 私、コステロとの共作曲では、好きな曲があまりないんですけどね…。

最近のボーナス曲で好きなのは、「シー・イズ・ソー・ビューティフル」「ホワイ・ソー・ブルー」 ですかね。 前者は、いかにも一夜を明かした後の、恋人どうしの朝、という感じがして、近年のポールの曲の中では、個人的ナンバー1です。 たぶんへザー・ミルズのことを歌った曲でしょうから、ライヴじゃやってくれないだろうなー(笑)。

2010-05-20 14:54 │ from 橋本リウURL

お邪魔します。
とりあえずちょっと、お知らせいたします。
なんか、ポールがライヴ・チャットをする(した?)みたいです。
http://www.ustream.tv/paulmccartney?lang=ja_JP
私もちょっと覗いてみましたが、まごうことなくつい数時間前のポールが映っています!
管理人サンなら、とっくにチェックしているかとは思いますが…。
チャットに参加しようと思いましたが、や、やりかたが分からない…(笑)。

2010-05-22 00:55 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。「ザ・メス」「カントリー・ドリーマー」「サリー・G」 は全部いいですね!ビートルズがそうであったように、シングルレコードを買うファンに特別の喜びを与えたいという思想を最後まで継承できたのはポールその人のみということになるでしょうか。いや、こんな人世界中探してもいないに違いありません。ちなみに私は「バック・オン・マイ・フィート」も「シー・イズ・ソー・ビューティフル」も聴いたことありません(泣)。ポールファン失格と言われそう…。それだけにリマスタープロジェクトに期待するところは大きいです。楽しみは残しておこう。

2010-05-22 12:38 │ from 管理人URL

橋本さん
チャットの情報ありがとうございました。私もPMの公式サイトでやることは見てはいたんですが、ちょっと面倒くさそうなのでパスしてました(笑)。でも、おかげさまで録画を見ることができてよかったです。チャットの模様も含めて新しい記事をアップしますので、よろしくお願いします。

2010-05-22 12:40 │ from 管理人URL

再コメントさせていただきますね。
「シー・イズ・ソー・ビューティフル」 は、「ケイオス・アンド・クリエイション」 日本盤DVD付スペシャルパッケージだったかな?そのラストの曲でした。

どうも、ポールのCDって、どのタイミングで買えばいいか、迷いますよねー(笑)。 「メモリーズ・オーモスト・フル」 も、縦長のデラックス・エディションというものを正規盤の発売後わざわざ1か月ほど待って買ったのに、その後もっといろいろ曲が入ったヤツが出たり…。

昔はよく東芝EMIには、電話したものですよ。 その後スペシャル盤が出る予定はあるのか?とか(笑)。
「オフ・ザ・グラウンド」 の2枚組?みたいなエディションが出た時は、さすがにアタマにきましたからね(笑)。 私が買ったのは、シングルCDで 「キックト・アラウンド・ノー・モア」「ロング・レザー・コート」 の2曲がオマケでついていたものでした。 何組も同じの買うほど、お金持ちではありませんので…(笑)。

2010-05-22 17:28 │ from 橋本リウURL

橋本さん
「オフ・ザ・グラウンド」は私も同じバージョンのアルバム持ってます。その後「コンプリート・ワークス」というやつが出ましたね。あのときは悔しかったな~。私はもう長い間日本盤のアルバム買ったことがありませんが(単純に値段が高いので)、海外のコレクターにはけっこう日本盤は人気あるみたいですね。

2010-05-22 23:00 │ from 管理人URL

おじゃまします。
フラワーズインザダートのときはアイテムがやたらおおくて困りましたよね。とくにフィギアオブエイト。シングルテイクにロングとショートがあって、アナログではロングは簡単に手に入ったというかショート自体がなかったのですが(少なかった?)、なぜかcdはショートばかり、ロングをなかなか入手できませんでした。結局、フィギアオブエイトのシングルはアナログで4種類(だったかな?)、cdで3種(だったかな?)ほど買い集めました。それぞれにカップリングが違い、微妙に未発表が組まれてました。バックオンマイフィートもたしかふくまれていたかな。いまおもえばおかしなくらい必死で西新宿を歩いてました(笑い)。

コンフォートオブラブ、私にはやはりアルバムの雰囲気にあってないような気がします。いれちゃうとあの緻密なアルバムが瓦解しそうな・・・曲自体の出来はともかく、あれを切ったゴドリッチとポールはさすがではないかと。芸術とはけずる作業だ、とさる評論家(ここでは作曲についての語ってました)がいってましたが正にこのことかとおもう次第です。

2010-05-24 00:08 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。「フィギュア・オブ・エイト」すごいですね。私はコレクターの観点からすると非常にしょぼいファンでありまして…(笑)。レア物はほとんど持っておりません。もし珍しい物をお持ちでしたら、またご紹介いただけるとありがたいです。
「コンフォート・オブ・ラブ」はポール自身が切ったのですから、もちろん私はその判断を尊重しますが…、やっぱり好きなんですよねえ~。

2010-05-24 09:20 │ from 管理人URL

いやあ(苦笑)コレクターじゃないんですよ。しょぼいです。ただ輸入の12インチシングルとかはアルバム未収録が聴きたくてマメにチェックしてました。90年代のはじめまでですけどね。
フィギアオブエイトに関しては全く特別で、この曲が大好きなんです。フラワーインザダートをわくわくする思いで買ってきて部屋をくらくして聴いた事を鮮明におぼえていますが、それはこの曲との出会いがそれほど強烈だったからかもしれません。後にツアーのオープニングに選ばれた事を知った時、我が意を得たり、とおもったものです。もしポールの曲を一曲だけのこして捨てろといわれたら、非常にこまりますが(笑)、ワンオブジィーズディズかこの曲かで迷った末、フィギアオブエイトを残しそうです。ビートルズを含めても同様の結果になるかも・・・

アルバムテイクは完璧ですが、唯一つ、重大な欠陥?があります。完璧すぎて短いです。ほんとに無駄な部分がないんでしょうね。でもこの曲にはまったものとしてはもっと長くきいていたいというのが本音です。ポールはツアーのオープニングに採用した時点でツアーメンバーによるシングルテイクの録音しますが、これは倍くらいながく、この曲を堪能できます。ただラジオエディット的なショート版もあってこれは編集も随分乱暴なんです。12インチアナログ(数種類)と7インチアナログはともにロングをおさめていてこれは結構流通していましたが、なぜかcdシングルは日本にあまり入ってこなかったようです。やっと手に入れた12センチcdはなんとショートテイク。ロングのCDは8センチシングルでやっと入手しました。これ結構最近のことです。
しかしどういうわけかフィギアオブエイトのシングルは日本で切られなかった。だから日本盤はなしですよね。これはほんと不思議です。来日記念盤でがんがんとおもちゃいますけどね。当時、東京ドームはあのときのポールには負担がおおすぎるのではないか、という失礼な意見が企画段階ででたらしいですが、そんな冷ややかなムードがあったのはたしかだと思います。もう過去の人と思われていたんですね、信じられないですが・・・

話がそれました。いまは海外でもフィギアオブエイトのシングルテイクは公式には発売されていないのでなんかもったいないですね。リマスターに期待です。

あとビデオのプットイットゼアというタイトルの作品にフィギアオブエイトのリハテイクがありますが、これはフルで収められていて演奏も最高です。ライブ(トリッピング~)もいいですがややボーカルが荒れてますね。

2010-05-24 11:38 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
「フィギュア・オブ・エイト」は私も大好きです。なんというか、ああいう曲は絶対に天才にしか書けない曲だと思いますね。アレンジ、プロデュースがバッチリはまっていればきっとビートルズに匹敵する名曲になったと思います。いろんなバージョンを出してしまったのも、ポールもきっとそのあたりを模索していたのかな、なんて気もしたり…。ライブバージョンは声はかすれてますが、あの初来日公演のオープニングナンバーですから、今聴いても涙がじんわり湧き上がってきます。

2010-05-25 08:13 │ from 管理人URL

アルバムバージョンのプロデュースはトレヴァーホーンで『ケイオス~』と似たようなつくりですね。つまりポールのワンマンバンドです。シングルテイクはそれにほとんどひねりをいれずバンドでコピーした感じです。この時代のポールにありがちなリッミクスの類いはこの曲にはありません。これは珍しいことですね。これだけアイテムがありながらリミックス等のバリエーションがないんです。ポールとしては結構勝負にでている感じです。

2010-05-30 10:02 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
そうですね。あのアルバムがトレヴァー・ホーンその他共同プロデュースの産物であることをすっかり忘れていました。僕があまりあのアルバムが好きでないのもそこが理由なのかな…。

2010-05-30 16:53 │ from 管理人URL