ビートルズ・リマスター日記 - 25  僕が選ぶリマスター盤ベスト3 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 25  僕が選ぶリマスター盤ベスト3

ビートルズ・リマスター日記 - 25  僕が選ぶリマスター盤ベスト3

ビートルズ・リマスターが発売されてから約8か月が経過した。何度も繰り返すようだが、このリマスター盤の出来は本当にすばらしく、発売後の数ヶ月間は他のCDを聴く気が全くしなかったほどである。

全体的に見てビートルズ・リマスターのプロジェクトは大成功であり、ことステレオ版に関してはどのアルバムを買ったとしても絶対に損はないと断言したい。

そこで、あくまでも個人的な意見であることを前置きした上で、僕が選ぶビートルズ・リマスターのベスト3を発表したい。今回選考する上で僕が最も重視したのは、旧CDとの音の違いである。つまり、旧CDの音に慣れ親しんでいる人がリマスター盤を聴いたときにどれくらい驚くであろうかを念頭に置いて選んでみた。アルバム作品としての個人的な好き嫌いは全く考慮には入れずにシビアに評価したつもりである。

第1位:ラバー・ソウル
全アルバム中、もっとも新鮮な驚きを与えてくれたのが、このリマスター版「ラバー・ソウル」であった。「ラバー・ソウル」といえば、ビートルズ初期の疑似ステレオのように音が左右のチャンネルにハッキリと分かれていることが大きな特徴であるが、このリマスター版でもその部分については変化はない。しかし、音像の位置は左右共に少し上方に上がり、その結果音の広がりがかなり増したように感じられる。それはあたかもリミックスでも施したかのような高度に磨き上げられた音へと完全に変身を遂げている。その豊かで深い響きは僕の脳髄を刺激し、全く新しい「ラバー・ソウル」体験へと導かれていったのだった。正直言って僕はこのアルバムのリマスター版にはそれほど期待していなかったのである。つまり、完全に予想を裏切られた形だ(笑)。

第2位:ビートルズ・フォー・セール
このアルバムに関しては、とにかく旧CDの音が悪すぎたというのがまず前提としてある。それだけに、リマスター化された音はこれまでにない情報量が洪水のように押し寄せてくるといった印象を受けた。とにかく音が厚みを増し、新たな聴きごたえとでもいったものが生じたのである。結果的に、これまでは比較的軽視しがちだったカバー曲の良さを再発見したり、あまり好きではなかった曲を改めて聴き込んだり、などということが起こったのだった。一般的にビートルズのアルバムの中では評価が低い部類に入ると思うが、今回の再発売を機に、このアルバムの良さを再認識したファンはけっこう多かったのではなかろうか。

第3位:ウィズ・ザ・ビートルズ
アナログ時代のいわゆる疑似ステレオヴァージョンが復活した形だが、僕は正直言って旧CDのモノラルヴァージョンが嫌いだったから、結果的にそれだけでも大満足であった。しかし、その音はこれまでの印象を一変させるほどすばらしいものだった。特に「イット・ウォント・ビー・ロング」や「プリーズ・ミスター・ポストマン」、「ロール・オーバー・ベートーベン」、「マネー」などの輪郭のぼやけた音が迫力あるサウンドと共に甦ってきたのは驚きだった。極めつきは「ナット・ア・セカンド・タイム」。この隠れたジョンの名曲をここまで再生させたリマスター・チームのビートルズ愛にはただただ敬服し、感謝するしかない。

さて、こうして見てくるとベスト3に後期のアルバムは1枚も入らなかったことになる。この結果には実は自分自身が一番驚いている。というのも、リマスター化で音質が格段に向上するとすれば、それはレコーディング技術が進歩した後期の作品群ではなかろうかと漠然と考えていたからだ。だが、実際の結果は真逆で、古い作品のほうがよりリマスターの恩恵を受けたように感じられる。とはいっても、もちろん後期作品のリマスター盤が優れていないということでは全然ない。ビートルズ・リマスターはすべてのアルバムがすばらしいのだから。


参考:
ラバー・ソウル [Enhanced] [Limited Edition] [Original recording remastered]
ビートルズ・フォー・セール [Enhanced] [Limited Edition] [Original recording remastered]
ウィズ・ザ・ビートルズ [Enhanced] [Limited Edition] [Original recording remastered]

コメント
非公開コメント

お邪魔します。
なんかホント、私も未だによく聴きますね、リマスター盤。
私は旧盤のCDを全部持っていなかったので、比較検討ができないのですが(笑)。
それにしても気になるのは、USBメモリのヤツです。
音がすごくいいと言いますが、取り扱いかたが分からないので(超アナログ人間なもんですから…)、買いたいなーと思いながら、ヨダレを垂らして見守っている状態です(笑)。 限定版なのでいずれはなくなってしまうのでしょうけど。

2010-05-07 17:25 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。パソコンされているならUSBメモリ版は問題ないとは思いますけれど…。最近はコンポにもUSB端子がついたものがありますね。ただ日常的にパソコンで音楽を聴かないのであればあまり必要ないかもしれませんね。私も買う予定はないです(お金がないだけですが)。どなたか買った方がいれば感想お寄せください!

2010-05-07 17:40 │ from 管理人URL

再レスいたします。
買ってしまいましたよ、USBボックス!

アマゾンを覗いていたら、なんと新品が、半額近い値段で売ってるじゃないですか! ビンボー人なのでずいぶん躊躇しましたが(笑)、エイヤッ!という気持ちで(笑)、買ってしまいました。
白状しますと、去年リマスター盤が出た時、モノボックスは買ったのですが、ステレオセットのほうは、限定じゃないしお金もないので、お金がたまり次第買おうくらいの気持ちでちょっと買いませんでした。
そのためリマスターステレオ盤と聴き比べ、ということはできないんですけどね。

でも、いや、さすがに、音はいいですね。 まだ全編聴いていないのですが、モノラルボックスで聴けなかった最後の3枚を聴いた限りでは、オーケストラの音が生々しい気がします。 フィル・スペクターの仕事が見える、というか。 これまでアナログ盤を聴いていて、フィルの仕事って、音の壁を作って音像をぼやけさせることなのか?(笑)、って思ってましたけど、こういうことか、と認識を新たにしました。

それにしても大マイナス点なのは、曲間に0コンマ何秒かのブランクがある、ということです。 したがって、「アビイ・ロード」 のメドレーは、いちいち曲が、ほんの一瞬ですが、途切れます。
それと当然ですが、ジャケットもブックレットもセミ・ドキュメンタリーも、全部パソコンデータです。 手触り感が楽しめないですかね。 リンゴの置物も、どっかに飾るには、小さすぎ、というか(笑)。

今、初期のアルバムから聴いとりますが、うっ、こんなところにサイドギターが…という驚きが多いですね。 「イット・ウォント・ビー・ロング」 には、ちょっとシビレました。 「リトル・チャイルド」 は、もしかするとUSBの不具合か使い方が間違っているか分からないのですが、伴奏の音の揺れが大きい気がします。

それにしても、こんなちっこいUSBにオリジナル曲全部入っているんですから、すごいなあ、とは思うのですが…やはりなんか、「買った」 という実感がないのが難点です(笑)。 元の値段で買った人は、なおさらだと感じます。 でもビートルズに関しては、もうずいぶん買い直しを強いられているので、ジャケ買いとか、もういいかな、と思っています。

2010-05-16 11:22 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。えーっ、ついに買ってしまいましたか(笑)。早速のレビューありがとうございます。なるほど、アビイロードメドレーを通しで聴くときも曲間が空いてしまうというのはちょっと致命的な欠点かもしれませんね。さすがにそこまでは購入前に気がつかないですよね。

でも、いいでしょう?ステレオ版リマスターの音も!モノボックスとの音の違いなんかも確かめながら、ゆっくりお楽しみくださいね。

2010-05-16 19:03 │ from 管理人URL

お邪魔します。
USBの感想になってしまって恐縮ですが、管理人サンが1位にあげておられた 「ラバー・ソウル」 は、音のひとつひとつの艶が、ものすごいですね。 ヘッドホンで聴くと、まるで4人が、頭の中に現実に存在しているほどの錯覚にとらわれます。

特に 「ユー・ウォント・シー・ミー」 は、これまであまり注目することのなかった曲でしたが、ポールの声の色っぽさに、やられました~(笑)。 なんか、泣けてくるくらいです。 ビートルズで泣けてくる、というのは、ちょっと35年のビートルズ人生の中で、記憶にございません(ロッキード事件なみの衝撃、というか…笑)。
「ラバー・ソウル」 は、特にスカスカ感のないリマスタリングな気がします。 「パスト・マスターズ」 の初期の曲とか、音が良すぎるせいか、楽器を弾いていないときとかのブランクが、とても気になったりするんですよ。

「ウィズ・ザ・ビートルズ」 も、エコーの響きが、やたらと艶っぽいです。 んー、初期のアルバムをステレオにしたのは、正解な気がします。 これが不評なのは、ヘッドホンで聴くと、とても違和感があるからだと、私は勝手に推測しています。 ビートルズは、スピーカーで聴くべし! もちろん、ヘッドホンも、可(笑)。

「フォー・セール」 も、ヴォーカルの存在感が、ハンパじゃないです。 「ベイビーズ・イン・ブラック」 などを聴いていると、ジョンとポールのハーモニーは、このころが声質的に一番がっちりかみ合わさっていた気がしてきます。

やっぱり感じるのは、ステレオとモノは、根本的な思想が違うということでしょうか(オオゲサ?)。 モノはまさに、音のカタマリ。 一つ一つの音を丁寧に聴きたい場合は、ちょっと適さない気がしますね。 ただ迫力という点では、モノのほうがある気がします。 スタジオでは、安っぽいレコードプレイヤーを持ってきて、自分たちの録音したものを聴いてチェックしていた、というビートルズですから、彼らが目指していたものは、モノの音のような気は、するんですけどね。 ギターコピーするときには、ステレオ盤が、大いに助かります(笑)。

2010-05-18 18:11 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。CDより音がよいというUSB版リマスターが聴ける橋本さんがうらやましい~です。なぜ熱狂的なビートルズファンほどかくもモノラル盤にこだわるのか?私にはまったく理解できないのでありまして…。誰がなんと言おうと、私にとってはステレオ盤のほうが聴いていて千倍気持ちいいのですから仕方ありません。私は死ぬまでステレオ盤を聴いてゆくのです。
3枚のアルバムについての感想もありがとうございました。私は「イン・マイ・ライフ」で泣きました(笑)。

2010-05-19 07:56 │ from 管理人URL

疑似ステレオではなくリアルステレオですよ。

2011-02-13 00:01 │ from URL