FC2ブログ

ポールの曲 “Venus and Mars/Rock Show(ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Venus and Mars/Rock Show(ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー)”

ポールの曲 “Venus and Mars/Rock Show(ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー)”

ポールが最新ツアーでなんと30数年ぶりにこの曲をステージで演奏し、ファンの間では大変な反響を呼んでいる。だが残念なことに、今のところ演奏されているのは「ロック・ショー」の部分が大幅にカットされたショート・ヴァージョンのみとなっているようだ。そういえば、ベスト盤の“Wingspan(ウイングスパン)”に収録されていたのもシングル用の短いヴァージョンだった。

しかし、誰がなんといおうとこの曲のベスト・ヴァージョンはオリジナル・アルバムの冒頭に収録されたロング・ヴァージョンなのである。たしかに「ヴィーナス・アンド・マース」と「ロック・ショー」のロング・ヴァージョンは2曲を合計すると7分近くの大作にはなる。だが、この曲はメドレーとしてはポールのソロ史上最高にして最強の作品であり、2つの異なる曲の組み合わせを考えたときに、ある意味ビートルズさえも超えた重要な作品だと僕は思っている。本当に曲がよい時、その長さなどは全く問題にならないものだ。

「スポーツ・アリーナのスタンドに座り、ショーの始まりを待つ…」

「ヴィーナス・アンド・マース」が静かにロック・コンサートの始まりを告げる。なんとシンプルで、そして美しいオープニングであろうか。もう少しこのまま聴いていたい…。しかし、そんな思いを断ち切るかのように曲はあっさりと終わってしまう。観客はロックショーを待ちわびているのだ。そして、最高にゴキゲンなロック・ナンバーで世界最高のマッカートニーライブが幕を開ける!

ロック・コンサートのオープニングにいったいこれ以上の曲が考えられるだろうか?ポールにはぜひライブでこのメドレーのフルバージョンを演奏してもらいたいものだ。ただ僕の言うフルバージョンとは、ウイングス時代をも超えた完全なフルバージョンのことである。「ウイングス・オーヴァー・アメリカ」に収録されているライブ・ヴァージョンでは、その次の曲「ジェット」へのリンクゆえに「ロック・ショー」の最後部分が割愛されているからだ。そう、もうお分かりですね。オリジナルの「ロック・ショー」では、曲が終わったと思いきや、再びピアノが割り込んできてその後約1分間ほどアドリブ的な演奏が続く。そして、僕はその部分こそがとてもとても好きなのだ。まさにマッカートニーここにあり。こういった曲のオカズ的な遊びパフォーマンスをやらせたらポールは天下一品なのである。僕などは、最後のその部分を聴きたいがために長い曲をがまんして聴いている、とさえいえる(ちょっと言い過ぎか?)。ライブでこの部分をやれば本当にカッコイイのになと思う。

しかし「ヴィーナス・アンド・マース」というアルバムは、その音がちょっと派手すぎる嫌いはあるものの、左右のスピーカーから洪水のように溢れ出す楽器のダイレクトな音が時として非常に心地よい、やはり最高にすばらしいアルバムだと思う。そのサウンドはたくさんのアイディアに溢れていて発売から35年を経ても全く古さを感じさせないし、天才ポール・マッカートニーがこれから全米を再び制覇するのだというノリノリの「勢い」を感じさせる作品でもある。そして、その勢いを最も端的に象徴しているのが、この「ヴィーナス・アンド・マース~ロック・ショー」のメドレーなのである。


コメント
非公開コメント

ロックショーのエンディングいいですね。たしかあれはアラントゥーサンが弾いているはずで、ライブでの再現は難しいかもしれませんね。ニューオリンズ公演かなにかでアランがゲストで登場して...というのがベストでしょうか?

2010-04-12 10:46 │ from じょんじーURL Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-04-12 12:27 │ from URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-04-12 15:06 │ from URL

じょんじーさん
コメントありがとうございます。同感いただけて嬉しいです。アラン・トゥーサンという名前は聞いたことありましたが、あそこでピアノを弾いている人だったのですね。今頃知りました(笑)。あれぐらいならウィックスがコピーできないですかね?なんて。

2010-04-12 19:07 │ from 管理人URL

あの頃のポールはミーターズとの共演を熱望していましたよね。ポールマッカトーニー&ミーターズなんて信じられないコラボが実現していたら、当然プロデューサーはアラントゥーサンになっていたことでしょう。想像しただけで鳥肌もんです。アルバム『ヴィーナスアンドマース』全体がアラントゥーサンぽい音なのはポールの願望の現れなのかもしれませんね。

2010-04-13 00:51 │ from じょんじーURL Edit

「ロック・ショウ」 いったん終わってからの 「ラヴ・イン・ソング」 までのアドリブ・パートについてのお話は、まさに大共感!であります。 私もあの部分が、いちばん好きです。 ベースのドライヴ感も最高ですが、特にフェイド・アウト気味のいちばん最後、ジョー・イングリッシュのフィル・イン! 「オーヴァ・アメリカ」 でも、「ジェット」 の前は、ここまでやってほしかったです。

2010-04-13 07:49 │ from 橋本リウURL

じょんじーさん
コメントありがとうございます。なぬ?ミーターズ?恥ずかしながら私その名前さえ初めて聞きました。まだまだ私も知らないことが山ほどありそうです。またいろいろと教えてくださいね。

2010-04-13 07:53 │ from 管理人URL

橋本さん
コメントありがとうございます。さすがよく聴きこんでおられます。私よりポールきちがい(失礼!)がいると思うと嬉しくなります。

2010-04-13 07:56 │ from 管理人URL

ミーターズも地味な存在ですからね。史上最強のライブバンドといわれるネヴィルブラザーズの前身バンドといえばおわかりになるかも・・・ミーターズの名盤に『クィーンメリー号船上ライブ』というのがありますが、これはポールマッカートニー夫妻が主催した『ヴィーナス&マース完成披露パーティ』での演奏です。あとながらく未発表だった『マイカーニヴァル』にミーターズが参加しているという話もありますね。残年ながらミーターズのライブは実体験できませんでしたが、ネヴィルスは来日の度に駆けつけています。史上、地上最強の称号は決してオーヴァーではない凄まじいライブ体験を毎度しています。これは掛け値無しにすごいですね。彼等を日本に熱心に紹介したのはピーターバラカン氏ですが、ほんと感謝です。彼からは多くを学びました。

2010-04-13 09:14 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。すべて初耳の話ばかりです。勉強になります。ネヴィルブラザーズってそんなにすごいんですか。おすすめのレコードなどあれば紹介お願いします。

2010-04-13 20:07 │ from 管理人URL

おすすめですか。とても難しい質問です。全部もっていますが・・・やはりライブを聞いてほしいです。スタジオ盤、ライブ盤とも出来がいいですが、ライブとはあまりに違っているんですね。なんというかライブを体験したものの勝ち!ってことにです。卑怯な言い方かもしれませんが、ほんとそうなんです。機会があったら絶対に逃さないでください。予習も必要ないです。ただそこにいって身をひたすだけでとりこになることうけあいです。私もそうやってはまりました。最初にライブ体験があったわけですね。たしか渋谷のライブイン(ここではあのデイブエドモンズの初来日の凄演、これも伝説!!も体験しました。この人も完全にライブの人ですね)でした。このときが(たしか20年くらいまえです)初来日で、その凄さ衝撃は伝説化してます。そこから10年間ぐらい2、3年置きになんどかきてました。昨年久々にたしか10年振りぐらいに来日公演がありました。

2010-04-14 00:02 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。あれーっ、デイブ・エドモンズってたしか過去にポールと何かで共演してませんでしたっけ?ちょっと今すぐは思い出せないんですが、私の中でかなりいい印象がありまして…。ま、単なる記憶違いかもしれませんが。とりあえずライブをということですね。ありがとうございました。

2010-04-14 09:32 │ from 管理人URL

デイブ・エドモンズはポールのお気に入りですね。過去2度共演しています。ロケストラ(カンボジア難民救済コンサート)と『ブロードストリート』です。東京ドームでのジョンレノンスーパーライブ(確か第一回 マイルスディビスとかも出演)の音楽監督もやってて、自身でもアデイインザライフ(他数曲)をドームでやりました。彼の来日は過去、そのドームも含めて、たしか3度、東京公演に関しては私は皆勤賞です!!。たいていライブハウス系の会場が多くてロックンロールの神髄をみせてくれます。彼の実演を聞いてはじめてロックンロールの楽しさがわかった気になりました。ポールがお気に入りなのがよくわかりました。

2010-04-14 12:43 │ from じょんじーURL Edit

書き忘れてました。ディブはジョンレノンが絶賛したことでも知られてます。全盛期のブルーススプリングスティーンが自主的に彼に自作を提供したこともあり、玄人受けというか典型的なミュージシャンズミュージシャンとして名をはせています。

2010-04-14 21:35 │ from じょんじーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。そうそう、私もあとで「ブロードストリート」に出ていたのではないかと思っていました。たしか倉庫での演奏場面?あのパフォーマンスはとてもよかったですね。ひさしぶりに見たくなりました。あとカンボジア難民救済コンサート、古!これがわかる人は相当年季の入ったオールドファンであることがわかります。その他いろいろと情報ありがとうございました。

2010-04-15 09:10 │ from 管理人URL

you tube で、Rockshow (Take 2) と検索して下さい。これも良いですよ。

2013-10-10 00:04 │ from nabiURL Edit

nabiさん
情報ありがとうございます。演奏とアレンジのすばらしさ(特にギター)が際立ってますね。こんな音楽今どこを探してもない。乗ってるポールはやっぱりすごいです。

2013-10-10 08:32 │ from 管理人URL

"give my regards to broad street"で検索すると、映画(字幕なし)まるまる観られます。"band on the run"の箇所が好きです。

2013-10-10 12:33 │ from nabiURL Edit