FC2ブログ

僕の好きな曲  “木綿のハンカチーフ” by 太田裕美 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲  “木綿のハンカチーフ” by 太田裕美

僕の好きな曲  “木綿のハンカチーフ” by 太田裕美




僕がビートルズに夢中になる以前、音楽というものに目覚め始めた頃に好きになったアイドルの1人に太田裕美がいる。だが彼女はいわゆる正統派のアイドルではなく、どことなく庶民的で、なんとなく一般人にも手の届きそうなお姉さんというイメージがあった。僕は昔からひねくれ者なので、圧倒的に人気のあるアーティストやアイドルからは少し離れたところで自分の好みを探すのが得意だったようである。今考えれば、太田裕美もそんなアーティストの1人だったのかもしれない。

太田裕美の代表曲といえば「木綿のハンカチーフ」であり、これはもう世代を超えた超名曲である。同時代を生きた人間ならば必ず耳にしたことのある曲であり、果たして日本のポップスでこれよりもいい曲はあるのか、と問いたくなるほどの傑作である。作詞/作曲は日本が誇るゴールデンコンビ、松本隆(作詞)と筒美京平(作曲)。歌手太田裕美の活躍はこの最強のソングライターチームのすばらしき楽曲の数々を抜きにして語ることは絶対にできない。そんな彼らがデビューから一貫して強力な楽曲を提供し続けたのも、太田裕美というアーティストがきっと他にはない独特な魅力を持っていたからにちがいない。

さて、この曲はそのメロディーのすばらしさもさることながら、たった4分足らずの間に甘酸っぱい青春ドラマを色鮮やかに描き出すことに成功した作品でもある。その卓越した手法は、日本のポピュラーミュージック界に燦然と輝く偉業であると、僕は勝手に思ったりしている。また筒美本人によるアレンジの妙も忘れてはならない。特にストリングスとギターの使い方は絶品である。

しかしながら、この曲の良さを最大限に引き出した立役者はなんといっても太田裕美本人の甘く切ないヴォーカルそのものであろう。彼女独特の舌っ足らずの歌に、若き日の僕はメロメロになってしまったものである(笑)。

そんなわけで、それほど大ヒットを連発したわけでもないのに、太田裕美の曲にはなかなか隠れた名曲というものが存在する。「木綿のハンカチーフ」以外で特に僕が好きな曲は、筒美京平が「これ以上いい曲は書けない」と言ったという「赤いハイヒール」、「しあわせ未満」、「ドール」、「南風」などがある。「しあわせ未満」のシングルを買ったときには、そのジャケットに映った彼女の姿に胸が異常に高鳴ったのを覚えている。35年ぶりにネットでその写真を検索して見てみたのだが、なぜ当時あれほどまでに胸がときめいたのかを理解することはできなかった(笑)。

60590273abce9b8e1e28c8203b49775e.jpg


彼女は一時芸能界から身を引いたかに見えたが、子育てが一段落した10年ほど前からかなり活発な音楽活動を続けているようである。自分が一度でも好きになったアーティストが今も現役で活躍しているのは本当にうれしいことだ。

参考:GOLDEN☆BEST/太田裕美 コンプリート・シングル・コレクション [Limited Edition]


コメント
非公開コメント

同感です。
同曲は我が愛する石川ひとみも優れたカヴァーを披露してますが、通りすぎる突き抜けたヴォーカルが魅力の彼女に比べて心持ちハスキーがかった憂いのあるオリジナルの魅力も捨てがたいです。
以前ブログでも拝見しましたが、筒美京平という方は凄いなあと改めて思います(普段は作者にまで目がいかないミーハー人間ですので・・・)。

2010-03-29 00:11 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。そうですか、石川ひとみさんもカバーされてたのですね。一度聴いてみたいですが、CDを買うほどでもないのがつらいところ^^;

2010-03-29 13:23 │ from 管理人URL

ちょっと頻繁すぎますが(笑)、またお邪魔いたします。
やー、私も好きでしたよ、太田裕美サン!
というか、当時は何でもかんでも、聴いてたんですが(笑)。
デビュー曲の 「雨だれ」 には、ノックダウンされました。
それから立て続けにリリースされた、「たんぽぽ」「夕焼け」 といった、ダウナーな歌が、大好きだった。
たぶん、当時のアイドルとは一段階上の音楽性が、その魅力の原因だったのではないでしょうか。 デビュー曲の 「雨だれ」 も、ピアノを弾きながら歌っていましたし。 当時アイドル系でこういう人は、いなかった気がします。
松本隆・筒美京平ラインの優れた楽曲も、魅力の大きな要因かと。

2010-04-02 22:28 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。おお、あなたもそうでしたか。同世代人として嬉しいかぎりでございます。今回記事を書くにあたり、彼女について少し調べたところ、なんとキャンディーズのミキちゃんの代わりにデビューする準備もあったとか・・・。もしそうなっていれば、また日本のポップスの歴史も変わったのでしょうね。個人的にはそうならずにホッ、ですが(笑)

2010-04-03 12:19 │ from 管理人URL

しつこくてスミマセン(笑)、再レスさせていただきます。
そうなんですよ! キャンディーズに入るかも知れなかったらしいですネ!
私、キャンディーズの大大ファンでもあったものですから(節操ないですが…笑)。
ただ、太田裕美サンは、キャンディーズのようなどっぷりアイドルには、感覚的に距離を置いていたみたいです。
確か、何年か前にやったNHKの 「わが愛しのキャンディーズ」 だったかな、そこで彼女自身が話していました。

2010-04-03 16:41 │ from 橋本リウURL

橋本さん
いえいえ、コメント歓迎ですよ(笑)。しかし、同世代のキャンディーズファンの多いこと。驚いてしまいます。ちなみに私はアンチとまではいきませんが、傍観派でした…。あんまり人気あり過ぎると引いちゃうんですよね、昔から(笑)。言ったってビートルズもポールも、当時は少数派でしたからねえ。

2010-04-03 20:26 │ from 管理人URL

No title

木綿のハンカチーフは大勢がカバーしているのに、赤いハイヒールはなぜカバーされないのだろうか

2018-04-26 01:07 │ from URL

No title

古い記事にコメントありがとうございます。「赤いハイヒール」木綿に負けず劣らずの名曲なんですけどね。歌いにくいのかも?(笑)

2018-04-26 12:00 │ from Macca Go Go Go!管理人URL