ビートルズ・リマスター日記 - 21  「イエロー・サブマリン」「レット・イット・ビー」 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 21  「イエロー・サブマリン」「レット・イット・ビー」

ビートルズ・リマスター日記 - 21  「イエロー・サブマリン」「レット・イット・ビー」

ビートルズ・リマスターの独断的感想第6回。

“Yellow Submarine(イエロー・サブマリン)”
お恥ずかしい限りだが、僕がアルバム「イエロー・サブマリン」をお金を出して購入したのは実は今回が初めてである。それというのも、このアルバムには実質4曲だけしかいわゆる新曲が収録されていないからである(「オンリー・ア・ノーザン・ソング」「オール・トゥゲサー・ナウ」「ヘイ・ブルドッグ」「イッツ・オール・トゥー・マッチ」)。

ビートルズの他の2曲はすでに他のアルバムに収録されており、後半(旧B面)はそっくりジョージ・マーティン・オーケストラによるインストゥルメンタル・ナンバーという構成。ジョージ・マーティンには悪いが、はっきり言って旧B面は「ペッパーランド」を除いて僕にはどうでもよい内容なのであった。

そんなわけで、おそらくリマスター盤の発売がなければ、僕は一生このアルバムを買わずに終わったかもしれなかった。そういう意味でもリマスター盤の発売には感謝である。

さて、その内容であるが、なにぶん最も聴き込んでいないアルバムだけに比較は難しいのだが、なんといっても圧巻は「ヘイ・ブルドッグ」である。ポールのうなるベースが完全に曲を支配している。何度聴いても色褪せることのない名曲、そしてポールの名演奏だと思う。

ただこのアルバムをビートルズの公式オリジナル・アルバムの1枚として数えること自体に無理があることも指摘しておかねばなるまい。ロック史上に残るビートルズの他のアルバムの楽曲群そして完成度に比べると、このアルバムの重要度は著しく劣る。いっそのことリマスター盤発売を機に「パスト・マスターズ」に前述の4曲のみを追加収録してくれてもよかったのに、なんて思うくらいだ。

“Let It Be(レット・イット・ビー)”
2003年に発売された「レット・イット・ビー...ネイキッド」は音質こそ旧CDよりは向上していたものの、全体としてみると僕個人はオリジナルのアルバムのほうがずっと好きであった。やはり個々の曲の完成度や、全体としてのまとまりがオリジナルのほうが勝っていると思えたからである。

こうして届けられたオリジナル「レット・イット・ビー」リマスター盤の出来はとてもすばらしいものだと思う。音がクリアになったと同時に、フィル・スペクターによるプロデュースの技が細部まで再現されていている。特に「ロング・アンド・ワインディング・ロード」のオーバーダビングなどは賛否両論あるものの、僕はやはり非常にすばらしいアレンジ、そしてプロデュースだなと今回改めて驚嘆の声を上げてしまったのだった。今一度ストリングスとホーンセクション、そしてバックコーラスの美しさに耳を傾けてみてほしい。今回のリマスタリングによって、この曲は真の意味でビートルズの幕引きを飾る曲にふさわしいと思えるようになった。

その他の曲についても、どの曲も均一にとても音がよくなったと感じるのだが、僕のお気に入りはジョージの「アイ・ミー・マイン」である。今回リマスター盤全体を通して、その曲数の割にジョージの曲でハッとさせられることが多かったのは意外だった。


参考: Amazon.co.jp “ザ・ビートルズ・ストア”

コメント
非公開コメント

イエローサブマリンソングトラック

いつも読んでます。気になったのですが『イエローサブマリンソングトラック』は購入されなかったのですか?あれはとんでもなくいいですよ。リマスターだけでなくリミックスもされていて、今回のリマスターよりも断然いいです(エリナーリグビーとかホエンアイム64とかヘイブルドックは特にいいですね)。今回のあのレベルで再発してほしかったです。今後の楽しみということでしょうか。あ、誤解なきように付け加えるとあの『ラブ』のようなリッミクスではないです。とてもオーソドックスなものです。もし聞かれていないなら是非!!

2009-12-09 23:20 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
はい、私は「ソングトラック」も買ったことがありません(恥)。というのも、発売当時友人から借りてこのアルバムを聴いたのですが、リミックスされた音が個人的にあまり好きではなかったからです。私の場合、やはり大昔に聴いたアナログレコードの音に思い入れが強すぎるのかもしれませんね。でもせっかくお勧めいただいたので、そのうち中古でも購入して聴きなおしてみたいと思います。

2009-12-10 11:12 │ from 管理人URL

返信ありがとうございます。
基本的に私もアナログ人間であり(1963年生まれ)、最初に手にしたのはLPでした。ソングトラックに関しては私のような手放しで褒める人間と、懐疑的になられる人とにわかれるみたいですね。私にはあの明快な音がとても心地よくきこえます。昔と違う・・・というのをダメな理由にあげるひとがおおいようです。とくにバランスですね。楽器の定位が気になるみたいですね。当時は技術的制約があって珍妙ともいえるボーカル定位になってますが『ソングトラック』ではそれがなくなりとても自然にきこえます。大好きですね。是非じっくり聞いてみてください。

2009-12-10 16:58 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん

コメントありがとうございます。同い年ですね、うれしいです(笑)。特に年をとってくると先入観を持たずに聴くのはなかなか難しくなってきますが、トライしてみます~。

2009-12-10 22:09 │ from 管理人URL

ソングトラックのレポート楽しみにしています。ソングトラックの理解者を増やして、『ビートルズ全曲リミックスをピータコビンに!』ムーヴメントを興したいとひそかにもくろんでいます!?ちなみに私は『ネイキッド』も評価しています。

2009-12-14 00:20 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。なるほど全曲リミックスですか。私のような頭の固いオヤジ連中には受け入れられなくても、新しい世代に向けて新しいビートルズというのはアリかもしれませんね。
個人的には4人のソロアルバムのリマスターを死ぬまでに実現してほしいです(笑)

2009-12-14 11:02 │ from 管理人URL

ジョンはほぼリマスターおわりましたね。ソングトラックとおなじピーターコビンの仕事です。ジョージも8割がた完了。ポールが問題ですね(リンゴはともかく)。リマスタ-が聞きたいのはやまやまですが、やはり新曲が聞きたい。時間は無限ではないですからね。

2009-12-14 20:53 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。そうですね、4人のソロ作品も既にリマスター化されているものもあるのですが、僕は今回のビートルズ・リマスターの音がすごく気に入ってしまったので、今回の音を一つの基準にしてもらえないかなと考えておりまして。まあ勝手な希望ですが。音については人それぞれいろいろな考え方、感じ方があるでしょうが、個人的にはこれまでのリマスターは大なり小なり音圧を上げて音質をクリアにしただけで深みに欠けるフラットな音、という印象を持ってきました。うまく表現できないのですが、たとえばポールの「メモリー・オールモスト・フル」などは音はたしかにクリアですが奥行きが感じられず、いい音ではないと思っています。反対に今回のリマスターで特に感じるのは音の深さと温かみですね。そこが大きな違いかな、と。

ジョンジーさんはピーターコビンさんの仕事を高く評価しておられるようですね。この方は私は初耳でしたので、今後の研究材料にさせていただきたいと思います。

2009-12-15 03:29 │ from 管理人URL

『メモリー・オールモスト・フル』の音はひどいですね。また音質はさておき、どういうわけかあのアルバムは絶賛されてますが、ポールとしては平均点ぐらいの仕事じゃないか、と個人的には思っています。あれが傑作なんてポールに失礼です!!いい曲とそうでもない曲の差がありすぎるし、全体にうるさい感じです。『ケイオス~』のほうが素晴らしい。断然素晴らしい!!実は私は『ケイオス~』が最高作だとおもいます。ポールをリアルタイムで聞いたのは『バッグトゥジエッグ』からですが、『バンドオンザラン』『バックトゥジエッグ』『タッグオブウォー』等の傑作と並び、さらに頭一つでている感じがしてますね。『メモリー・オールモスト・フル』のプロデューサーとはなんか長い付き合いになってますね(ドライヴィングレインからでしたっけ)。息子のアルバムもつくってますし・・早く離れて欲しいです(笑い)時間は無限じゃないのに・・・

追伸 ピーターコビンはアンソロージーにも関わっています。最近は映画音楽のエンジニアもやっているみたいですね。なんだったかわすれましたが、今年公開された大作のエンドロールにいきなり彼の名前がでてきてびっくりしました。

2009-12-15 21:05 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。意見が合いましたね(笑)。私も「ケイオス~」は大傑作だと思っていまして、けっこう褒めすぎかと思えるほどの記事もありますので、またよろしければどうぞ。デヴィッド・カーンに離れてほしいというのも同感です。ゴドリッチプロデュースの作品をもう一度!

2009-12-17 01:20 │ from 管理人URL

ポールのリマスターの件。大事なことをわすれてました。スティーブ・ホフマンが90年代にマスターテープをEMI(キャピトル)から借り出し、入念にリマスターして発売した逸品があります。もちろんライセンスをとった正規発売です(アメリカ盤のみ)。これはゴールドcdで発売されています。リマスターされたのは『マッカートニー』『ラム』『レッドローズスピードウエイ』『バンドオンザラン』『ヴィナスアンドマース』『スピードオブサウンド』の6枚。これはほんとうに素晴らしい仕事です。既存のcdとは比較できないほど見事です。ジャケットのアートワークも完全復刻されています。私は『ラム』『バンドオンザラン』『ヴィナスアンドマース』の3枚もっていますが宝物ですね。現在でもでまわっていますが、かなり高値がついているようですね。

2010-01-25 01:37 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
これは貴重な情報をありがとうございます。実はスティーブ・ホフマンHPの掲示板は私もよく利用させていただいてまして、彼がポールのCDを手がけたことが時々話題にのぼるのですが、どのCDかがこれまで確認できずにいました。なるほどこれら6枚のゴールドCDだったというわけですね。
ちらっとUSのアマゾンで確認してみましたが、たしかに今はたいへんな高値で、今の私には手が届きそうにありませんが…。これを持っている日本人はほとんどいないのでは?ジョンジーさんはさすがですね。

2010-01-27 08:25 │ from 管理人URL

私は安く買いました。90年代半ばだったと思いますが、秋葉原の石丸電機そばのオーディオ店で確か2000円前後だったような・・・ラッキーでした。しかし6枚というのは残念です。ロンドンタウン、バックトゥジエッグと進んでほしいものです。なぜかワイルドライフも抜けてますね。実はレッドローズスピードウェイよりもワイルドライフが好きです。たしかに未完成ですがあのサウンドを突き詰めてほしかったような気がします。

2010-01-28 20:19 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。スティーブ・ホフマンの仕事は欧米では高く評価されているようですね。それだけに、ポールのリマスターも中途半端に終わってしまったのは残念です。しかも現在は廃盤のようなので、どういった経緯でそうなったのかも気になるところです。
ビートルズ・リマスター発売後は、ポールのソロ作品のCDにもなかなか手が出にくくなっておりまして・・・(苦笑)。やはり音が薄っぺらく思えてしまいます。こうなると公式リマスターの発売を待つしかないですな。

2010-01-30 08:10 │ from 管理人URL

ポールは音質的というかオーディオ的なことにはあまり関心がないというかうるさくない、なんてどこかで聞いた気がします。ジョージがうるさかったらしいですね。今出ているポールのcdもリマスターなんですよね。しかし・・・ほんとに関心ないのかもしれませんね。

2010-01-31 23:57 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。ポールが音にあまりうるさくない、というのは事実のようですね。といいながら、「ラム」をはじめとするソロ作品にはかなり音的にもすばらしいと思えるようなものもけっこうあったりしますし…。ま、ポールという人はすべてに渡って多面的といいますか、多次元的といいますか、いろんな要素を併せ持った人だな、とつくづく思ったりもします。
私がもっているポールのCDはほぼすべて第一世代のCDでして、そういえばその後のリマスター盤はほとんど聴いたことがありません。かなり良くはなってるんでしょうね。でも、やはりこれからの基準は今回のビートルズリマスターになってほしいなと思います。同じレベルで、同じチームに4人すべてのリマスターを手がけてほしい、というのが私の次なる夢です。

2010-02-01 05:53 │ from 管理人URL

『ラム』は他のアルバムと違ってやたら音圧が高いですね。パイプスオブピースも音圧が高い。ポールのリマスター(コレクションでしたっけ)はだいたい買いましたが、押し並べてレベルが低め、レンジが狭く、真の無い、腑抜けのような音です。タッグオブウオーなんてLPのほうがはるかにいいですね。レッドツェッペリンはペイジ自らがリマスターに関わり、それはすばらしい音なのです。時期的(録音もリマスターも)にはそんなに変わらないので、ポールのリマスターが以下にいい加減かがわかるような・・・残念ですね。

2010-02-06 01:09 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。ツェッペリンのリマスターはたしかによいですね(ほとんどⅣしか聴きませんが…)。ポールの作品もこれから人類の遺産になってゆくわけですから、周囲のスタッフにもその重要性を認識してもらい、良質なリマスターを残してもらいたいもんです。アルバム未収録の曲などもパストマスターズのようにまとめてほしいです。

2010-02-08 16:32 │ from 管理人URL