FC2ブログ

ポールの息子ジェームス、ステージデビュー!その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » ポールの息子ジェームス、ステージデビュー!その2

ポールの息子ジェームス、ステージデビュー!その2

以下が11/14のステージ前にジェームスが発した公式コメントである。

「僕は9才で音楽を始め、作曲も同じぐらいの歳からやっています。今のバンドに出会ったのは約1年前のことでした。プロデューサーのデヴィッド・カーンの紹介によるもので、父のポールも手を貸してくれました。今僕はアルバムをレコーディング中です。バンドのメンバーは、僕(32才。ギター、ピアノ、ヴォーカル)、ブライアン・ジョンソン(28才。ドラムス)、スティーヴン・ベイリー(32才。ギター、シンセサイザー、トイピアノ、コーラス)、チャーリー・ターナー(27才。ベース、コーラス)の4人です。僕の音楽はビートルズ、ニルヴァーナ、ザ・キュア、PJハーヴィー、レディオヘッドなど、いい音楽のすべてから影響を受けています。ヴォーカル中心のロックンロールと透明感のあるサウンドになっています。
父からギターを教わったのは9才のときでした。僕が弾くフェンダーのストラトキャスターは70年代にカール・パーキンスからもらったもので、ハートレッドのレスポールは父が僕にくれたものです。(中略)僕たちは今ツアーの真っ最中で、サセックスのスタジオでアルバムのミキシングも行なっています。アルバムの内容は精神性、愛、家族、生き方について、その他多くの事柄に触れています。曲はここ10年ほどの間に書きためてきたものです。」

コメントの内容から推察するに、どうやらジェームス・マッカートニーの正式なデビューはもう目の前まで来ているようだ。そして、それはファースト・アルバムの発売と同時と考えてよいだろう。

ジェームスがソロアルバムを制作中であり、ポールが手を貸している、もしくは参加しているのではないか、という話は実はかなり前からあったのである。しかし、まさかその話が今頃になって現実になろうとは思わなかった。問題はポールがどの程度アルバムに関わっているかだが、今後もそのあたりを含め情報を追ってゆきたいと思う。

最後に、ジェームスがアップでカメラに向かって話している映像を紹介しておこう。(一緒に映っているヨーコの美しさにも驚かされるが)スキンヘッドとメタボ体型、そのファッションセンスなどに(?)であった僕も、この顔と表情を見て思わず微笑んでしまったのであった。ああ、やっぱりポールの子供だな、素材はそれほど悪くはないんだがな、と。

http://www.youtube.com/watch?v=Cgj7SjGgHNU&feature=channel

しかし、ポールに直接ギターを教えてもらったり、ポールやカール・パーキンスが実際に使っていたギターをもらえるなんて、彼はなんと幸せな男なのだろう!僕はただただ羨ましくて、ため息が出てしまうのだった…。


コメント
非公開コメント