FC2ブログ

僕の好きな曲: Isn't It a Pity(イズント・イット・ア・ピティー) by ジョージ・ハリスン - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲: Isn't It a Pity(イズント・イット・ア・ピティー) by ジョージ・ハリスン

僕の好きな曲: Isn't It a Pity(イズント・イット・ア・ピティー) by ジョージ・ハリスン

ジョージの最高傑作は一般的にはファースト・ソロ・アルバムの“All Things Must Pass(オール・シングス・マスト・パス)”ということになっている。だが、僕個人はこのアルバムをそれほど高く評価しているわけではない。僕がこのアルバムで本当にいい曲だと思うのはわずかに2曲だけしかないからである。1曲目は全米No.1にもなったご存じ“My Sweet Load(マイ・スウィート・ロード)”。そして2曲目は今回取り上げる“Isn't It a Pity(イズント・イット・ア・ピティー)”

これら2曲に関しては、いい曲を通り越して本当にビートルズにも匹敵するすごい曲だと思う。つまりこのアルバムに収録されている他の曲と比較してみると、なぜだかこれら2曲だけ異常にが突出しているのである。不思議なことにビートルズの曲に頻繁にみられる、異次元ともいえる独特な空気感がこれら2曲には流れているのだ。

それゆえ、「マイ・スウィート・ロード」が全米1位に輝いたのはよく理解できる。これはジョージの曲であって、ジョージの曲ではない。「マイ・スウィート・ロード」は奇跡のビートルズマジックを引き継いだ作品なのだ(あくまでも個人的な見解です)。

こうして考えてみると、ビートルズ解散直後のソロ作品の中には、けっしてビートルズには見劣りしない曲が散見される。誤解を恐れずに書けば、ポールでは“Maybe I'm Amazed(メイビー・アイム・アメイズド)”、“Junk(ジャンク)”、ジョンでは“Love(ラヴ)”、“Imagine(イマジン)”などの曲がこれに当たる。

さて、「イズント・イット・ア・ピティー」に話を戻そう。この曲は1970年にシングル「マイ・スウィート・ロード」のB面として発売された。だが、作品としての質の高さは「マイ・スウィート・ロード」に全く負けていない。いや、どちらかといえば僕個人は「イズント・イット・ア・ピティー」のほうが好きなくらいである。スローテンポで淡々と流れてゆく、どちらかといえば単調な曲なのに、何度聴いても飽きがこない。いや、7分以上にも渡る大作にもかかわらず、何度も何度も聴きたくなる作品なのである。

もうひとつ、この曲がここまですばらしい作品になったのは、プロデューサーのフィル・スペクターの手腕によるところが極めて大きいと感じる。彼独特の厚みのある豪華絢爛なサウンドがこの曲のよさを最大限にまで引き上げているからだ。

しかし、ジョージもホントにいい曲書いてたよなあ…。

参考:オール・シングス・マスト・パス ~ニュー・センチュリー・エディション~


コメント
非公開コメント

また、お邪魔いたします。
「オール・シングス・マスト・パス」 は、ビートルズを含めた関係で、小6の頃に初めて買ったLPでした(もともと赤盤・青盤は家にあったもので)。
買った、というより、誕生日プレゼントとして、買ってもらったんですけど。
6000円もしたもんですから、誕生日を狙いすまして、おねだりしました(笑)。
ビートルズ関係で、当時いちばん高いLPでしたね。

「イズント・イット・ア・ピティ」 は、私も大好きです。 2ヴァージョンありますが、ヴァージョン1のほうが好きですね。 ヴァージョン2は、ピアノの音が雨だれみたいで、こっちもいいんですけど、1の壮大さのほうがいいかな。
この曲、フェイド・アウトの一番終わりのほう、まさに音が消えてしまう瞬間に、楽器の音が完全に消えてから、ジョージがひとりでアカペラで歌ってます。 一瞬だけ。 レコードでは聞こえるんですが、CDでは試し聞きしたことがないんで、ちょっと未確認のいい加減な情報です。 誰も指摘しているのを見かけたことがないんですけど、こんなちょっとしたところに、ジョージらしいユーモアを感じます。

2010-04-01 20:40 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。小6で「オール・シングス・マスト・パス」なんてませてましたね(笑)。私はこのアルバム、アナログ時代はやはり高くて買えませんでした~。当時は2枚組、3枚組のアルバムは子供には高すぎる買い物でした。

2010-04-02 18:26 │ from 管理人URL

最近、ポールの来日決定の報や新作発表の情報などで 自身の音楽熱が再熱しています。
頻繁に こちらにお邪魔させて頂いていますが、実は言うと 学生時代や独身の時に比べて 音楽をじっくり聴き込む時間はめっきり減ってしまいました。今では 帰宅して自分の部屋で たまに仕事関連の事をゴソゴソとやり終えた後に 気分転換で聴く時が 貴重な音楽を楽しむ時間となっています。

そんな時、思い出してはよく聴く曲が ジョージの「イズント・イット・ア・ピティー」です。 個人的に大好きな曲です。
やはり この曲は歌詞が胸にきますね。ジョージの優しい歌声とどこか憂い帯びたメロディと合わせて とても印象深いです。
自分のエゴで相手を傷つけ合い、相手に愛や優しさを与える事を忘れてしまっている 冷めた人間関係を憂いた内容です。
当時の妻パティとの関係を歌った曲とも ビートルズ後期 対立する事が多くなったポールとの関係を歌った曲とも言われているそうですが、そう言えば曲のエンディングで「ヘイ・ジュード」に似たメロディが登場したり 曲の長さも この2曲はほぼ一緒。どこかジョージがポールを意識して作った様にも感じられます。

どちらにしても ジョージの優しさがよく表れた曲で フィル・スペクターのプロデュースも 曲の奥深さを表した壮大なサウンドでよい仕事をしていますね。
個人的に いつもこの曲、この歌詞で歌われている内容を意識しています。現実の社会そして人間関係は この曲で歌われている様な純粋な物ではなく もっと複雑で魑魅魍魎とした難しい物ですが、「イズント・イット・ア・ピティー」に歌われている気持ちは大切にしたいと 夜部屋でこの曲を聴き終えて 寝室に戻って家内の寝顔を見るたびに 気持ちを新にしますね。
私にとって 大切な曲の1つです。

2013-09-02 01:25 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。人に対して優しい気持ちを持ち続けるのは難しいことですよね。これが自分に近い人ほど難しいというのがミソでして・・・。距離も心も離れている人に優しくするのは簡単なのです。男は特にこれが難しい。表現するのはもっと難しい(笑)ときてます。ポールとジョージの確執も、きっと兄弟のように近すぎたからなんですよね。年をとってからなんとなくそう考えられるようになりました。

2013-09-02 04:39 │ from 管理人URL