FC2ブログ

ポールのアルバム “Wings Wild Life” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム “Wings Wild Life”

ポールのアルバム “Wings Wild Life”

おそらくポールの全アルバム中最も評価が低いと思われるアルバム。

それが、この「ウイングス・ワイルド・ライフ」である。

僕自身もあまり好きなアルバムではない。
買った当時はともかく、実際このアルバムを通しで聴くような事はほとんどない。

ビートルズ解散後、「バンド・オン・ザ・ラン」が発表されるまでの間、ポールのソロアルバムはなにかとケチをつけられることが多かったと聞いている。

それでも「ラム」をポールのベストアルバムに挙げる人がいてもおかしくはないと思うし、初のソロアルバム「マッカートニー」は僕も大好きなアルバムだ。

世間で言うほど、ポールは悪い仕事をしていないと思うのだ。

だが、この「ワイルド・ライフ」だけは別だ。

このアルバムの音を聴いていると、ポールのバンドではなくどこかのアマチュア・バンドがリハーサルで演奏しているのではないかさえと思う。
どう考えても世界最高のバンドにいた人が作るような音楽ではないと思えるのだ。

たしかに曲に関してはポールらしい輝きがところどころで見え隠れするものの、バンドの演奏ときたらとても褒められたものではない。どう控えめに見てもプロのミュージシャンたちのやる仕事とは思えない。
ポール自身のベースプレイまで全くといっていいほど冴えがないから不思議だ。ここまで来るとある種謎めいた気分にさえ襲われてしまう。

ポールはわざとヘタクソで売れそうもないアルバムを作ったのではないか…。
このアルバムには「マッカートニー・コード」(暗号)が隠されているのではないか…。
これは世界に対する皮肉ではないのか…。

というわけで、僕が考える1つの仮説は、ポールがこのアルバムを意識的に出来の悪いものにしたということである。
このアルバムは、ポールが常に最高の作品を作るという人々の固定観念を完全に打ち破るための彼一流のジョークだったというわけだ。

もう1つの仮説は、ポールがこの時期本当に落ち込んでいたということである。

ポール・マッカートニーという人は本当にあきれるほど前向きで明るく、楽観的な人だと思うのだが、ビートルズ解散後の数年間は進むべき道を失い、ひどく意気消沈していたとも伝えられている。

だから、このアルバムは彼のこの頃の精神状態を完全に反映しており、本当に信じられないことだが、これが当時の彼に作り得た最高の作品だったというわけだ。

どちらが正しいのか、それともどちらも間違っているのかは僕にはわからない。だが、このアルバムが「プレス・トゥ・プレイ」とは違う意味で最もポールらしくないアルバムであることは確かだろう。

全体の構成としては、A面(「マンボ」から「ワイルド・ライフ」まで)がロック、B面(「サム・ピープル・ネバー・ノウ」から「ディア・フレンド」まで)がバラードというような構成となっている。

僕個人の好みからいえば、A面は全滅である。
1曲も真の意味で好きな曲がない。

だがB面は全曲好きである。
「サム・ピープル・ネバー・ノウ」など、なんだこれと思うほど演奏はヘタクソだと思うのだが、曲は本当に美しいと思う。特にサビの部分の盛り上がりなど最高だ。

「アイ・アム・ユア・シンガー」は「サム・ピープル・ネバー・ノウ」に比べるとかなりまとまりよく仕上がっている。本当にめずらしいリンダとの完全なデュエット作品で出来もよいと思う。

「ビップ・ボップ・リンク」は1分に満たない文字通りリンク的なインストゥルメンタル曲だが、ポールならではの味付け満載でこれまた大好きな曲だ。ギターでこんな曲をいとも平然と弾かれたら、僕は床に平伏してしまうだろう。

「トゥモロウ」はよく「イエスタデイ」とタイトルの比較で取り上げられる曲だが、曲のタイプは全く違う。だが出来はとてもよいと思うし、これまた好きな曲だ。

「ディア・フレンド」はジョンの「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ」に対するアンサーソングだと言われているが、そういう逸話は抜きにしても大好きな曲である。ポールにしては暗い曲調であるところがまたいい。ことこの曲に関しては演奏もポールのボーカルも素晴らしいし、ストリングの味付けも秀逸だ。完成度としてはこのアルバムで一番だと思う。

というわけで、僕はほとんどこのアルバムのB面しか聴かないのである。


コメント
非公開コメント

WINGS WILD LIFE

はじめまして、トール・カプチーノ と申します。
いつも楽しく拝見させていただいております。

「WILD LIFE」、確かに他のアルバムと比べて
なんだか出来がよくなく、評価も悪いですね。 
ベストではないですが、私は結構好きなんです。

新生バンドの試作というか試行錯誤というか、また
レコーディングが数日なのでで荒々しいというか。
そういったところで当時のポールの状況がわかる気がして嬉しいです。(原点というか)
それとポールが好きな小さなバーでのライブには
結構いんじゃないかなぁ、なんて感じてます。
あとは、落ち込んだときに元気付けに「Mumbo」のような曲をやって、次に羽ばたくところとかは
ポールらしい気もします。
「Mumbo」の叫びがWings誕生の産声に聞こえる私はちょっとおかしいかもしれませんが。。。
「Choba B CCCP」、「Run Deliv Run」とかみたいにセッションの中で何か次のステップを見出す
ような感じでしょうか。。。ちょっと趣はちがいますが、「McCARTNEY 2」とかもそんな気がします。
ビートルズ(比較できませんが)で言えば(勝手な思い込みですが)、辛い時期の「Let It Be」になんとなく近い気がするような。。。
「Chaos and ~」はとてもいいアルバムです。
でも次に出すCDは、「WILD LIFE」とか上のアルバムみたいなのをセールスに関係なくリリースして、元気出して欲しいです。(今大変ですし)

ポールには甘く、身勝手な私の感想でした。
色々勝手に書き込み、すいません。
では失礼します。

2006-05-24 15:14 │ from トール・カプチーノURL Edit

Re: WINGS WILD LIFE

トール・カプチーノさん
はじめまして!

いやあ、また一人同志が現れたという感じで本当に嬉しいです!
これからも本音で語り合いましょう。

その時は適当に作っても、時間が経てば、どのアルバムもそれなりに味が出てくるところがポールのすごいところだと思います。

こういう時こそ本当にポールには元気を出してもらいたい…。全く同感です!
まずは6月18日ですね。
皆で祝いましょう!

2006-05-24 21:39 │ from 管理者URL

これは僕だけがいっていることではないのですが、『ワイルドライフ』というのはバンドの初期衝動をそのままとらえた貴重なドキュメントと捉えるとわかりやすいんです。
スタジオに入って実際に音を出す楽しさっていうのは、ちょっと想像もつかないくらい楽しくエキサイティングなことなんです。かくいう私もサイドギター?兼マネージャー?としてスタジオに入った経験があります。ほんと死ぬほど楽しい。ビートルズを失ったポールが新しいバンドを手に入れて嬉しくてしょうがない、なんとしてもそれを伝えたい、記録したい、そんな思いがA面から伝わってきます。オープニングの唐突感はまさにそんな感じです。だから僕はこのA面ばかりききます。しかしスタジオ経験のない人にそんな空気が伝わるわけないんです。結果的に失敗作になり、ポール自体もリリースを後悔することになってしまったわけです。

2010-05-31 15:26 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。おっとA面ばかり聴かれるとは、私と正反対ですね(笑)。同じファンでも感じ方、評価は様々ですから、じょんじーさんような意見は私の一方的な記事を補完する意味で大変貴重なのです。たしかに私スタジオ経験ないもんね~(爆)

2010-05-31 16:45 │ from 管理人URL

なんかイヤミな書き方になってしまいましたが、俺にはわかる、という自慢じゃないんです。『ワイルドライフ』は商品として発表される水準に達していない、と思います。せいぜいファンクラブ向けの非売品クラス。ポールってなんかプロっぽくないというかアマチュア意識が抜けない人ですよね。それが魅力といえるかもしれませんが、しろうとのリンダをメンバーにしてしまうことなんかもそうですよね。リンダの加入がウイングスのごたごたに原因になったのは有名ですが、そうなるのはわかりきってますよね。

2010-05-31 23:49 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
つまり厳密な意味において完全主義者ではないんでしょうね、ポールは。それがかえって彼の作品に広がりを持たせている。レベル1から10までなんでもござれ(笑)、という感じで。つくづくすごい人だなと思います。

2010-06-01 18:09 │ from 管理人URL

お邪魔します。

ポール愛(なんかムシズが走りますけど、この表現)を試すかのような、このアルバム。

ポールの精神構造のなかには、「ジョンがもしこれを聴いたらどう感じるだろう?」 という価値判断基準が存在している気がします。

長年の間ふたりは切磋琢磨して作曲を続けていただけあって、互いの音楽志向を相手に合わせよう、という性格的な癖みたいなものがインプリンティングされている。 10代から20代の間にその作業は続けられたわけですから、これはもう、魂の遍歴と言ってもいい。

ポールがジョンに対して最初の挑発を行なったのは、「カルナバル・オブ・ライト」 だったっけな、前衛的と言われる作品を作ったときじゃないかなー。 ジョンはそれに呼応して、「ストロベリー・フィールズ」 から始まるアヴァンギャルド的作品を作っていった気がする。 ジョンがヨーコに惹かれていく種子が、ここでポールによって(ここが興味深い)植えつけられたと私は考えています。

次に顕著な形でポールの冒険が見られるのは、「ホワイト・アルバム」 での数曲です(サージェント・ペパーズ」 録音中に制作が始まった 「ユー・ノウ・マイ・ネーム」 も同系列なのですが)。

「ワイルド・ハニー・パイ」「ホワイ・ドント・ウィ…」、ここらへんの曲に今までなかったポールの傾向を探すとすると、それは 「即興性がもたらす面白さ」(核心に近づいてきた…笑)。

確かにこの曲はオーヴァー・ダビングを繰り返した、即興性とは似つかない作品かもしれませんが、そこには「面白いと思ったことは速攻でやってしまおう」、というポールの意志が見られる。

ジョンが果たしてそのポールの考えに賛同したかどうかは分からないのですが、彼のその後のソロ活動を見ていると、「トロント・ライヴ」 のときやプラスティック・オノ・バンドの流動的即興的な成り立ちなどのなかに、ヨーコの影響が大きいとはいうものの、ポールの 「即興的お遊び」 に呼応している部分も否定できない気がするのです。 そして 「ジョン魂」。 あれも、即興的なリハーサルの中から余計な音を削ぎ取っていった、そんな傾向が感じられる。

ポールはそうしたジョンの呼応の仕方を見て、「こういうラフな作りで即興的な面白さを目指すのは間違ってはいないんだ」、という考えに至った、そんな気がします。

そしてそこに、じょんじー様のおっしゃるような、「バンドを作ったときの高揚感」 がプラスされ、このアルバムが制作されるに至った、と私は考えています(ふ~長い説明だった…笑)。

言わばこのアルバムは、ポールのジョンに宛てた、ラヴ・レター。 そして近況報告。

それってかなり穿った読み方なのですが(笑)、そんな思いをもちながらこのアルバムを聴くと、また違った味わいになってくる気がします。 まあ、作品至上主義、という観点から言いますとかなり見劣りのするアルバムなんですが。 バンド・アンサンブルは稚拙だし、ポールの作曲の才能だけに寄りかかっている感じもします。

でもまあ、各曲に対する思い入れは、長くなってしまったので割愛しますが、ヘンに考えすぎてないアルバムよりか、よっぽど好きですなー、私も。 もちろんクール・プライスで発売された、ボーナス曲入りまくりの後発CDのほうが、オリジナルよりも数倍いい、という感覚ですが

2011-01-25 11:40 │ from 橋本リウURL

リウさん
いつも過去記事へのコメントありがとうございます。『ワイルド・ライフ』は単独でみるとイカンと思いますが(笑)、これもポールの多様性、なんでもござれ精神の一部と捉えると、たしかに興味深く、逆に聴き込んでしまいたくなります。ポールって音楽界の化け物。二度と再び現れないオバケアーティストだなと・・・。

2011-01-26 17:39 │ from 管理人URL

トゥモロウはかなり好きです
ワイルドライフは全体的にビートリーな、ウイングスっぽくないサウンドだと思います
ヴィーナス~時期にレゲエインストでリメイクされていました(ブートです)

2014-01-02 11:42 │ from 雨URL Edit

雨さん
コメントありがとうございます。『ワイルドライフ』がビートリィとは新鮮な意見ですね。

2014-01-03 06:47 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/42-f1d8cca4