FC2ブログ

フリード日記 - 2 ドライビング・ミュージック - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » フリード日記 » フリード日記 - 2 ドライビング・ミュージック

フリード日記 - 2 ドライビング・ミュージック

驚くなかれ僕が車の免許を取ったのは38才の時である。しかも自分から進んで取ったものではない。一番大きな理由は結婚してその必要性に駆られたからである。実際僕が住む埼玉県北部は、車が運転できないとどこへも行けないし、まともに仕事にも就けないのであった。

そんなわけで、元々車には全く興味がない僕が、30代後半にして免許を取ることになったわけであるが、10代の頃から一つだけやってみたいことがあった。それは愛車に乗ってビートルズやポールの曲を大音量で聴きながらドライブするということだった。それは間違いなく気持ちがいいことに違いなかった。

だが結局その夢はすぐには叶わず、実際には免許を取った30代後半にまで持ち越されることとなる。そしてその夢が実現可能になった今になって僕が思うこと…。それは、ビートルズやポールの音楽は実のところあまりドライブには向いていないのではないか、ということなのである。免許を取ってから約8年、これまで自分でもいろいろ試してはみたのだが、よほど気分が乗っているときを除いて、ドライブ中にビートルズやポールの曲を強烈に聴きたいと思えることがほとんどないのだ。これはとても意外な事であった。それでも一人で運転しているときはまだいいのだが、同乗者がいるときは間違いなくNGである。その理由の一つは必要以上にボリュームを上げ過ぎてしまうこと、もう一つの理由は曲に神経が行き過ぎて同乗者とまともな会話が成立しなくなくなることが多いからである。

というわけで、嫁を含めて同乗者がいるときに僕がビートルズやポールの曲をかけることはほとんどない(笑)。

さて新車のフリードにはホンダ純正のナビをつけたのだが、このナビにはオーディオシステムも勝手についてくる。これがなかなかの優れもので、CDをかけると自動的にすべてハードディスクに録音してくれるので、2度目からはもうCDを挿入する必要がない。もちろん録音後に気に入らなければ削除や編集も自由にできる。

最近ドライブしながらかけていて一番気持ちがいいと思えるのはフォープレイのアルバムである。特にデビューから3枚連続のアルバム“Fourplay(フォープレイ)”“Between The Sheets(ビトウィーン・ザ・シーツ)”“Elixir(エリクシール)”はオススメ。とにかく理屈抜きに心地よくて、誰かと会話していても音楽が邪魔にならないのがいい。気になる女性と初めてドライブするときなどに、これらのアルバムをさりげなくかけたなら、きっとあなたの好感度もアップすることでしょう。まちがってもロックをガンガンかけたりなどしてはいけませんぞよ。


参考:
“Fourplay(フォープレイ)”
“Between The Sheets(ビトゥイーン・ザ・シーツ)”
“Elixir(エリクシール)”

コメント
非公開コメント