FC2ブログ

一生ものだから…ドキドキするぜビートルズ・リマスター盤発売 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » 一生ものだから…ドキドキするぜビートルズ・リマスター盤発売

一生ものだから…ドキドキするぜビートルズ・リマスター盤発売

日本では残念ながら今のところそれほど話題にはなっていないが、僕にとってこのリマスター盤発売のニュースは久々にワクワクするような出来事である。

それについて考えるだけでも、音楽を聴き始めた10代の頃のワクワク、ドキドキ感が蘇ってくるようだ。ビートルズ結成50周年という節目を来年に控え、9月にはおそらく人生で最大級のビートルズ・リバイバルがやってくるに違いない。少なくとも僕にとってはアンソロジーを遥かに超える、これ以上ないほどの一大イベントになるだろうと思っている。

ま、それが現実のものとなるためには、なによりもまずリマスター盤のクオリティが限りなく完璧に近いものでなくてはならないのであるが…。この点については、リマスタリングの作業だけに丸4年という月日を費やしたという事実、この点を僕は素直に受け止めたいと思っている。古くからのビートルズのファンの中には、音質に関して相当にうるさい人たちが多いので、このあたりは細心の注意を払ってリマスタリング作業を行ったであろう、というのが妥当な見方であると思う。

さて、他でもないビートルズのリマスター盤であるから、当然レンタルで済ませるのではなく購入を考えなくてはならない。一部パッケージの写真も公開されているが、眺めているだけでもなんだか嬉しくなってくる。関係者の気合いが伝わってくるようだ。
packaging.jpg


さて、気になる価格のほうだが、今のところ日米の価格差はかなり大きいものがある。
たとえば僕が真っ先に聴いてみたいホワイトアルバムを例にとってみると、アマゾンで日本盤は3700円、アメリカ盤は約2100円($21.99)と、何と倍近い価格差がある。ちなみにアメリカのアマゾンでは1枚もののアルバムも$12.99か$13.99のどちらかに統一されているようだ(つまり1300円~1400円)。かたや日本盤の1枚ものは2600円となっており、やはり約2倍ほどの値段がついている。いくら円高とはいえ、日本盤のこの価格設定には疑問を感じざるをえない。

そこで少し調べてみたのだが、クレジットカードがあればアメリカのアマゾンから国際便で配達してもらうことも可能なようである。ある程度の金額をまとめて購入するのであれば、直接アメリカのアマゾンから購入するのが絶対にお得ということになる。もしアメリカから全てのアルバム(14タイトル16枚)を購入したとしても、約2万円前後で手に入るという計算になる。これはけっこう安い。ともかく今は1に貯金、2に貯金である。だいじょうぶ、まだ5か月近くある!

さらに個人的な企みとしては、これを機にオーディオシステムを再構築してみたいと思っている。ただ再構築とはいっても、僕のオーディオ環境は本当にショボイのである(汗)。10年以上前にオンキョー製のコンポを購入したきりで、その後ほとんど何もオーディオ関係に投資をしていない(というよりは、生活に追われてそんな余裕がなかった)。現在は、もっぱらCDをMP3に落とし、通勤時にMP3プレーヤーで音楽を聴くというスタイルが定着してしまっている。(それでもそれなりに楽しんでいるが)

若いころはステレオの前に座り込んで、それこそ何時間も音楽に浸ったものだ。だが住宅事情とも相まって、近頃は音楽をスピーカーから聴くということがすっかりなくなってしまっていた。だから、今回のビートルズ・リマスター盤の発売を機に、ある程度まともな音が聴ける環境を整えてみたいと考えるようになったのである。

幸いなことに、現在はそれほど高望みをしなければ、10万円以下でも相当にいい音が聴ける環境を構築することは十分に可能なようである。今はネットでいろいろと情報収集ができるのもありがたい。こちらも年内にはなんとかしたいところだ。新しいオーディオシステムで、ビートルズのリマスターCDを聴く。これぞ最高の贅沢なり。


コメント
非公開コメント

リマスター盤

作業に4年もかけたとはますます楽しみです。久々にワクワクする出来事かもしれません!

2009-04-17 11:56 │ from RainURL

Rainさん
コメントありがとうございます。本当にワクワクしますね。9月までにワクワク仲間をさらに増やしたいと思いますので、共に盛り上がりましょう。

2009-04-17 14:15 │ from 管理人URL