FC2ブログ

ポールとリンゴ、歴史的な共演を果たす その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » ポールとリンゴ、歴史的な共演を果たす その2

ポールとリンゴ、歴史的な共演を果たす その2

過去ポールとリンゴが同じステージ上で演奏したことは何度かあるようだが、今回ほど歴史的に重要な共演はおそらくなかったのではないかと思われる。
なぜなら、今回のコンサートではポールとリンゴが1本のマイクをはさんで(おそらく僕の記憶では初めてではないかと思うが)“With A Little Help From My Friend”を演奏したからだ。

ポールと彼のバンドが“♪Billy ~ Shears♪”と呼びかけると、リンゴが駆け足でステージの中央に登場。そのままリンゴがリードヴォーカルをとり、ポールはヘフナーのベースを弾きながらコーラス部を務める、といったこれ以上考えられない超豪華な共演が現実のものとなったのである。それは見ている自分の目を疑いたくなるような光景であった。いやあ、やってくれましたねえ。ありがとう、ポール、リンゴ!

“With A Little Help From My Friend”といえば、レコードではポールがタメのしっかりきいたすばらしいベースプレイを披露しているが、今回のステージでもポールはそれなりにちゃんとベースを弾いているように見えた。マッカートニーバンドもしっかりバックをサポートしていたし、リンゴのヴォーカルもなかなかよかったと思う。

以上の様子はとりあえずYou Tubeで観ることができる。
http://www.youtube.com/watch?v=ADFadRdK9Aw

今のところ、音も画質も悪いのは致し方ないところだ。是非この歴史的映像を収めたコンサートが正式にDVDとして発売されることを望みたい。

さて、次回はポールとリンゴそれぞれの演奏曲目その他について書いてみたい。


コメント
非公開コメント