FC2ブログ

ポールのニューアルバムはファイアーマン第3弾 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのニューアルバムはファイアーマン第3弾

ポールのニューアルバムはファイアーマン第3弾

ポールのニューアルバム早くも発売!と喜んだのもつかの間、今回のリリースはポールの隠れユニット“ファイアーマン”名義のアンビエント・アルバム第3弾ということであるから、かなりテンションが下がってしまったのであった(ごめんねポール)。

ポールファンを自称するかぎりは、ポールがファイアーマン名義で過去に2作品を世に送り出していることくらいは当然知っていた。だがしかし、申しわけないが未だにどちらのアルバムも買ったことがない。なぜなら、それらの作品があまりにもポールの通常の音楽とはかけ離れたものであるからだ。僕はポールだといえば、それだけで何でもかんでもお金を出して買うようなファンではないのである(ただ単にお小遣いが限られているだけと言ってしまえばそれまでだが…)。そんなわけで、ファイアーマンはおろか、ポールのクラシック・アルバムも“Working Classical”しか買ったことがない。

ファイアーマン名義のアルバムタイトルと発売年は以下の通り。
“Strawberries Oceans Ships Forest” 1994年
“Rushes” 1998年

そして今回発売されるアルバムタイトルは“Electric Arguments”。イギリス発売日は11月14日、日本では今のところ11月18日発売予定とのことだ。

既発の2枚のアルバムのうち、“Rushes”だけは全曲を聴く機会があったのだが、正直言って全曲通しで聴くことはできなかった…。ところどころを飛ばし飛ばしで聴いてそれっきりである。そのとき思ったのは、このアルバムはじっと座って聴くような音楽ではない、ということだ。かといって家の中でBGMとして聴くのもちょっと苦しいものがある。あるいは美術館や、喫茶店、ホテルのロビーなど、人が集まるような場所でさりげなくやや小さめの音量で流すのならばよいかもしれないが…。ヴォーカルも一切入っていないことから、教えてもらわなければ、それがポールの作品であることは絶対に誰もわからないだろう。

なんとなくネガティブな批評となってしまっているが、これらの試みはポール・マッカートニーという人の巨大な音楽性の単なる一表現にすぎない、とファンの一人として十分に理解し、容認しているつもりだ。だから、批評はしても、批判するつもりは一切ない。だいたい凡人が天才を批判すること自体が不可能なのだから。

さて、今回の作品“Electric Arguments”についてだが、これまでに集めた数少ない情報を総合すると、過去の2作品とはかなり趣きが異なっているようである。まず初めてポールのヴォーカルがフィーチャーされているらしい。ポールのヴォーカルはそれ自体で強力な“楽器”であるから、これは嬉しい。おそらくプラス要因になるだろう。また、各曲の出来がかなりバラエティに富んでおり、前2作品よりも聴きやすくなっているようだ。これは買いか?

収録曲は全13曲
1. 'Nothing Too Much Just Out Of Sight'
2. 'Two Magpies'
3. 'Sing The Changes'
4. 'Travelling Light'
5. 'Highway'
6. 'Light From Your Lighthouse'
7. 'Sun Is Shining'
8. 'Dance 'Til We're High'
9. 'Lifelong Passion'
10. 'Is This Love?'
11. 'Lovers In A Dream'
12. 'Universal Here, Everlasting Now'
13. 'Don't Stop Running'

これらの曲は過去1年ほどの間に、不定期にレコーディングセッションが行われたそうで、各曲が1日を費やして仕上げられたということだ。(合計13日間)
尚、ファイアーマンは、当初参加ミュージシャンが非公開(匿名)となっていたが、今ではポール・マッカートニーとユースの2人であることが明らかになっている。

ファイアーマン公式サイト
http://www.angelfire.com/electronic/fireman/index.html

アルバムの内容はともかく、ポールが前作“Memory Almost Full”からわずか1年5か月ほどで新しいアルバムを届けてくれるというのはファンとしては本当に嬉しいことだ。
ありがとうポール!今回のアルバムは買わせていただきます(笑)

参考:
Electric Arguments
Strawberries Oceans Ships Forest
Rushes


コメント
非公開コメント