FC2ブログ

ビートルズのアルバム “A Hard Day's Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズのアルバム » ビートルズのアルバム “A Hard Day's Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)”

ビートルズのアルバム “A Hard Day's Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)”

ビートルズのアルバムについてはもうすでに十分言い尽くされた感があるのだが、ビートルズを抜きにしてポールを語ることもまた不可能である。というわけで、気が向いたらポールの楽曲を中心に僕なりのアルバム評を書いてみたいと思うようになった。今日はその1回目である。

“A Hard Day's Night”は、全曲オリジナル曲だけでまとめた最初のアルバムであり。同時に全曲がレノン-マッカートニーのクレジットだけで占められた唯一のアルバムである。

ビートルズのアルバムはある意味すべてが名盤であり、傑作といえるのだが、初期のアルバムに限定すれば、間違いなくこのアルバムが最強だと個人的には思っている。ビートルズの入門盤としても最適だ。

なにしろこの頃のビートルズには勢いがある。このアルバムは、ポピュラー音楽史上最高のグループが、真にその翼を大きく広げ始めた記念すべき作品なのだ。特にジョンの活躍ぶりはバンドのリーダーと呼ばれるにふさわしいもので、内容的に見ても彼の手になる楽曲の充実ぶりがとにかく半端ではない。あたかも音楽の神が彼に降臨したかのごとく、奇跡の曲の数々がこのアルバムには詰まっている。

作曲の面から見れば、この時点ではポールはまだ本物ではなかった。少なくとも僕の目にはジョンから大きく水を開けられているように映る。ポールが真に超一流の作曲家としてその類い稀な才能を開花させるまでには、次の“Beatles For Sale”を経て、アルバム“Help”まで待たなくてはならない。しかし、このアルバムにおいてもポールの才能のきらめきは十分に感じることはできる。ジョンの華麗なる楽曲のそこかしこに、ポールの絶妙なサポートがあることを見逃がすことはできないからだ。

たとえば、“If I Fell”はそのほとんどがジョンの曲と思われるが、曲がクライマックスを迎える“♪cause I couldn't stand the pain♪And I would be sad if our new love was in vain♪”この部分は明らかにポールのフレーズであろう。まさにハートがとろけてしまいそうな極上のラインで、この部分がなかったらこの曲も割と普通の曲になってしまっていたかもしれない。

また、表向きはジョンの楽曲ではあっても、ジョンとポールの共同作業はこの頃ピークを迎えていたこともたしかだ。実際はポールの貢献度は目に見える以上のものであったに違いない。
その他にも、特に高音部におけるポールの美しいハーモニー、そしてコーラスワークもアルバムのところどころに華を添えていることを忘れてはならない。

しかし、誰が何と言おうとも、このアルバムの主役はジョンである。

全13曲中、なんと10曲がジョンが主に書き下ろした作品であり、そのうち9曲をジョン自身がメインヴォーカルをとっている。1曲だけ"I'm Happy Just to Dance with You"をジョージに歌わせたのは、ジョンの彼に対する優しい心遣いからであったと言われている。この曲だけをとってみても、普通ならばシングルカットさえできそうな名曲であり、簡単に人に歌わせることは考えられないだろう。つまりはジョンが当時いかに自らの才能に自信を持っていたかということだ。

さて我らがポールの手になる曲は“And I Love Her”、“Can't Buy Me Love”、“Things We Said Today”のわずか3曲のみ。英米で1位を獲得した“Can't Buy Me Love”が含まれているとはいえ、ポールファンとしては正直寂しい気がしないでもない。しかし、このアルバムにおけるジョンの楽曲のすばらしさは、僕のような生粋のポールファンでさえをも完全に納得させてしまう圧倒的な力があるのである。ポールがジョンに実力でねじ伏せられたと思えるアルバムはこの“A Hard Day's Night”たった1枚だけだ。

1963年のリリースから既に45年という年月が過ぎた。さすがにサウンド的には古いと思えるところもある。
しかし、どんなに時間が経とうとも、誰がなんと言おうとも、このアルバム全編に流れる楽曲のすばらしさ、そして彼らのフレッシュなヴォーカルは永遠である。人が歌を歌い続けるかぎり、このアルバムは人々の心をいつまでも強く惹きつけて止まないにちがいない。

見よ!キラ星のごときこれら名曲の数々を・・・
オリジナルLP盤は以下のようにA面とB面とに分かれていた。(懐かしい…)
A面
"A Hard Day's Night"
"I Should Have Known Better"
"If I Fell"
"I'm Happy Just to Dance with You"
"And I Love Her"
"Tell Me Why"
"Can't Buy Me Love"

B面
"Any Time at All"
"I'll Cry Instead"
"Things We Said Today"
"When I Get Home"
"You Can't Do That"
"I'll Be Back"

同名主演映画の挿入歌となったA面7曲は誰が見ても文句のつけようがない名曲で埋め尽くされている。まさに完璧。並のアーティストならば全曲がシングルになりそうな名曲揃いだ。よくもまあこれだけ次から次へと、いい意味で聴く者の予想を裏切るメロディーとコード進行の曲が書けたものだと思う。

昔のアナログLP盤はA面・B面と分かれていたために、なんとなくA面に売れ線の派手な曲が収録され、B面には割と地味な曲で占められているという印象があるアルバムが多かったように思う。
このアルバムについても、それが見事に当てはまっていると思う。若い頃はこのアルバムのB面はなんとなく地味でパッとしない印象だった。僕がこのアルバムのB面の楽曲のすばらしさを本当の意味で評価し始めたのは、おそらく30代後半ぐらいからだと思う。以前はあまり好きではなかった“I'll Cry Instead”や、"When I Get Home"、"You Can't Do That" などの曲が、なんてカッコイイ曲なんだろうと思えるようになったのだった。そしてジョンの才能を改めて再評価したりもしたものだ。

つまりアルバムの隅から隅まで最高の曲が並んでいるということだ。全収録時間がわずか30分28秒ということだから、世界で最も至福に満ちた30分間を与えてくれるアルバム、ということでギネスブックに認定!(してほしい)

最後に、個人的にこのアルバムで最も好きな曲をピックアップして終わりとしたい。(全曲好きなので、無理やり3曲だけ選んでみた)

“I Should Have Known Better”
ビートルズ初期ならではのジョンの明るいラブソング。聴くだけで幸せになれそうだ。

“IF I Fell”
ただただ美しい。ビートルズにしか作れない極上のラブバラード。

“I'll Be Back”
何百回聴いても飽きのこない名曲中の名曲。一番好きなビートルズソングと思うときさえある。

参考:ハード・デイズ・ナイト [remastered]


コメント
非公開コメント

私も、ハード・デイズ・ナイト、大好きです!一曲一曲のクオリティが半端ない!ジョンの曲が大量に入っていて、それでいて粒揃いなのは、当時のジョンが、作曲家としてのピークを迎えていた事が感じられます!一方、ポールも曲数は少ないながらも、どれも、中々良いですね!たしかにサウンドは今に比べたら多少は古いのかもしれませんが、間違いなくビートルズ初期の最高傑作だと思います!

2008-09-08 11:04 │ from RemainURL Edit

Remainさん

コメントありがとうございます。若い方にもこのアルバムの良さがわかっていただけて嬉しいです。初期のジョンの活躍には超ポールえこひいきの僕でも脱帽というところがあります。後期のジョンの曲はそれほど好きでないものがけっこうありますが、初期の曲はほとんどが好きですね。デビューから最初の3年間だけでもジョンの功績は歴史に残っていたでしょう。

2008-09-08 17:50 │ from 管理人URL

このアルバムじゃないのですが、ビートルズのファーストだとplease please meより輸入盤のmeet the beatles を普段は聴いている人のほうが多いのですか?

2016-07-01 07:02 │ from かずひろURL

かずひろさん

今ではMeet The Beatlesを聴く人はほとんどいないですね。ただ年配のアメリカ人にとってはMeet The Beatlesはかなりの思い入れがあるというのはよく聞く話です。この話をするには各国の編集盤について理解する必要がありますので、以下ウィキペディアの解説を読んでみてくださいね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%BA

2016-07-01 12:37 │ from 管理人URL

If I Fell

はじめまして、望月と申します。
60~70年代の洋楽が好きな30歳の男性です。
僕はビートルズの曲の中では、この"A Hard Day's Night"に収録されているIf I Fellが一番好きです。
時々ブログにお邪魔するかもしれませんが、今後とも宜しくお願い致します。

2016-08-14 17:51 │ from 望月URL Edit

望月さん

はじめまして。コメントお待ちしています。今後ともよろしくどうぞ。

2016-08-14 20:28 │ from 管理人URL

ビートルズ

初めましてソルジャーと申します
ポールファン歴はまだまだ浅いほうです
最も好きな曲はAnd I Love Herです
宜しくお願い致します

2017-04-13 12:34 │ from ソルジャーURL Edit

No title

ソルジャーさん

よろしくお願いします。またコメントくださいね。

2017-04-14 09:17 │ from Macca go go go 管理人URL