FC2ブログ

ポール、ビリー・ジョエルのライブに飛び入り出演 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » ポール、ビリー・ジョエルのライブに飛び入り出演

ポール、ビリー・ジョエルのライブに飛び入り出演

7月20日に、ポールがカナダのケベック市創立400周年記念コンサートを行なうことはすでに当ブログでお伝えしたが、そのわずか2日前の7月18日にポールは歴史的コンサートのサプライズ・ゲストとして登場し、大喝采を浴びた。

“Last Play at Shea”と名付けられたニューヨーク・シェイ・スタジアムでのビリー・ジョエルのライブにポールが飛び入り出演したのである。

僕のようなオールド・ファンにとっては“シェア”・スタジアムという名前でおなじみの野球場。ここはビートルズが1965年に世界で初めて野球場でコンサートを行なった伝説の場所でもある。

この球場が建てられたのが1964年、それから34年という月日が流れ、老朽化によってこの球場が取り壊されることが決定したのだった。

そこで、この球場で最後にコンサートを行なうことになったのがニューヨーカーでもあり、ビートルズとポールをこよなく愛する御大ビリー・ジョエルであった。

つまり“Last Play at Shea”というのはシェイ・スタジアムでの最後のライブパフォーマンスを意味しているわけだ。

この球場で最初にコンサートを行なったのがビートルズ。
この球場で最後にコンサートを行なったのがビリー・ジョエル。
これらの事実は永遠に人類の記憶に残ることだろう。

そして、33年の時を超え、今このラスト・コンサートにポールが飛び入り出演したのである。
なんとも感慨深い出来事ではないか。そして、これほど的を得たサプライズ・ゲストというのもポール以外には考えられないだろう。

5万人以上の聴衆を前にポールが演奏したのは“I Saw Her Standing There”と“Let It Be”の2曲。選曲は個人的には正直いただけないが、ポールが出てくれただけでも嬉しいからまあよしとしようか。どうせならビリーと“Twist and Shout”なんかをやってくれても面白かったと思うのだが…。

当然このライブの模様はDVDで発売されると思われる。純粋にビリーのライブとしても興味があるので、発売したらチェックしてみようと思う。
また画質・音質は悪いものの、You Tubeにいくつか個人が投稿したビデオがあるようなので、興味のある方は雰囲気だけでも感じてみてほしい。

http://jp.youtube.com/watch?v=ej79QtkMEps

話変わって、その2日後に行われたケベックの無料コンサートは20万人以上を集めたといわれ、ライブの評判もニュースを読むかぎり上々であった。しかし、僕がYou Tubeで確認したかぎり、ポールの声の調子はあまりいいとは思われなかった。
また選曲的にも特に目新しいものはなく、全体的にはキエフのコンサートのほうが出来が良いと思われる。


コメント
非公開コメント