FC2ブログ

ダーニ・ハリソンの映像 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ジョージ・ハリスン » ダーニ・ハリソンの映像

ダーニ・ハリソンの映像

珍しいダーニ・ハリソン(ジョージの息子)の映像を見つけた。
http://alicia-h.livejournal.com/16708.html

“Concert for George”でまさに若い頃のジョージと瓜二つの姿を見て腰を抜かしそうになったのを思い出してしまった(笑)。
ポールは「ダーニと一緒にステージにいると、僕たち皆が年を取って、ジョージだけが昔のままここにいるように思える。」と語ったそうだ。

考えてみると、ビートルズ4人のメンバーすべてが息子をもうけており、全員がなんらかの形で音楽に関わっているというのは今さらながら興味深い。

個人的には一番期待したい我らがポールの息子ジェイムスは、残念ながら音楽的な才能はあまり受け継いでいないようである。ずいぶん前からポールとアルバムを共作しているという噂もあるが、それも未だに実現していない。世の中、なかなかうまくいかないものだ。
その代わり、といってはなんだが、ステラが世界的なファッション・デザイナーとして大成したことはあまりにも有名である。またメアリーもカメラマンとしてある程度の成功を収めているようである。

かつて最も期待されたのはジョンの息子ジュリアンであろう。父親ゆずりのヴォーカルと、優れた音楽的センスに心を動かされたファンは多いはずだ。ファーストアルバムの“Valotte”は日本でもかなり売れたが(全米は17位)、それ以降彼の活動を追いかけている人はあまりいないように思われる。素質はすばらしいだけにもう少し売れてもよかったのに、と思う。
調べてみると80年代~90年代にかけてアルバムを5枚発売しているが、ここ10年ほどはそれほど目立った活動はしていないようだ。
ジョンのもう一人の息子ショーンも彼なりのやり方で音楽活動を続けているようである。

最後に、最も優れた音楽的才能がリンゴから生まれたというのはなんとも皮肉な話である。(世の中というのは大体がこういう風にできている)
リンゴの息子ザック・スターキー。彼は親の七光りとは全く何の関係もなく、その才能を浮き沈みの激しい音楽界で見事に開花させた。現在もザ・フーの正ドラマーとして君臨する他、オアシスやポール・ウェラーなどのビッグネームのレコーディングに参加するなど、紛れもなく第一線でその地位を確立している。これは本当にすごいことだ。

参考:“Concert For George


コメント
非公開コメント

はじめまして。
いつも楽しみに読ませていただいています。
ところで、ポールの娘でカメラマンとしてそこそこ活動しているのは次女のメアリーです。
リンダさんの連れ子でのちにポールの養女となった長女のヘザーは陶芸をやっていて、独自ブランドを立ち上げたとニュースになったこともありましたが、その後の消息は不明です。
それにしても、ほんとにジェイムズに音楽的才能が遺伝していなさそうなのは、非常に残念ですね。

2008-07-04 23:15 │ from まゆみんURL

まゆみんさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
僕としたことが!たしかに写真家となったのはメアリーのまちがいでした。早速修正しました。ご指摘ありがとうございました。今後もまたコメントお寄せくださいね。

2008-07-04 23:55 │ from 管理人URL

息子

期末テストが一段落したので、コメントさせて下さい!

まず、管理人さんの体調の方が心配です。記事に体調不良と書いてあったので、とても心配です。

 リンゴの息子は本当に第一線で活躍していて、すごいですよね。あと、現在ショーンは日本でホンダのCMに自ら出演していますよね!あのCMのためにショーンが作ったFreeという曲、個人的には結構好きです!

2008-07-05 17:20 │ from RemainURL Edit

Remainさん

期末テストおつかれさま!これで楽しい夏休みを待つばかりでしょうか(笑)
ショーンが出演しているのはホンダのフリードですね!僕もつい最近まで知らなかったですが、曲まで作っていたとは…。不思議と耳に残っているのは、やはり偉大な父の影響でしょうか。ポップな曲だし、声もジョンにあまり似てないところが逆にいい感じ、と個人的には思いました。
と、書いていたら、今まさにフリードのCMがオンエア!(笑)ショーンも立派な男になりましたねえ。

体調をご心配いただきありがとうございます。だるい、眠いは相変わらずなのですが、少しずついい方向には向かっているようです。記事を書く回数が増えてきたのがその証拠でしょう。

2008-07-05 22:43 │ from 管理人URL