FC2ブログ

ポールの曲 “So Bad(ソー・バッド)”(追加再掲) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “So Bad(ソー・バッド)”(追加再掲)

ポールの曲 “So Bad(ソー・バッド)”(追加再掲)

この曲は一度取り上げているのだが、DVDが出た記念に同曲のプロモビデオについて加筆し、以下再掲する。
今回DVDに収録された多数のプロモビデオの中でも、個人的におそらく一番好きなビデオである。

ポールにしては映像的に見て非常にプロフェッショナルな仕事を強く感じさせる作品となっている。
全体的な印象として、ポール・マッカートニーという人は映像面にはあまりこだわらない人じゃないかと思っている。彼が創り出す音楽に比べると、ヴィジュアル面については多分に控えめな印象を受けてしまうからだ。少なくともかつてのマイケル・ジャクソンなどのように、MTVを強く意識したような映像作りには積極的に挑戦してはいない(センスのいい人なので、やろうと思えばできるはずなのだが)。しかし、そこに僕は「オレはミュージシャンなんだからあくまでも音楽で勝負する」といったポール独特のミュージシャン魂を感じたりしてしまうわけである。僕が勝手にそう思っているだけなのかもしれないが・・・。

ともかくこのビデオに出てくるメンバーは全員がとてもカッコよく見える。ポールは普段にも増してハンサムで、優しさと切なさが内側からにじみ出てくるようだし、リンダは化粧がばっちり決まっていて、まるで別人のように美しくセクシーである。リンゴはいくつかの映像作品でポールと共演しているが、やはりこのビデオが一番美しく映っているように思える。しかし、エリック・スチュアートはこんなにも優しい感じの人だったんだな…。(珍しくサングラスを外している)
それにポールがコメンタリーでも語っているように、このビデオはとてもいい雰囲気で撮影されたことがよくわかる。

実は僕が持っている“Pipes of Peace”はCD化された直後のもので音があまり良くないのだが、このDVDでは音が格段に良くなっている。そのうち音だけを落としてMP3に変換してやろうと思っている。

このビデオを観ていると、結局ポールという人は実際に演奏している姿というのが一番カッコイイんだよな、なんて思ってしまう。ストーリー性を持たせた作品もいいけれど、やっぱりポールは俳優にはなりきれない。彼は生まれながらのミュージシャンなのだ。

以下はちょうど約1年前、2006年12月13日に掲載した記事である。

ポールのファルセット・ヴォイスが印象的な美しいラヴ・バラード。
ビートルズ時代にも匹敵する創造力の息吹を感じさせる名曲である。
今やマッカートニー・スタンダードの一曲にも挙げられるだろう。

詩の内容は極めてシンプル。

心の中が痛むんだ
君は大切な人

君のことをどうしようもなく愛してしまったんだ

君がいなくなると
痛みも去ってゆくけれど
それは僕にとっては良くないこと

君のことをどうしようもなく愛してしまったんだ

(抄訳)

ビートルズ初期にもつながるようなシンプルなラヴソングである。
余談になってしまうが、ビートルズ初期のストレートなラヴソングには思わず顔を赤らめてしまうようなものが多かった。
「愛は金で買えない」(Can't Buy Me Love)などはまだいいほうで、「君の手を握りたい」(I Want to Hold Your Hand)、「彼女は君が好き」(She Loves You)、「僕から君へ」(From Me to You)などなど。
ある意味無邪気で、純粋無垢な愛の歌がビートルズの原点であった。つまり、“So Bad”もそういう曲のひとつということだ。

演奏面では、特にメロディアスで溜めのきいたポールならではのベースプレイはファンをうならせるだろうし、リンダのキーボードとコーラスも、ことこの曲に関しては全く見事という他はない。ポールをしっかりとサポートしている。

映像としては、シングル発売用のプロモーションビデオと映画“Give My Regards to Broad Street ”の演奏シーンがどちらも甲乙つけがたい出来となっている。
特にファンとして嬉しいのは、どちらのビデオでもリンゴがバックでドラムを叩いていることである。
ポールはまだまだ若々しくてカッコよく、リンダも美しい。今から考えると全く夢のようなシーンであり、貴重な映像だ。

この“So Bad”が収録されているアルバム““Pipes of Peace”は、大ヒットした“Tug of War”の次に発表された。
不思議なのは、このアルバムがそれほどヒットしなかったということだ。
なにしろシングル“Say Say Say”は全米No.1を記録していたし、アルバムと同名のシングル盤“Pipes of Peace”はイギリスでNo.1になった。
他の収録曲にしても、決して悪い曲が並んでいるというわけでもない。(実際Amazon.co.jpで検索すると、このアルバムの検索結果はポールの全アルバムの中でも割と上位に位置していた)
にもかかわらず、アルバムは全米でNo.1を取れなかったのだ。そして、結局現在に至るまで全米No.1のアルバムは生まれていない。
実際このアルバム以降、アメリカにおけるポールのアルバムの売り上げは激減の道をたどることになる。だが、その話はまた時を改めることにしよう。

ともかく、売れようが売れまいが、ポールが天才の輝きを失っていないことを示したのがこの曲“So Bad”だった。
コメント
非公開コメント

むしろポールは映像表現にきわめてこだわりのある人では?ビートルズ時代のMMTはいうに及ばず、ウイングス時代にもBack to the eggの映像化なんてすごいことをやってますし、say say sayのプロモも巨額を投資してますね。あまりにお金をかけすぎてなかなか発表できなかったプリティリトルヘッドなんてのもあります。ナイジェルケネディと共演したワンスアポンアロングアゴーも力作でMTV等では公開されずセル専用でしたね。

2010-04-24 10:28 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
過去記事へのコメントありがとうございます。じょんじーさんの言われることも一面では真実だと思います。ただ、それが長続きしないというか、多分に気まぐれなんですよね。“カミング・アップ”のような極めて手のかかるものも作ったかと思えば、“プレス”では地下鉄の中で一発撮り?してみたり。でも“プレス”逆にそこが新鮮で好きなビデオではあります。

2010-04-24 11:16 │ from 管理人URL

たぶんに趣味的でそれゆえに真剣なのかもしれませんね。つまり商業主義オンリーでないというか・・・プレスはとても新鮮で斬新です。ほんとうのしろくまつかったウォータホールズなんてのもありましたね。映画みたいだったパイプスオブピースもよかった。

2010-04-24 14:57 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。たしかに商業主義オンリーではないですね。金のために何かをやるのではない。なのに大金持ち~。なんという幸せなお方なのでしょうか。

2010-04-24 18:49 │ from 管理人URL

お邪魔します。
じょんじーサンのご指摘のように、ポールはビジュアル面でのアプローチに結構こだわってる気は、しますよね。 2002年の日本公演でも、バックに大きなモニターを設置して、曲ごとにイメージビデオを作っていましたし。
「プリティ・リトル・ヘッド」、プロモもよかったですが、私はシングルヴァージョンのテンポの早いほうが好きですねー。 だもんで、アルバムを聞いた時は、「なんじゃこのシュールなアレンジは?」 と、だいぶガッカリしたものです(笑)。 「プリティ・リトル・ヘッド」 のシングル・ヴァージョンって、CD化されていますか?
「プレス」 のPVもよかったですが、いきなりどっきりタイプの演出だったのに、地下鉄のまわりの反応があまりファナティックじゃなくって、最初に見た時は 「さすがにビートルズ時代とは違うか…」 と思った覚えがあります。
「ソー・バッド」 って、リンゴが 「ボボボン」 って自分のドラムを口真似していて(笑)、さすがリンゴ、自分のドラムの特徴をわきまえていらっしゃる(笑)、と思ったものです。 この曲、コード的にもそんなに複雑じゃないのに、見事なポールの世界。 うなります。

2010-05-01 13:33 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。「プリティ・リトル・ヘッド」のシングル・ヴァージョンは私も聴いた覚えがなく知らないですね(プロモ・ビデオで流れてたものですか?)。それほど好きな曲でもないので、調べるほどの気力もない私…。でもあの曲は時間がかかってるって気はしますね。ポールの意欲作であることはまちがいないですし、今ではあれもまたポールだと受け入れられるようになりました(年のせいか?)

2010-05-01 16:11 │ from 管理人URL

再レスいたします。
「プリティ・リトル・ヘッド」 のシングル・ヴァージョンについて、です。
たぶん、PVヴァージョンではないかなー、と思います。
シルエットの人間が、坂道を転がったりするヤツじゃないですか、そのPV?
PVについては詳しくないので分からないのですが、どうも 「シングル・ヴァージョン」 と 「ロング・ヴァージョン」 というのがあるみたいです。 ポール、いろいろ作りすぎ…(笑)。 特に当時は、12インチシングル、なんて下らない流行がありましたからねー(笑)。 ポールも流行大好き人間なので、そのブームに乗りまくってましたよね(笑)。
さすがに私も、そのすべてを聴きたいほどの、ポールフェチにはなりきれません…(笑)。

あ、それと、「プレス・トゥ・プレイ」 からのPVで私がサイコーだ!と思うのは、「オンリー・ラヴ・リメインズ」 です。 ワンカメで一発撮りしているように見えるのですが、どうやって撮ったのか、未だに謎です。 曲も、サイコーですしね!

スイマセン、ポールについて話をしだすと、止まらなくて…(笑)。

2010-05-02 00:20 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。「オンリー・ラヴ・リメインズ」は僕も大好きで、ポールのベストバラードの1曲だと思っています。ビデオもよい出来ですね。アルバムでは「フット・プリンツ」からの流れも好きです。

2010-05-03 11:19 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/304-3179e9fe