FC2ブログ

マッカートニー・ミュージックの魔力 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » マッカートニー・ミュージックの魔力

マッカートニー・ミュージックの魔力

初めてビートルズを聴いてから、もうかれこれ30年になる。僕はジョンもジョージもリンゴも好きだが、この長い間にほとんどインターバルを置かず、ずっと聴き続けてきたのはポールだけである。1978年頃からはリアルタイムで彼のソロ作品もずっと追いかけてきた。

彼が現在の2007年もまだ僕たちと共に在り、現役バリバリで新作を発表し続けているという事実だけでも信じられない奇跡に思える。顔のシワはたしかに増えはしたが、65才になったポールはいまだに若々しく、特に彼のスピリットは全くといっていいほど老いというものを感じさせない。その不変の精神は不滅のマッカートニー・サウンドをあたかも象徴しているかのようである。

実を言うと、30年も同じ音楽を飽きもせずに繰り返し聴き続けてきていることに、自分の事ながら驚き呆れているのである。仮にビートルズは別格扱いにしたとしても、ポールのソロ作品だけを見ればごく一部の傑作を除いて、ビートルズのクオリティには遠く及ばないことは一目瞭然と思われるからだ。だがそれは頭の中で考える話であって、現実はそう簡単に理屈で割り切れるものではない。

かなり前から、CDの曲をMP3に変換してパソコンに保存するという作業を行なっている。そのときに必ず考えるのは、どの曲を残し、どの曲を捨てるのかということだ。長年音楽を聴き続けてきた経験上、今後ほとんど聴かないであろうと思われる曲はあえてMP3には変換せずに「捨てる」という選択をするわけである。
ビートルズに関していえば、捨て曲はとても少ない。例を挙げるなら、“Within Without You”、“Revolution No.9”、“Wild Honey Pie”のような曲になる。
だがポールのソロ・アルバムから曲を選ぶとなると、1枚のアルバムの半分くらいが捨て曲になってしまうことがよくあるのだ。(少なくとも最初はそうだった)
しかしである、話はそこで終わらない。
もう聴かないだろうと捨て曲に選んだはずの曲が、どういう風の吹き回しか突然聴きたくなってしまうということが実に頻繁に起こるのである。その度に、CDを押入れから引っ張り出してきては、一度は捨てたはずの曲を追加でMP3に変換するという作業を繰り返すことになる。

そういった作業を何度か繰り返したあとに気付いたのは、ビートルズとポールのソロに関しては、よほどの事がないかぎり捨て曲にしないほうがよいということだ。つまり大抵の曲は全部MP3に変換しておいたほうが、あとで面倒臭いことにならなくてよいのである。

最近では、果たしてポールの作った曲に駄作というものが存在するのかさえもがわからなくなってくる始末である。時々彼の曲がつまらないと思えるのは、実は曲自体に問題があるのではなくて、聴き手である自分の方に問題があるだけなのではないか?などと真剣に考えてみたりするようになった。
実際、好きでなかったポールの曲が、ある時を境に大好きになってしまうという経験を今までいったいどれだけしてきたことかわからない。
最近では“How Kind of You”が嫌いな曲から大好きな曲に変身してしまった好例である。“How Kind of You”などはまだそれほど時間が経っていないほうで、10年以上経ってやっと曲の良さがわかるなどということもしばしばである。
今後絶対に聴かないのは“Kreen-Akrore”ぐらいだろうか。だが、それにしたって確信があるというわけではない。

つまり、それこそがマッカートニー・ミュージックの魔力であり、世界中で僕のような人々を惹きつけ続けてやまない理由なのではないだろうか。彼の音楽は、長い年月を経てもけっして色褪せない永遠の輝きを放ち続ける。それは凡人の理解を超えている。
少なくとも僕にとっては、それは真実だ。
コメント
非公開コメント

全くの同感です

初めまして、東京在住のポールファンですが、このブログを最近見つけまして読ませていただいてます。多分同世代くらいなのではないでしょうか?私もポールのソロはLondon Townの78年からリアルタイムですから。。。80年の武道館は2枚チケット持ってて悔しい思いもしました。

暫くして好きになるというのは私もポールの場合よくありますよ。前作のHow kind of youとかAt the mercy,最新作ではYou tell meやGratitudeなんかがそれに該当します。

それと、この2作品は70年代の作品のようなパンチのある曲はありませんが、非常に飽きの来ない曲ばかりで、Chaosなんかはもう2年半前のリリースなのに今でもしょっちゅう聞いてしまいますし、曲を飛ばして聞いてしまうことも殆どありませんね。どうしても好きになれないアルバムはDriving Rainです。 2-3曲以外飛ばしてしまいます。
新作レコーディングの情報もありますが楽しみですよね。また御邪魔させていただきたく、よろしくお願いします!

2008-04-09 12:25 │ from Tets44URL

No title

Tets44さん

はじめまして!コメントありがとうございます。
ハンドルネームから察するに、ひょっとして、お名前はテツなにがしさんで、44才でしょうか??何を隠そう、私は名前がテツヤで44才なのです!(もうすぐ45ですが)。勝手な想像ですが、もしそうだとしたら恐ろしい偶然ですよね。
同世代の方からのコメントは本当に嬉しく思います。これからもポールについて大いに語り合いましょう!よろしくお願いいたします。

2008-04-11 18:36 │ from 管理者URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/295-7de2b23e