FC2ブログ

2台目のMP3プレーヤー その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 未分類 » 2台目のMP3プレーヤー その2

2台目のMP3プレーヤー その2

早くも新しいMP3プレーヤーが届いた。日曜の夜にコンビニで支払い、実際に商品が届いたのが火曜日という速さである。1~2週間は待たされるのが当たり前だった時代は、もうとうの昔の話になってしまったようだ。

火曜の夜に仕事から帰ると、さっそく開梱。マニュアルなど読まずに、パソコンからサッサと音楽ファイルの転送を始める。まずは何の問題もなく直感的に操作ができるのがよい。
とにかく聴きたい曲を片っ端からプレーヤーに転送してゆく。ちなみに僕はMP3ファイルは基本的に320kしか認めない主義だ。巷では128kが当たり前のように流通しているが、いくら収録曲数が増えるとはいえ、音質を下げてまでプレーヤーに詰め込む人の気持ちが僕にはどうしてもわからない。
320kだと1曲のファイルの大きさは大体10メガ前後になる(たしかに容量的には大きくなる)。今まで使っていた512メガのプレーヤーなら約50曲程度しか入らない計算だが、今回購入したプレーヤーの容量は2ギガ。320kのファイルでも約200曲は入る計算になる。たしかに128kまでに落とせば500曲以上は入るのだが、携帯用プレーヤーとして200曲も入れば僕としては十分である。それでも足らなければSDカードで1ギガ~2ギガの追加も可能になっているから必要に応じて補えばよい。

ファイルの転送が終わったので、いよいよ試聴にとりかかる。初めに聴きたいと思ったのは最近特に聴き込んでいたビートルズの“Abbey Road”とポールの“Chaos and Creation~”である。ヘッドフォンはわざと今まで使っていたものと取り替えて、まずはこのプレーヤー単体の実力を試してみることにする。

正直耳を疑うほどの素晴らしいサウンドが僕の頭の中に広がった。
“Chaos and Creation~”など全く別モノのアルバムに聴こえる。それは微妙な空気感までもが伝わってくるようで、一瞬感動に涙がこぼれそうになったほどである。やはりこのアルバムはいろんな意味で基準になっていくのだろう。
MP3プレーヤーなんて、どうせどれも同じようなものだろうと思い込んでいたが、一万円以下の製品でさえこれだけの差があるのだから、金さえかければもっともっと良い音が聴けるのかもしれない。
ともかく差し当っては個人的には十分に満足できるサウンドである。(ひょっとしたら、今までがひどすぎた?)
特に音の広がりと、音量を上げても耳障りにならない安定感のあるサウンドが気に入った。

しばらく試聴したあと、付属のヘッドフォンに取り替えてみたが、音はともかく、どうも耳にフィットしない感じが気に入らない。この時点でヘッドフォンも買い替えを決定。
追加の出費が痛いところだが、安くて人気のある製品ということで、ゼンハイザーのCX300SILVERを購入した。価格は約4,000円。前回と同じく耳の穴にすっぽりと入るタイプのヘッドフォンである。(感覚的にはイヤホンに近い)
結果的にこちらも買い替えて大正解だった。ヘッドフォンだけで、音のクオリティがさらに2段階ほどアップしたように感じられる。これで4,000円ならコストパフォーマンスはかなり高い製品だと思う。

人また人であふれ返っている新宿駅の雑踏も、このプレーヤーがあればさほど苦にならない。今朝も大音量で“The Ballad of John and Yoko”を聴きながら人込みの中を歩く瞬間が心に残った。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/286-82167d44