FC2ブログ

ジョージマーティンの最新インタビュー抜粋(2) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » ジョージマーティンの最新インタビュー抜粋(2)

ジョージマーティンの最新インタビュー抜粋(2)

ジョージやリンゴとの関係はどうだったんですか?

Martin: 初めの頃、ジョージはポールからもジョンからも手を貸してもらえなかった。私は彼を励ますというよりは、なんとか我慢しているといったかんじだった。彼はいい曲が1曲も書けなかったのだ。その事で彼は苦しんでいたし、しばらくの間、彼はつらい時を過ごしていた。それが実際に起こってしまったことだし、少し罪悪感を抱いているよ。彼が突然良い曲を書き始めたとき、私は一生懸命彼を手助けしようとした。だが、そのときには時すでに遅しだった。とはいえ、私は世界最高のソングライター2人を相手にしなければならなかったのだから、全く自分を責めるつもりはないよ。

リンゴはいつも過小評価されているが、彼のバンドへの貢献度は大変なものだ。“LOVE”の製作期間中に、私はリンゴにその事を伝えたんだがね。というのも、“LOVE”を作っていくうちに、そのことが次第に明らかになったからだ。彼のドラミングを一本に繋げることで、実際にショーを盛り上げていったんだよ。「リンゴ、すごい仕事を残したもんだな。君のドラミングが全体をすばらしくまとめているんだ。」彼は私を見て、ただ一言こう言ったよ「わかってるよ」。ほかには何も言わなかった。ただ一言「わかってるよ。」だ。


6月1日は“Sgt. Pepper”の40周年ですね。なぜこのアルバムには今でもその周囲にオーラが漂っているのでしょう。「音楽史上最高のアルバム」などとも言われていますね。

Martin: “Pepper”は偉大なアルバムだが、私は“Abbey Road”のほうがよいと思っていた。“Revolver”も優れたアルバムだと思う。だが、“Pepper”について重要な事は、それまでに類を見ないアルバムであったということだ。フォードの新車種ではなく、見たこともない全く新しい車だったのだ。そういう意味では、1935年製のロールス・ロイスは今でも美しいし、“Sgt. Pepper”は今でも美しい。

一般的に、ジョンはエモーショナルで生まれながらの反逆児。ポールは職人的という印象ですが。それは正しいでしょうか?

Martin: ジョンとポールは同じコインの表裏だった。彼らは驚くほど似ていたのだ。人々はいつも彼らの違いに目をつけた。彼らはジョンが反逆児で、テディボーイで、突然とんでもない行動を起こす男と言いたがったし、ポールは万人が好む甘いメロディーを書くやさ男だった。だが、それはまちがいだ。それは2人にとって失礼な一般論だよ。
“Julia”よりも感傷的な曲は書けないだろうし、“Across the Universe”よりも浮世離れした曲は書けないだろう。それに“Helter Skelter”を書いたのはポールときている。その上、“A Day in the Life”のような曲では、彼らは助け合って曲を作り、すばらしい結果を残したのだ。


2人の仕事のやり方に違いはありましたか?

Martin: ポールが“Yesterday”や“Eleanor Rigby”のような曲をやりたいとする。彼は私と一緒にピアノに座り、何をやりたいのかを確認し、そのあとで私がスコアを書いたものだ。いっぽうジョンはといえば、彼は人に物を頼む傾向があった。“I am the Walrus”をやるとき、ジョンは私に「この曲にスコアを書いてほしい。」と言った。私が使いたい楽器について尋ねると、彼は言った、「あんたがいつもやってることだよ。チェロとか、管楽器とか、そういった類いだ。」私は彼から何のインプットもないまま一人取り残され、“I am the Walrus”のスコアを書くことになった。そんなわけで、私はできる限り奇妙な感じに曲を仕上げたのだ。私は本物の聖歌隊に予約を入れ、「ハハハ」「ヒヒヒ」「ホホホ」などのコーラスを付け加えた。ジョンがそれを聴いた時、彼は転げ回って笑ったものだよ。
コメント
非公開コメント

ジョージ・マーティンさん 安らかに

ジョージ・マーティンさん。ビートルズを世界に紹介してくれてありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。

しかし、ポールのショックはいかほどのものでしょう。

2016-03-09 19:30 │ from dandanURL

dandanさん

dandanさんのコメントで訃報を知りました。ありがとうございました。

2016-03-12 17:56 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/282-f2f02901