FC2ブログ

“Memory Almost Full” ビルボード3週目も5位にとどまる - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » “Memory Almost Full” ビルボード3週目も5位にとどまる

“Memory Almost Full” ビルボード3週目も5位にとどまる

Memory Almost Full”がアメリカで好調なセールスを続けている。初登場で3位にランクされた同アルバムは、2週目も3位、そして3週目も5位にとどまることがわかった。
ちなみに前作“Chaos and Creation~”は6位に初登場し、2週目は16位、3週目は32位だった。チャート順位だけを見ると今回は大幅に改善というか、アップしていることになる。
ただ個人的には「メモリー」も「ケイオス」も完成度にそう大きな差があるとは思えない。どちらも全米1位になっても全くおかしくない名盤だと思っているので、このセールスの開きは明らかに変だと思う。
結局のところ、「ケイオス」のときにはやはりキャピトルがアルバムのプロモーションを手抜きしたのが響いたのではないだろうか。たしかに今回のスターバックスのプロモーション活動は目を見張るものがあり、ポールのレコード会社移籍の決断は正しかったと思うのである。

さらに遡って、ポールのビルボードにおけるアルバムチャートを確認してみた。

Back in the U.S.” 最高位8位、3週目22位
Driving Rain” トップ10入りせず
Wingspan” 最高位2位、3週目12位
Flaming Pie” 最高位2位、3週目12位
Pipes of Peace”~“Off the Ground”まで8枚連続トップ10入りせず(ベスト、ライブ盤を含む)
Tug of War” 最高位1位、3週目1位

つまり今回のチャートアクションは何と25年前の“Tug of War”以来の大ブレイクといえるのだ。
というわけでアメリカのチャートだけを見れば、70年代にあれほどヒットをかっ飛ばし続けていたポール・マッカートニーが、実に四半世紀もの間低迷を続けていたという見方さえできることになる。
ともかく今回のヒットはファンとしても実に嬉しいニュースである。少なくともあと2~3週間はトップ10内にとどまってほしいと思う。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/279-15c3d122