FC2ブログ

歴史が今作られる - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » 歴史が今作られる

歴史が今作られる

発売日までアルバム収録曲を一切耳にしない…。
そんな固い誓いなどどこへやら。ひとたび禁を破ってしまったが最後、堰を切ったように1曲、また1曲とポールの新曲に手を出してしまう始末。我ながらまったく仕方のない性格だと思う。
といってもまだ全曲を聴き終えたわけではないが、悪い音質で半分以上の曲を聴き、CDに近い音質で6曲をフルコーラスで聴くに至っている。

現時点での印象は、まちがいなくポールの全ソロキャリアの中でも最高傑作の部類に入るであろうということだ。
いつかこのブログでも書いたように、なんらかの原因でマッカートニーの音楽が陰影の質を帯びるとき、それはいとも簡単に世界最高レベルの楽曲へと昇華する。
今考えると、シングルカットされる2曲“Dance Tonight”と“Ever Present Past”は、ポールのソロワークを聴き続けてきたファンにしてみれば、予想を裏切るようなものではまるでなく、むしろいつもの安心して聴けるマッカートニーサウンドであった。
そして、ポールはわざと意図的にシングルにこの2曲を持ってきたように思える。

なぜなら、それら2曲以外はどの曲も僕たちファンの予想を遥かに上回るような作品で占められているらしいからだ。
なぜ今ごろになってポールは突如創造性の翼を再び広げ始めたのか…。
僕は正直驚きと、畏敬の念で圧倒されている。
おそるべしポール・マッカートニー…。
長年ポールを聴き続け、彼の音楽を知ったような気になっていたが、とんでもない間違いであったことに気がついた。
ポールは他の追随を全く許さない現代最高のミュージック・クリエイターであり、音楽界における不世出の大巨人である。誰一人、彼に近づくことすら不可能だ。

“Memory Almost Full”で、ポールはその事を世界に完全に知らしめるだろう。
ファンの僕たちさえもが驚愕の坩堝に叩き落されるこの圧倒的な力量を見よ!。世界よ思い知れ!
これがポールなのだ。これが本物のポールの実力だ!
そして歴史は今作られる。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/266-5c1c111b