FC2ブログ

ポールのアルバム発売間隔 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » ポールのアルバム発売間隔

ポールのアルバム発売間隔

最近のポールにしては異例ともいえるスピードリリースになりそうなニューアルバム“Memory Almost Full”。前作“Chaos and Creation in the Backyard”から1年9ヶ月ぶりの発売となる。
この早さにはきっと多くのファンが嬉しい悲鳴を上げていることだろう。

そこで、ポールがアルバムをリリースしてきた間隔について調べてみた。
ライブアルバムや、カバーアルバム、そして映画のサントラとなった“Give My Regards to Broad Street”等は除いたオリジナルのアルバムのみを対象とし、またリリース時期は本国イギリスを基準に置いた。

McCARTNEY 1970年4月
1年1ヶ月
RAM 1971年5月
7ヶ月
WINGS WILD LIFE 1971年12月
1年5ヶ月
RED ROSE SPEEDWAY 1973年5月
7ヶ月
BAND ON THE RUN 1973年12月
1年5ヶ月
VENUS AND MARS 1975年5月
10ヶ月
WINGS AT THE SPEED OF SOUND 1976年3月
2年
LONDON TOWN 1978年3月
1年3ヶ月
BACK TO THE EGG 1979年6月
11ヶ月
McCARTNEYⅡ 1980年5月
1年11ヶ月
TUG OF WAR 1982年4月
1年6ヶ月
PIPES OF PEACE 1983年10月
2年11ヶ月
PRESS TO PLAY 1986年9月
2年9ヶ月
FLOWERS IN THE DIRT 1989年6月
1年11ヶ月
OFF THE GROUND 1991年5月
6年
FLAMING PIE 1997年5月
4年6ヶ月
DRIVING RAIN 2001年11月
3年10ヶ月
CHAOS AND CREATION IN THE BACKYARD 2005年9月
1年9ヶ月
MEMORY ALMOST FULL 2007年6月

ポールは元来かなり多作なアーティストである。特にビートルズ解散後の70年代は凄いペースでアルバムを量産した。70年代には、前作から1年以内に発売しているアルバムが3枚もある。
特に興味深いのは、マッカートニーの最高傑作といわれる“Band on the Run”が前作からわずか7ヶ月のインターバルを置いて発売されていることだ。
これを見ても、作品の良し悪しと製作期間とはあまり関係のないことがよくわかる。

それにしても、90年代以降のポールはめっきりアルバム製作のペースが落ちてしまった。
“Off the Ground”から“Flaming Pie”までは実に6年。続く“Driving Rain”までは4年半。その次の“Chaos~”までは3年10ヶ月を要した。
ただ一つの救いは、ポールが90年以降本格的にステージ復帰を果たしたことだろう。それがなければ、ファンにとってはあまりにも寂しい過去20年となるはずだった。

それだけに今回のスピードリリースはポールが再び“本気モード”に突入したことを示すサインだと個人的には捉えたいと思う。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/251-c6dbb3d2