FC2ブログ

The Capitol Albums, Vol. 1 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » The Capitol Albums, Vol. 1

The Capitol Albums, Vol. 1

ビートルズを聴き始めた中学生の頃、お金がなかった僕は、月にアルバム(当時はLP)を1枚買うのが精一杯だった。本当に金欠の時には、シングル盤1枚だけを買い、それだけを聴いて1ヶ月を過ごすこともけっこうあった。
そんな貧乏学生の頃は、ビートルズのアルバムがずらっと並べられたカタログを見て、あれも欲しい、これも欲しいなどと思いを巡らしたものである。

その頃はあまり深く考えたことはなかったのだが、当時のビートルズのレコードカタログには、イギリスのオリジナル・アルバム以外に、アメリカ編集盤や日本編集盤というアルバムがかなりたくさん載っていた。
お金がなかった僕にしてみれば、イギリスのオリジナル盤以外には浮気をする余裕すらなかったのだが、今になって考えると、この編集盤というやつが、かなりクセモノであったということがわかる。

当時はまだまだレコード会社がアーティストに対して強い権力をふるっていた時代であったことがうかがえる。
なぜなら、ビートルズでさえも、“Sgt. Pepper's”以前は、レコード会社の手によってアルバムの曲順を好き勝手に変えられたり、場合によっては収録曲さえも差し替えられた上に、堂々と発売されていたのだから。
まさに作る側の意思やコンセプトなどは完全に踏みにじられていた時代であった。
現在の状況から考えると信じ難いことに思えるが、これは歴史的な事実である。

そういえば、当時からアメリカのキャピトル・レコードの評判が芳しくなかったのをこの年になって、なるほどしみじみと理解したりするのだった…。ビートルズも大変だったのだ。
ともかく、ビートルズのとてつもない成功が、アーティストの権利向上に大きな役割を果たしたことだけは確かだろう。それは同時に、“Sgt. Pepper's”が一つの芸術作品として世間に認知されたことをも意味している。
さすがのキャピトルも、このアルバムをいじることだけはできなかったのだと思う。そして、そうならなくて本当によかった。

この悪しき歴史の遺物ともいえるキャピトル盤であるが、いちおうビートルズ作品のCD化と共に、この世から姿を消したかに思われた。(つまり廃盤)
しかし、そこは商魂たくましいキャピトルである。
最近になってアメリカ編集盤を4枚づつ組み合わせ、ここに復刻させてしまったというわけである。
その名も“The Capitol Albums, Vol.1
金になることなら何でもやる。ある意味まさにアメリカらしい企画版ではないか。

とまあ、ずいぶんと悪口ばかりを書きつらねてしまったが、この復刻版が全く意味がないのかといえば、実はそうでもない。
僕などは、むしろ“LOVE”などより、よほど価値があると思っているくらいだ。
というのも、僕がイギリス・オリジナル盤CDで気に入らないことが一つだけあるのだ。
それは、ビートルズ初期のアルバムがモノラル盤しかないことだ。

たとえば、僕が学生の頃に買ったアナログ盤の“Please Please Me”はステレオ・バージョンだった。
今から考えると、正確には擬似ステレオだったのかもしれないが、当時からボーカルと演奏が左右のチャンネルにはっきりと分かれていた。そして、左右のスピーカーからダイレクトに聴こえる音は安物のステレオであっても、驚くほどリアルだった。
僕はそんなアナログ盤の音が大好きだったのだ。

きっとそんな原体験があるからなのだろう。それがどんなにオリジナルに忠実なビートルズの音だと言われても、僕はいまだにモノラル盤が好きになれないのである。

その点、今回のキャピトル盤は、ごていねいにもステレオ版とモノラル版の両方が各CDに収録されている。そして当然僕の目当てはステレオ版である。
これまでCDではモノラルでしか聴けなかった初期の曲が、このCDセットを買うことでかなりたくさん聴ける。これは本当に嬉しいことだ。
たしかにリミックスの質自体が悪かったり、微妙にバランスの悪い曲もあるが、総じて音は良くなったという印象である。

収録されているCDは以下の4枚。
“Meet the Beatles”
“The Beatles Second Album”
“Something New”
“Beatles '65”

僕のように、“ステレオのビートルズ”にこだわりがある人は、きっと買って損のないセットだと思う。
コメント
非公開コメント

お邪魔します。
「キャピトル・ボックス」 は、悪名高い国内版のCCCDで買ってしまったため、聴き過ぎてプレイヤーが2台、ポシャりました…(いやいや、これだけでなくて、ジョージ・ハリスンのダーク・ホース・イヤーズ・ボックスとか 「レット・イット・ビー…ネイキッド」 とか、ジョンのリマスター盤とか、EMIが出していたCCCDを聴き倒していたためだと確信しております…怒!)。

ところでこの 「キャピトル・ボックス」、私のはCCCDでしたが、09.9.9のリマスター盤が発表される前でしたから、「音がいいなあ」 としきりに感じたものでした。 「抱きしめたい」 などは、鳥肌モノの音質。

しかも、アメリカ編集でエコーのやたら効きまくった 「アイ・フィール・ファイン」 とか、リピートで長くなった 「ぼくが泣く」 とか、新たな発見の宝庫でしたねー。

それにしてもそのアルバムジャケット、さすが大雑把なアメリカ(笑)、スキャニングのテキトーなことと言ったら(笑)。

しかも私の買ったロングカートンのボックス、使い勝手がサイアクで(笑)。 CDを出そうとした瞬間、バラバラとぜーんぶ落としたことも数回(笑)。 変なところで折れ曲がってるんだもん(笑)。

それにしても、CCCDじゃないヤツをもう一回買い変えなきゃなーと思っているのでありますが、もう金輪際、EMIに散財してやるもんかと思っている関係上、中古でも買おうかな、と思っているのですが、なかなか安くならないようでこざいます。

2010-07-21 05:58 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。CCCDはプレーヤーにも悪影響があるのですね。最悪ですね。個人的にはCDにまるごとコピーできないのはまだ仕方ないとしても、MP3形式に変換することさえ不可というところが許せないです。
さて『キャピトル・ボックス』ですが、今は決定版の公式リマスターが発売されて以前ほどの存在価値はなくなってしまったのかな、という気はしております。今後はコレクターズアイテムの一つになっていくのかも・・・。それにしても、海外盤の雑な作りには今も昔も笑ってしまうところがありますよね(笑)。

2010-07-21 19:11 │ from 管理人URL

アナログのキャピトル盤が廃盤になったのはCD化とは全然関係なくて、80年代の初頭にビートルズコミッティが、そのころ野放し状態だった各国編集版(オランダ盤、イタリア盤、ドイツ盤、日本盤、アメリカ盤等)をイギリス編集盤に世界的に統一する、発表したことに始まります。その日付まで大々的にアピールして統一の一大キャンペーンを張りました。まあそれまでアメリカではイギリス編集盤は入手すら困難だったはずで意味あるのですが、ビートルズ世界制覇の記念碑的名盤『ミートザビートルズ』が廃盤というのもなにか寂しいといえばさみしかったものです。

2010-07-22 00:16 │ from じょんじーURL Edit

『当時はまだまだレコード会社がアーティストに対して強い権力』
たしかにそういうこともあるのですが、それよりもLPレコードに黎明期であった、というのがおおきいのかもしれませんね。ポップミュージックの世界はあくまでシングル盤がメインであったわけで、アルバムが重要な意味をもってくるのはまさにビートルズ以降なわけです。技術的な問題やコストの問題もふくめて音楽業界自体がまだ未成熟で成長期だった。ビートルズの実力もさることながら、やはり大きな流れのなかにあったとおもいます。ジョンはあるインタヴューで『皆同じ船にのっていたんだ。その舳先で俺たちは「陸が見えたぞ~」なんていってたんだ』とさすが冷静に分析していますね。

2010-07-22 20:09 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。アメリカ人にとって『ミート・ザ・ビートルズ』の衝撃は大変なものがあったようですね。実際にこのアルバムを聴いて青春を過ごした世代にとっては、きっとオリジナルを超えたオリジナルだったのでしょう。アメリカ盤も日本盤も1枚も買ったことのない私にとっては何の思い入れもありませんが(笑)。イギリス盤で世界統一は時代の流れで致し方なかったのでしょうね。

2010-07-22 21:49 │ from 管理人URL

私も『ミートザビートルズ』に思い入れ無し!です(笑)。
ただアメリカ盤や他の外国語版でミックス違いが結構あって、それは面白いし、価値というかいまでもそっちの方が好きだったりします。

イントロのギターをミスってやりなおしたアイムルッキングスルーユーや、
リンゴのステックカウント入りのオールマイラヴィング(めちゃくちゃかっこいいです。これはアメリカ盤じゃなくてたしかオランダ盤だったような)なんて、ぜひCD化してほしいですね。

2010-07-23 06:28 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
>リンゴのステックカウント入りのオールマイラヴィング
こんなのがあった事すら私は知りませんでした。聴いてみたいもんです。そういえば『ハリウッドボウル・ライヴ』の『オール・マイ・ラヴィング』で「ワン・トゥ・スリー・フォー・ファイブ!」とカウントしてるのもリンゴなのかな?

2010-07-23 14:35 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/233-451fd7d4