FC2ブログ

ポールの曲 “All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)”

ポールの曲 “All My Loving(オール・マイ・ラヴィング)”

ビートルズ初期、“Please Please Me”から“Beatles For Sale”までを、僕はジョンの時代と思っている。楽曲の質・量共にジョンがポールを大きく凌駕していると思うからだ。
そして、“Help!”と“Rubber Soul”ではジョンとポールがほぼ互角、“Revolver”から“Abbey Road”までは完全にポールの時代と考えている。

つまり、ポールが作曲家として真の意味で才能を開花させるまでには、しばらく時間がかかったということだ。
後期の活躍ぶりに比べると、初期のアルバムにおけるポールの曲の少なさには今でも少なからず驚きを覚えることがある。
この“All My Loving”が収録されている“With the Beatles”にしても、ポール単独の手になると思われる作品は他に“Hold Me Tight”1曲ぐらいしかない。
もちろんこの頃のポールは頻繁にジョンの曲を手伝うことはあっただろうが、まだまだポール自身の作曲能力は成熟していなかったということになる。後期には驚異的なペースで数々の名曲をいとも簡単に量産し続けたポールも、決して最初からオールマイティの作曲家というわけではなかったのだ。

そんな事情もあってか、初期の作品の中で僕が好きな曲はけっこう限られてくる。特別に好きな曲となると、さらに限られてくるが、“All My Loving”はもちろんそんな特別な一曲だ。
きっとこの曲が好きでないポールファンはいないだろう。

ビートルズをまだあまり知らなかった中学生の頃、安物のラジオでこの曲を初めて聴いたときのことを今でも鮮明に覚えている。
伴奏なしでいきなりヴォーカルから始まるイントロ。
自然と身体が動いてしまう曲のよさ。
“ボ~ン”と唐突に終わるエンディング。

感動をゆっくり味わう暇もなく、曲はあっという間に終わった。しばし動けなかった。頭が空白になった。
僕のビートルズ体験を語る上で欠かせない曲である。

演奏面では、もう言い尽くされていることだが、ジョンが弾いている3連ギターが大好きだ。今聴いてもテクニック云々を超えた抜群のセンスの良さを感じさせる。この曲はポールのヴォーカルとジョンのギターだけで成立しているといってもけっして過言ではない。

ライブでは“Can't Buy Me Love”と並び、今やポールのコンサートには欠かせない定番ソングである。きっとポールはこの曲を死ぬまで歌い続けるのだろう。不思議なのは、この曲が“Can't Buy Me Love”などよりも古き良き時代を想い起こさせ、ずっとずっとセンチメンタルな気分にさせてくれることである。

さて、今夜もビートルズのいた1963年にまでタイムスリップするとしようか…
コメント
非公開コメント

All My Loving

「オールマイラビング」・・・僕が最初にギターを練習した曲です。(3連譜はできなかったけれど...)確かにこの曲はポールのヴォーカルとジョンのギターがとても目立っていますが、ポールのベースも僕は大好きです。ベースライン自体がメロディーになっていますし、ボーカルはどんどん上がって行くのに(音が)ベースは下がっていく。しかもそれを弾きながら歌っている。初めて聴いた時は参りました。レコードでは後半のハモリはポール一人でやっているようですが、ビートルズ時代のライブではなんと、リードボーカルをジョージにやらせて、自分はハモリのほうをやるという、面白い事をやっていますよね。形式にとらわれないこんなやり方も好きでした。

2006-12-29 21:41 │ from W&MURL

all my loving(追記)

話は変わりますが、昔の朝丘めぐみのヒット曲、私の彼は左利きのベースラインが、オールマイラビングのベースラインに雰囲気が似ているのですよ。誰が弾いているか知らないけれど、絶対ポールのベースをパクッていると思います!!

2006-12-29 21:46 │ from W&MURL

Re: All My Loving

初期のビートルズの曲はけっこうベースの音が引っ込んでいるのがもったいないな、と思うことがあります。ポールのベースプレイは最初から天才ならではのセンスに溢れていますからね。
ライブでのジョージとのハモリはいいですね。僕も大好きです。
しかし、「私の彼は左きき」にはビックリしました!W&Mさんの大発見ではないでしょうか。聴いてみたいですが、音源がない(笑)。

2006-12-30 22:47 │ from 管理者URL

all my loving

昨年は楽しい話題をありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
ベースはシンプルなんですけど跳ねる感じが
とても心地よく、おっしゃるとおり下がっていって
上がっていって、行ったり来たりの繰り返しで、
とても楽しい曲ですね。 
何かの本で読みましたが、ポールがベースを
外している箇所があるそうですね?どこでしょう?

2007-01-02 14:36 │ from トール・カプチーノURL

Re: all my loving

トール・カプチーノさん

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
お正月は日本で迎えられたのでしょうか?
今年もポールを追いかけてまいります!

2007-01-03 05:07 │ from 管理者URL

お邪魔します。
ジョンが 「悔しいほどいい曲」 と地団駄を踏んだだけあって(笑)、ジョンのファンでもこの曲にはマイッタ、という人が多いのではないでしょうか。
だからでしょう、ジョンの3連ギターは、そのジョンの悔しさが思いっきり込められている感覚です。 ええ、私も試しました(笑)。 見事、玉砕しました(笑)。 あのフィーリングは、出そうったってなかなか出せるものではありません。

コード的にも、Eが基調なのに、いきなりF♯mから始まるんですよ。
これって分かりやすく言うと、もしもしカメよカメさんよーの、カメさんよーから始まるような感じ、というか(笑)。

この曲、また、歌詞がいいんですよ~。
「目を閉じて、キスしてあげよう、明日はさびしくなる」「ぼくのすべての愛をかけて、君に贈ろう」。
この青っぽさが、なんともストレートで、いいじゃないですか。
ポールの詞の才能というものが、このころから確実にあった、ということが、すごくよく分かる気がします。 これ、シンプルだけどすごい詞ですよ。

こう言うとジョンのファンに叱られますが、近年、特にアルバム 「フレイミング・パイ」 あたりから、ポールの作る詞というものは、ジョンをはるかに凌駕している感じがします。 私は正直なところ、ジョンもポールに負けず劣らず大好き人間なのですが(あっ告白してしまった…笑)、「ユー・テル・ミー」 とかの詞をよく読むと、ジョンが嫉妬するのではないか、と思うような時があります。

これほどの名曲がシングルカット、されてないんですからね~。 ビートルズ、凄すぎ。

2010-05-13 19:45 │ from 橋本リウURL

橋本さん
コメントありがとうございます。そうですか、3連ギター玉砕しましたか(笑)。ギターを弾けない僕は、挑戦すらしたことはありませんが、やはりあのセンスはただ者ではないですよね。あと、さすが詩人だけあってポールの詩に注目されていますが、これにはハッとさせられるものがありました。ファンならもっと詩にも注目すべきですね。私も今後の課題としたいと思います。

2010-05-15 07:02 │ from 管理人URL

きっとこの曲を好きではないポールファンはいないだろう・・ 正しく管理人様が仰る通り 「オール・マイ・ラヴイング」私も大好きな曲です。

いつも 「オール・マイ・ラヴイング」を聴くと 少し哀愁があるメロディと 恋人を想う歌詞に、恋愛の始まりに感じる様な 淡い気持ちが甦って 少し切なくなってしまいます。
幸せなラヴソングに思えますが、この曲の主人公は 愛する恋人と長い間 遠く離れて過ごさないといけない辛い状況にあります。
しかし、遠く 離ればなれでも 毎日 僕の愛を君に送るよと恋人に伝える主人公。いかにもポールらしい前向きな歌詞になっていますよね。

辛い時や寂しい時、どれだけこの歌に 救われたか分かりません。
人は愛される事は大きな幸せですが、人を愛するという事も 人生で 大きな幸せを実感出来る瞬間です。
そんな気持ちを実感というか自覚させてくれた曲が「オール・マイ・ラヴイング」でした。

11月の来日公演でも歌ってくれるかな? 当日はポールと一緒に 愛する人へ ありったけの「オール・マイ・ラヴイング」を送りたいと 勝手に一人で思ってる私でした (笑)



2013-10-03 00:42 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。愛する人とは奥さんのことでしょうか?(笑)永遠に色褪せないマッカートニーミュージックの原点がここにありますね。

2013-10-03 08:54 │ from 管理人URL

個人的意見です!
楽曲の質において、初期の頃のジョンはポールを大きく凌駕してたとは全く思いません。数の違いだけであって、i saw her standing there、and i love her、things we said today、can't buy me love、i'll follow the sun、every little thing...などはジョンの曲と同じくらいかそれ以上に素晴らしい曲だと思いますし!
ジョンが作曲意欲を失っていたsgt期頃はポールの方が圧倒していたと思いますが、それ以外の時期はお互い同じ位素晴らしかったと思います。

2015-06-19 17:54 │ from あんURL

あんさん

数が少ないだけで質は負けてはいないという意見はあるでしょうね。あんさんのほうが正しいかもしれません。でも初期のジョンはちょっと異常なほどすごいというのが私の意見です。ポールびいきの私が嫉妬してしまうほどの…。

2015-06-19 19:16 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/223-913dea2d