FC2ブログ

僕の好きな曲 “I'll Cry Instead(僕が泣く)” by ザ・ビートルズ(ジョン) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲 “I'll Cry Instead(僕が泣く)” by ザ・ビートルズ(ジョン)

僕の好きな曲 “I'll Cry Instead(僕が泣く)” by ザ・ビートルズ(ジョン)

初期のビートルズにおけるジョンの楽曲は、もう言い尽くされているとは思うが本当に凄まじいものがある。
ビートルズは楽曲に限っていえば初期はジョンが、後期はポールが主導権を握っていると思う。
後期は完全にジョンを食ってしまった印象のあるポールも、“Beatles For Sale”ぐらいまではジョンの異常な勢いの前に全く歯が立たないといった具合である。
この頃のジョンは、ただ提供している曲数が多いだけではなく、度肝を抜かれるような斬新な曲作りで世界中を驚かせたのだった。
初期のジョンの曲には、2006年の今聴いても全く古さを感じさせない、いやむしろ新しいとさえ言えるほどすばらしいものが少なくない。

“I'll Cry Instead”
言うまでもなくジョンの曲である。
まるで曲の途中から始まったかのようなイントロ。印象的なジョンのヴォーカル。ギター、ベース、ドラムスの最小構成。なにかしら違和感を感じさせるのに、最終的にまとまってしまう不思議な曲調。なんだろう、この曲は…。
若い頃には全く好きではなかったこの曲の魅力に、今ごろとり付かれてしまっている自分に気が付いた。
まさしくジョン・レノン以降、誰にも作れないような曲だと思う。
後期のポール同様、初期のジョンにはきっと音楽の神が舞い降りていたのではなかろうか。

オリジナルの邦題は「僕が泣く」
そのままやないけ!、と突っ込みを入れたくなるような直訳タイトルだが、「こいつ」(This Boy)なんかも今考えれば笑える。昔の邦題には面白いものが多かった。
コメント
非公開コメント

お邪魔します。
仕事がかなりハードになってきて、なかなかコメントを書けませんが、クタクタになりながらちょっと書いてみます(夜勤なので、イッビーンナハードナイズデイ、とか?…笑)。
「ぼくが泣く」 は、アメリカ盤では 「サムシング・ニュー」 の第1曲目でしたよね。 「途中から始まったような」 この曲がオープニングとは、キャピトルも相当大胆…というか(笑)。 しかも、あまりにも短いもんだから、1番を繰り返し、でしたっけ、つなぎ合わせて長くしたとか(確かモノラル盤のほうだったかな)、今にして思えばこれがビートルズのテープコラージュの始まりだったような…。 「アイ・ミー・マイン」 でもフィル・スペクターが2番を繰り返したかなんかして長くしてましたけど、その淵源がここにある!(笑)

この曲、弾き語りすると、かなり気持ちいいんですよ。 パーソナルデイリーランキングでは、ちょこちょこトップテンに顔を出してます(笑)。
ビリー・ジョエルもこの曲がお好きなようで、ライヴでよくカバーしてましたね。

2010-06-07 06:07 │ from 橋本リウURL

橋本さん
お疲れのところコメントありがとうございます。私も今の仕事は夜勤です(笑)。弾き語りは絶対気持ちいいでしょうね!ビリージョエルがカバーしていたとは知りませんでした。

2010-06-07 16:26 │ from 管理人URL

ビリージョエルはシングルのB面に収録してましたね。アレンタウンのB面だったかな・・それ目当てで買った記憶があります。いわゆる完コピですが、秀逸なカバーです。

2010-06-08 00:05 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。70へえ。じょんじーさんとリウさんには降参です(笑)

2010-06-08 07:48 │ from 管理人URL

一応指摘させていただきますが、ぼくが泣くもこいつも誤訳ですね

I'll Cry InsteadのInsteadはCryについているので、
ぼくが代わりに泣くではなく、ぼくは代わりに泣くです
歌詞の内容的にどちらもしっくり来るのが面白いですね

This Boyはこの男ではなく、この私と訳すのが正しいです
歌詞の内容的にもこっちの方がしっくりきます

2014-03-29 07:50 │ from TWICEURL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/206-995d1d3b