FC2ブログ

ポールのアルバム “Driving Rain(ドライヴィング・レイン)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム “Driving Rain(ドライヴィング・レイン)”

ポールのアルバム “Driving Rain(ドライヴィング・レイン)”

僕自身の評価では、正直言ってポールの全アルバム中、かなり下位にランクされてしまう作品である。(ひょっとしたら最下位かもしれない)

真のファンというものは、好きではない部分も言えるようでなくてはならないと常々思っているので、今回はこのアルバムがあまり好きではない理由から書いてみたい。

ポールの作品の良し悪しは、かなりの割合で声の調子に左右されると僕は思っている。
そういう意味では、このアルバムで聴かれるポールの声の状態は極めて悪いと思う。

正直ライブで声の出が良くないのは仕方がないと思う。
だが、スタジオ録音盤ではそうはいかない。なぜなら、スタジオ・レコーディングは何度でも録り直しというものが可能だからだ。
最も声の調子がいい時を狙ったなら、ポールはまだまだ歌える。その事は、“Chaos~”や“Run Devil Run”が証明している。

にもかかわらず、“Driving Rain”のポールの声はガラガラである。ライブ並みにガラガラである。
“From a Lover to a Friend”など、かわいそうになるほどガラガラである。
どんなに最高の演奏であっても、ポールの声が出ていなければ、曲の魅力は半減してしまう。僕が大半のポールのライブ盤をろくに聴いてもいないのも、そんなところに理由がある。聴きたくない、のではない。まともに声が出ていない曲は、ただ単に聴く気がしないのだ。

もう一つの大きな理由は楽曲自体が全体的にそれほど良くないと思われることだ。
ポールの全アルバム中、曲名を1曲目からスラスラ言えないのは、おそらくこの“Driving Rain”だけである。要するにあんまりよく聴いていないのだ。
“Chaos~”はこの1年の間に本当によく聴き込んだと思う。だが、“Driving Rain”には全くそんな感じがない。聴き込んだという感触がない。僕にとってポールのアルバムでそんな事が起こるのは本当に珍しい事だ。
好きな曲がないかといえば、そうでもないのだが、どうでもいい、と思えるような曲もいくつか混ざっている、とでも言えばいいだろうか・・・

トイレで小便中に腕時計のデジカメで撮ったというジャケットにしても、百歩譲って多少の遊び心は認めるにしても、そこには芸術性のかけらも感じられない。ポールらしいセンスのよさが見られないのが残念だ。

以上が、僕がこのアルバムをあまり好きになれない部分ということになる。我ながらいつになく辛辣な評価になってしまったが、かといってこのアルバムが本当に嫌いかといえば、そうでもない。

一つ特筆すべき点は、このアルバムからポールは本当の意味で再出発を果たしたということである。リンダの死後、1年間毎日泣いて過ごしていたというポールが、ヘザーとの出会いを経て原点に戻るロックンロールアルバム“Run Devil Run”を発表。その後華々しくキャバーン・クラブで復活のステージに立ち、完全に自信を取り戻したポールが新しいバンドのメンバーたちと作り上げたのが本作であった。

そこには、きっと純粋に音楽をバンドメンバーたちと共に楽しむポールの姿があったにちがいない。
だからこそ、声の調子とか、1曲1曲の完成度にはそれほどこだわらずに、ライブ録音に近い音作りになったのだと思う。だから、これはこれで良いのだっ!(爆)

このアルバムで好きな曲ベスト5
1.Heather
  別れても尚、アルバムの中で一番好きな曲。ポールらしさを最も感じる名品です。ライブでも演ってほしいが、絶対にやることはないでしょう。
2.Driving Rain
  アルバムの中ではかなり完成度の高い部類に入るのでは。いつ聴いても明るい曲調で元気が出る。
3.I Do
久々に待ってましたというポール節全開の甘いラブソング。声の調子さえ良ければ・・・。
4.From a Lover to a Friend
  ポールにしては珍しく暗い響きを持つバラード。プロデュース次第では名曲になり得る要素を十分秘めた曲であるだけに、少々惜しい思いがする。十分にベースを歌わせているところも聴きどころ。
5.Lonely Road
  詩の内容が意味深であるだけに、読みながら聴くとかなりヘビーな曲。ベースから始まるイントロもグッド!
コメント
非公開コメント

Driving Rain (送りなおし)

こんにちは、管理人さん。
すいません、使い慣れないパソコンを使っていて文の
途中で気持ちに反して送信されてしまいました。。。

> 一つ特筆すべき点は~これはこれで良いのだっ!(爆)
昔、アニメの主題歌で「これでぇ良いのだ、~」というのがありましたが、管理人さんのおっしゃるとおりです。
「McCartney」、「McCartney Ⅱ」とかと同じで大変なこと
の後は節目のように、こんなアルバムができてしまうと
勝手に解釈しています。売行きとは関係なく、いい曲ありますよ。(ファンはポールに甘いかもしれませんが)
ちなみに私は「Tiny Bubble」、「Driving Rain」
「 About You」とかよく聴きます。

2006-09-24 21:49 │ from トール・カプチーノURL

Re:

トール・カプチーノさん

いつもコメントありがとうございます。最初のコメントは削除しておきました。

今回のアルバム評はポールファンから怒られるのを覚悟で書きました。あくまでも一個人の意見ですので、お許しいただきたいと思います。
凡人が天才の作品を批評するなんてこと自体が始めからナンセンス。大それたことだと承知はしております。
今日言った事が、明日には180度反対になることも、けっこうある話でして・・・。
というわけで、これからも異論・反論大歓迎です!

2006-09-24 22:40 │ from 管理者URL

確かに最下位かもしれませんね・・・
自分は初めて聞いたときフリーダムが印象に残りました

2014-01-02 14:24 │ from 雨URL Edit

雨さん
コメントありがとうございます。個人的にはこの記事を書いたときよりは評価は上がってます。それがまたポールの作品の面白いところで。『フリーダム』はけっこうボロクソ言われてますが、私はむしろポールらしくて好きです。

2014-01-03 06:49 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/191-14c8fc66