僕の好きな曲 “Your Song(ユア・ソング)” by エルトン・ジョン - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲 “Your Song(ユア・ソング)” by エルトン・ジョン

僕の好きな曲 “Your Song(ユア・ソング)” by エルトン・ジョン

純粋にソングライターという観点から見た場合、真の意味でポール・マッカートニーと比較できるアーティストというのは、この地球上でエルトン・ジョン一人しかいない、と僕は思っている。
その作曲能力、レパートリーの広さ、アーティストとしての息の長さはまさに驚異的というほかはない。

ポールにはビートルズ時代の作品群という超強力なアドバンテージがあるゆえに、総合的に見ればポールのほうが上と断じるしかないのであるが、ソロ作品のみに限定するならば、あるいはエルトンのほうに軍配が上がるのではないか・・・そうマジメに考えたくなる時があるほどである。
(本当はエルトンのほうが上だと知っているのに、ポールファンとしてそれを認めたくない、と言ったほうが近いのかもしれない・・・)

日本とは違い、世界的に見ればエルトンは過去も、そして現在も尚絶大な支持を集め続けている。
本国イギリスでは、ポールと同じくナイトの称号(Sir)をもらっているのが、その良い証拠である。

その彼が今から36年も前の1970年に発表したのが、この作品“Your Song”。
今から思えば、デビュー2年目にして発表したこの曲が、ポールでいうところの“Yesterday”に匹敵するようなエルトンの代名詞的作品になってしまったわけだ。
世界的に見ても、最も知られ、また最も愛されている1曲に数えられるだろう。

本当の名曲とは理屈を全く必要としないものだが、この曲もまさにそれで、夜明けのようにゆっくりと立ち上がるイントロのピアノ、癒し系のヴォーカル、ストリングスの名アレンジと、全く非の打ちどころのない名品に仕上がっている。

この頃は、まだまだエルトンが世界制覇を成し遂げる以前の話であり、作風はどちらかといえば内省的で暗いイメージのものが多い。それでも、この曲が収録された同名アルバム“Your Song”(邦題:僕の歌は君の歌)は随所に大作曲家としてのきらめきを感じさせる佳曲が散りばめられており、ポップスファンならば一度は聴いておくべき作品だと思う。

ちなみにこの曲、ライブでは今でも定番として必ずといっていいほど取り上げられているが、オリジナルとはかなりかけ離れた歌い方である場合が多く、ファンとしては評価が分かれるところだと思う。
僕自身はやはりオリジナルのスタジオバージョンにかなうものはないと考えている。
コメント
非公開コメント

エルトンですか・・・ポールが後継者は?と尋ねられて名前をあげたのがエルトンとギルバートオサリヴァンだったそうです。ポールファンとしてはこのふたりはどうしても聴かなきゃいけないところですね。当然のごとく両者ともアルバムを買いあさりました。エルトンは初期が圧倒的にいい。とくにセカンドアルバム『your songs』は絶品ですね。この感じでいってほしかった・・・というのが実感です。80年代にも何枚か印象的な曲を書いてます。『アイスティールスタンディング』なんか大好きで、私としてはこれをフェヴァリットソングに挙げたいです。ただ全体としてはポールには遠く及ばないというのが正直なところです。レンジが狭いというかスケールが小さいというか・・・あくまでポールと比べてですけどね。個人的にはオサリヴァンのほうが好きです。全盛期のビリージョエルが『ライバルなんていない、強いてあげればギルバートオサリヴァン』と傲慢に言い放ったのは有名ですが、それだけの実力者で孤高のソングライターです。マネージメント問題がこじれて第一線から撤退を余儀なくされますが、それ以降でもいい曲をたっぷり書いてます。とくにジョンレノンにが歌詞ででてくる『ロストフレンド』から始まる『イン・ザ・キー・オブ・G』は傑作です。すでに隠遁生活をおくっていた彼が9年ぶりにそうっと発表(1990)したアルバムでまったく話題にならなかったのですが、個人的に彼の代表作だとおもいます。メローなポップライターのイメージの彼ですが、ここではシンプルなロックのテイストを大胆にとりいれそこが実にポールぽいですね。埋もれてしまうにはあまりに惜しいです。ジャケットデザインも秀逸です。

2009-12-16 15:09 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。ポールが後継者としてエルトンとオサリヴァンの名前を挙げていたというのは初耳でした。でもなんだか嬉しいですね。ポールが2人を認めていたとは。エルトンについては、私はどちらかといえば80年代の作品のほうが好きですね。このへんは好みということでしょう。
「イン・ザ・キー・オブ・G」はジョンジーさんお勧めなら近いうちに聴いてみたいなと思いました。

2009-12-18 00:24 │ from 管理人URL

なるほど。自分は一人に絞れなかったので三人選ぶとしたら、エルトンジョン、スティーヴィーワンダー、ブライアンウィルソンですかね、、、

2017-05-30 23:59 │ from URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/190-fb5c7b71