FC2ブログ

ポールのベースプレイ “I Want You(アイ・ウォント・ユー)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの演奏、名演 » ポールのベースプレイ “I Want You(アイ・ウォント・ユー)”

ポールのベースプレイ “I Want You(アイ・ウォント・ユー)”

初めて“Abbey Road”を聞いた時、“I Want You”はかなりジャマな曲と思ったものである。
それは洗練されたこの美しいロックアルバムの中にあって、この曲だけがとても泥臭く、無意味に長い曲に思われたからだ。
ポール狂のこの僕は別にしても、“I Want You”が特別好きだという人にはあまり出会ったことがない。

たしかに純粋に曲だけを見てみると、メロディーも、歌詞もこれ以上ないほどシンプルで短いのである。

お前が欲しい
どうしようもなくお前が欲しい
お前が欲しい
どうしようもなくお前が欲しい
気が狂いそうだ
気が狂いそうだ


言うまでもなくジョンがヨーコに向けたストレートで強烈なラブソングだ。
メロディーにしたってどうということはない(といったら言い過ぎか)。なんでわざわざこの曲を“Abbey Road”に入れ、しかも7分以上もの大作に仕上げたのか、若い頃には全く理解できなかったものである。
だが、40才を過ぎた今になって、この曲がジョンの曲の中でも割と好きな部類に入るようになってしまった。

僕がこの曲を好きになった最大の理由は、ポールのベースプレイの素晴らしさにある。
これほどアドリブと遊び心が満載で、自由奔放なポールのベースプレイが他にあるだろうか。
その素晴らしさは実際に聴いてもらうしかないだろう。

またジョンとジョージが奏でるギターの音もいつになくヘビー。シンセサイザーを使って作ったというホワイトノイズも独創性に富んでいて、この曲に花を添えている。
エンディングの衝撃のストップ、そして続く“Here Comes the Sun”への流れも忘れてはならない。

かくして、この曲が好きになったことにより、“Abbey Road”は僕にとってただの1曲の駄作もない唯一『完璧な』アルバムとして長く君臨することになる。
“Sgt. Pepper's”では“Within Without You”が、“White Album”では“Revolution No.9”がなくても良いと思うのだが、“Abbey Road”だけは違う。全曲がもれなく名曲であり、古今東西を通じ最高峰のアルバムと固く信じている。

コメント
非公開コメント

そうなんですよ。

こんにちは、管理人さん。
そうなんです。私も「I Want You」はテープ、MD、
MP3に録音せず、20年以上聞かない曲でした。
最近、家でCDを聴いてましたらいつもなら飛ばす
はずのこの曲を流してしまい、その時、ポールの
ベースが耳に飛び込んできて、びっくりしました。
そうしたら曲の構成なんかも実はすばらしいことに気付いて、この20年間、もったいないことをしたものだ、と感じました。「Love Me Do」の人たちは
こんな曲を作っていたんだなぁ(大人になったなぁ)などと不思議な気分でした。
まだ40を越えていませんが、似たような世代と
思いますが、同じような感動を分かち合えて
うれしく思います。

2006-09-19 09:59 │ from トール・カプチーノURL

Re: そうなんですよ。

トール・カプチーノさん
わかっていただけて嬉しいです!ベースでいえば、ポールにしては珍しい♪テケテケテケ♪のフレーズが特に印象的。しびれます。類い稀なるセンスです。さすがポールです。
おっしゃる通り、数少ない大人を感じさせる渋いサウンドに仕上がっていますね。

2006-09-19 12:00 │ from 管理者URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/187-dddc244e