FC2ブログ

23年ぶりのアメリカ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 未分類 » 23年ぶりのアメリカ

23年ぶりのアメリカ

ついにアメリカにやってきた。
アメリカの入国審査で指紋や顔写真を撮られたのには驚いてしまったが、それ以外は当時とそれほど様子が変わっていない。そのことに逆に驚いた次第である。
僕が来た町がきっとミネソタの田舎町ということもあるのだろう。
しかし、それでも大きな違いというものはない。
生活の中で「へぇ~、昔とは違うなぁ」と感心するようなことが1つもないのだ。

だから23年間という時間のギャップがすぐに埋まってしまったような感じがする。
日本では遠慮がちでしゃべっている英語も、ここではそんな必要は全くない。
むしろ、五感を総動員して相手とコミュニケーションを取ろうと努力している自分に気付く。
そして、日本では話せないようなフレーズがいつの間にか口をついて出てくる。
やはり外国語を習得するには、その国へ行くに限る。

ましてや仕事である。
プライベートな旅行ならば、話す事を極力避けることはできても、仕事ではそうはいかない。
僕はいい人なんですよ~、と周囲に思いきり愛想を振りまかなくてはならない。
日本では割とむっつりしているこのオレが・・・などと考えると我ながら気持ちが悪いほどだ。
だが、そうでなくてはアメリカで仕事などできない。
ろくに話もできないくせに、その上愛想が悪くては誰にも相手にしてはもらえないからだ。

彼らから見れば単なる東洋人の僕も、自分から微笑みかけたり、“Hi”と声をかけたりすると、彼らは驚くほど反応してくれる。
たちどころに表情が柔らかくなり、優しく接してくれる。
アメリカとはそんなところなのだ。

日本では、たとえ自分に笑いかけてくれなくても、腹の底では日本人の良識というものを信用している。
だが、アメリカでは信用してもらおうと思ったら、自分から話しかけ、笑いかけなくてはならない。
これはとてもとても大きな違いだ。

まだ到着してから2日も経っていないが、それほど変わっていないと感じたアメリカを大好きになって帰るということは、どうやらなさそうな気配である。
コメント
非公開コメント

言葉は、文化ですよね。
英語や韓国語を話している時の、行動や、
性格が変わっている自分に気付く時があります。日本語だったら、絶対こういう言い方はしないよなあっていう。日本語は(関東弁は)変にかしこまりすぎと感じる時がありますよ。

2006-08-31 20:28 │ from m&wURL

RE:

m&wさん
言葉ってホントに不思議です。
私が大阪出身だからでしょうか。日本語の標準語は敬語だとかしこまり過ぎてしまうし、かといって敬語抜きだと慣れ慣れし過ぎると感じてしまうのです。それゆえ、私はよほど親しい人でさえ敬語を使うようにしているのですが、気にしすぎかな??

2006-09-01 00:13 │ from 管理者URL

ゲイフレ

あなたのゲイフレがすぐそこにいますよ。
さぁ~~・・・・・
アメリカなんか行って生意気!!

2006-09-01 07:13 │ from ゲイフレURL

Re: ゲイフレ

ゲイフレさん

すぐに誰かわかるところが笑えました!
なまいき!って言われても、来たくて来てるわけではないので・・・。
いいのよ~って言って!

2006-09-01 13:20 │ from 管理者URL

関西弁と広東語

こんにちは。
どちらかと言えば日本では東側の私には広東語が関西弁に聞こえてしまいます。家ではDVDで関西弁を聞いて笑ってます。
(関西弁の漫才、面白いですよね。特にアメリカザリガニにはまってます。是非ご覧下さい。)
管理人さんがおっしゃるように関西の方で標準語を話される方、まわりに結構いますが、みなさん、同じように気にされてるんですかね?

2006-09-05 14:53 │ from トール・カプチーノURL

Re: 関西弁と広東語

関東に住んでいますが、こちらの言葉でタメ口きけるのは、カミさんか、会社の部下ぐらいのものでして・・・。かなり年下でも普通に敬語使ってます。相手によって話し方を変えるのがイヤなんですね。そのおかげか、周囲には優しい人と映っているようです(笑)

2006-09-06 12:14 │ from 管理者URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/182-ee454f7e