FC2ブログ

ポールの曲 “Girls School(ガールズ・スクール)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Girls School(ガールズ・スクール)”

ポールの曲 “Girls School(ガールズ・スクール)”

paul5.jpg20060802101702.jpg
なつかしい袋ジャケット。レコード袋の両面に直接印刷されており、両A面のような印象を与えていた。

全英で9週連続No.1に輝いた大ヒット曲“Mull of Kintyre”(夢の旅人)のB面として1977年に発売された。
“Mull of Kintyre”は、もちろん名曲だと思うが、僕は発売当時からこの“Girls School”のほうが好きだったし、それは40才を過ぎた今でも変わらない。

時期的には、ウイングスが初の全米ツアーを大成功させ、再び頂点に君臨したポールが、休暇もそこそこにニューアルバム“London Town”のレコーディングに着手。そのアルバムに先行する形で発売されたのが、このカップリングシングルだった。
シングルとアルバムを分けるという思想は、ビートルズ以降もポールがかたくなに守り続けていた主義の一つであるが、これは当然誰にでもできる芸当ではなく、今では誰にもマネのできない偉業にさえなりつつある。
先行シングルをアルバムには収録せず、それでいてアルバム自体も高いクオリティを保ち続けていたのである。シングルの寄せ集めでビッグセールスを記録している誰かさんなどとはアーティストとしてのこだわり方に天と地ほども開きがある。

どうしたらもっと売れるか、ではなく、どうしたらもっと聴く人たちを喜ばせることができるか、が判断の分かれ目だったのだ。本当にすごい。(現にポールがその種の発言をしているのを、僕はどこかで読んだ覚えがある)
“Another Day”も、“Helen Wheels”も、“Junior's Farm”も、“Mull of Kintyre”も、“Goodnight Tonight”、そして“Daytime Night Suffering”もオリジナルアルバムには未収録だったのだ。
70年代までのポールがいかに才能に溢れていたかを如実に物語るエピソードといえるだろう。

さすがに80年代以降はポールの曲作りのペース、そしてクオリティにも徐々に陰りが見え始めるのだが、それでもシングルのB面にはアルバム未収録の曲を入れるという姿勢は現在も全く変わっていない。“Fine Line”にしても、“Jenny Wren”にしても、B面には未発表の曲が収録されていたことは記憶に新しい。

さて、“Girls School”に話を戻そう。
この曲は、ソロ以降の作品の中ではかなりロック色の強いナンバーに仕上がっている。
タイトルもズバリ“女子校”もしくは“女学校”で、歌詞の内容も刺激的な雰囲気が漂う。
このあたり、あまり優等生的なイメージが固まりすぎないよう、ポールが意識的に軌道修正を行なっているようにも思える。「オレも昔はワルだったんだぜ」とでも言いたげに、ポールは時々やんちゃな少年の顔を垣間見せるのだ。
そして、オーバーダビングを繰り返したのだろうか、かなり厚みのあるギター中心のサウンドになっている。皆で口ずさめそうなフレーズがあるだけに、一度はライブで演ってもらいたかった曲だ。きっとかなり盛り上がったにちがいない。

CDとなった現在はアルバム“London Town”にボーナス・トラックとして収録されているが、僕が持っているCDのバージョンではかなり早めに、しかも中途半端にフェイド・アウトしてしまう。オリジナルではフェイド・アウトしながらも一番最後まで演奏していて、僕はそれが特に好きだったのだ。いつか再び完全版が聴きたいものだ。



ロンドン・タウン ロンドン・タウン
ウイングス (1995/11/08)
東芝EMI
この商品の詳細を見る



コメント
非公開コメント

お邪魔します。
買いましたよー、このシングル盤。 当時 「キャント・バイ・ミー・ラヴ」 の記録を抜き去ったとかで大きな話題になっていて、チュウボーだった私も、普段買っていたのはアルバム中心だったのですが、これだけは買いました。

しかし 「夢の旅人」 のほうは、イギリスではすごかったけどアメリカでは散々で(チャートインしなかったのかな?)、結局この 「ガールズ・スクール」 がA面になったとか。 確かに 「夢の旅人」 はバグパイプとかイギリス臭の強い作品でしたけど、ポールの、ウィングスの曲がこんな順位なのかよ、というので、結構ショックだったことを覚えています。 ウィングスも当時は結構、アメリカでも人気ありましたからね。

「ガールズ・スクール」 には 「ユキ」 という女の子が出てきますよね。
日本人なのかな?黒髪の女の子なのかな?なんて想像をたくましくしたりして。
いろんな人種が存在するイギリス社会を考えると、日系人の可能性が大きいですが、ポールの歌に日本人が出てくるだけで、チュウボーはなんとなくうれしかったものです。 その後もPVに日本人のポールマニアが出てきたり、「フローズン・ジャップ」 が作られたり、意外とポールの作品には日本が登場することが(ほかの国に比べると)多い気がします。

2010-07-24 09:18 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。私も『夢の旅人』はアメリカ向きでないというレコード会社(キャピトル?)の判断が働いていたとかいなかったとか聞いたことがあります。私はたとえ売れなくても『夢の旅人』をA面にしてほしかった派、であります。とはいえこの『ガールズ・スクール』も大好きですが。

2010-07-24 22:22 │ from 管理人URL

たしかにポールは日本を意識することが比較的多いですね

思いつくだけでも
Girl's School(ユキ)
Old Siam Sir(歌詞のモデルが日本人)
Frozen Jap(凍てつく日本人)
The Pound Is Sinking(¥がトリ)
P.S.Love Me Do(日本でのみ公式発表)
She Is So Beautiful(日本盤のみの収録 味付けが東洋風)

PVでは
With a Little Luck(日本人がいる)
Coming Up(ザ プラスチック マックス)
No More Lonely Nights(Playout) (日本人の映像)
My Blave Face (日本人のポールオタク Panasonic)
We Got Married (日本人の有名人がいる)

アルバムでは
Chaos and…からNEWの全てに日本盤のみのボーナストラック
Flowers In The Dirtの日本来日記念盤メッセージつき
NEWの来日記念盤

その他には
日本に留置された唯一の海外有名人
Calico Skies、Ram on、Mrs.Vandviltは日本人のリクエストでライヴ演奏された
そして2014年異例の再公演(ポールが熱望!)

まあ、日本での留置やヨーコから来るところもありますが、
我が国日本との接点がこんなにあるのはとても嬉しいことですね

あと、橋本リウさん、このシングルが更新したのはCan't Buy Me LoveじゃなくてShe Loves You ですよ

2014-03-29 07:23 │ from TWICEURL

Mrs.Vandviltはロシアでのリクエストだったような....記憶ちがいかもしれませんが、ポール自身のコメントを映像でみたきがします。

2014-03-31 10:06 │ from ゆうみんURL Edit

ゆうみんさん
最初にライヴでやったのはたしかロシア(キエフ?)だったのではないかと思います。

2014-03-31 21:50 │ from 管理人URL

そうでした
ヴァンデビルトは僕の思い違いでした
すいません

2014-04-01 20:10 │ from TWICEURL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/174-600eedbf