FC2ブログ

ポールのアルバム “Wings Over America(ウイングス・オーヴァー・アメリカ)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム “Wings Over America(ウイングス・オーヴァー・アメリカ)”

ポールのアルバム “Wings Over America(ウイングス・オーヴァー・アメリカ)”

「アナログ史上最強のライブ盤か?」

アナログ世代には“ウイングスUSAライブ!!”でおなじみの名盤中の名盤。
当時はLP3枚組という他に類を見ない大作として発表された。
セールスの事を考えれば、2枚組に圧縮して発表したほうがきっとビッグセールスを記録しただろう。
だが、あえて完全収録に近い3枚組として発表したところが、いかにもポールらしいし、いかに当時の彼、そしてウイングスに勢いがあったかがうかがい知れる。(それでも全米No.1になってしまったが…。ウイングス恐るべし)

この歴史的な全米ツアーが行なわれた1976年、僕はまだ13歳のガキで、ビートルズに目覚める直前だった。
したがって、当時このウイングスのツアーがどんな報道のされ方をしていたかを僕は全く知らない。
僕がリアルタイムでウイングスを聴き出したのは1978年のアルバム“ロンドン・タウン”からで、とても残念なことに、ウイングスの全盛期を僕は全くといっていいほど知らないのだ。

だが、アルバムと同名の“Wings Over America”と名付けられたこの全米ツアーが、どれほどの熱狂をもって迎えられたかは全く想像に難くない。
まず、このアルバムが発売された当時、ポールはほとんど独力でウイングスというバンドを世界のトップレベルに引き上げていた。
アルバムは“Red Rose Speedway”から“Wings at the Speed of Sound”まで4枚連続No.1を継続中だったし、直前に発売されたシングル“Silly Love Songs”(心のラブソング)はソロになってから最大のヒットを記録していた。
昔の名前と昔の曲だけで、何十年もドサ回りの公演をしている連中とはえらい違いである。
当時ポールはバリバリの新曲で毎年のようにホームランを何発もかっ飛ばしていたのだ。

これだけでも客席を満杯にするだけの条件は十分すぎるほど揃っていたが、なんといっても、この全米ツアーはポールが公式にライブで初めてビートルズの曲を演奏した記念すべきツアーだった。
これで観客が集まらないはずがない。
このライブを観れた人たちは本当に幸運である。

演奏された曲は以下の5曲。

1.Lady Madonna
2.The Long and Winding Road
3.I've Just Seen a Face
4.Blackbird
5.Yesterday

特に“Yesterday”は涙と熱狂の渦につつまれたであろうことは容易に想像できる。(聴け!悲鳴にも似た歓声を!)
だが、最大の目玉はこの時以来演奏されていない“I've Just Seen a Face”ではなかろうか(訂正:正確には“Back in the World”ツアーで演奏されたそうです)。他の4曲がのちにどれもライブで定番になったのに比べれば、この曲のライブバージョンはとりわけ貴重に思える。ましてや出来ばえがすばらしいだけに尚さらである。

しかし、僕が特に強調したいのはビートルズ・ナンバーの演奏曲目ではない。
それはビートルズ・ナンバーの“少なさ”だ。
このアルバムで、ビートルズ・ナンバーは全28曲中たったの5曲しかない。
他の曲は“Richard Cory”と“Go Now”を除いて、すべてウイングスのオリジナルで占められている。

たしかに“Back in the U.S.”のツアーはよかった。
それに、ファンとしては元気でステージに上ってくれるだけで嬉しいものがある。
だが、ビートルズ・ナンバーが全曲の約3分の2を占めている状況だけは正直いただけない。
それに比べると、やはりこの“Wings Over America”は現役バリバリのバンドとしての完成度がとてつもなく高い。
ウイングスの各楽曲のクオリティも非常に高く、最後まで飽きさせずに聴かせる圧倒的なパワーがある。

その完成度の高さゆえ、ライブアルバムなのに、僕はこれをウイングスの入門盤として学生時代よく友人たちに貸し出したものだ。
実際このアルバムは、ライブアルバムという枠を超え、「ウイングスのもう一枚のオリジナル・アルバム」という位置付けさえをもファンの間では獲得していたのだった。
その証拠に、好きなアルバムと尋ねられて、このアルバムを挙げるファンはかなり多かった。

最後に、内容について語ると長くなるので、僕が特別好きなテイクのみを3曲だけ挙げて終わりにしたい。
“Venus and Mars ~Rock Show~Jet”
10分間にも及ぶ驚愕のメドレー。ポールファンなら誰でもこのオープニングで完全にノックアウトされるはず。

“My Love”
このライブ・バージョンの“My Love”は絶品。そのすばらしさについては、以前僕のブログでも取り上げた。

“Soily”
聴け!このベースを!
聴け!このヴォーカルを!シャウトを!
2時間以上歌い続けてきて、アンコールでこれほどまでのパフォーマンスを見せるポールのスタミナ。このエネルギーはまさしく超人的である。
まだ聴いたことのない人は、是非この史上最強のライブ・パフォーマンスを体験してほしい。
この曲のスタジオ録音テイクを発売しなかったのは、このライブ・テイクが余りにもすばらしかったからなのだろうか…。



ウイングス・オーヴァー・アメリカ ウイングス・オーヴァー・アメリカ
ウイングス (1989/12/20)
東芝EMI
この商品の詳細を見る
コメント
非公開コメント

全く、同感です!
このアルバムのお陰で、僕はウイングスが大好きになりましたし、ポールのソロアルバムを揃えるきっかけにもなったのが、このアルバムです。
いつ、聴いても最高ですし、飽きないです。

2006-07-25 08:17 │ from SHOWURL Edit

SHOWさんへ

SHOWさんはこのアルバムが大のお気に入りでしたね。なんとこのアルバムが発売されてから、もうすぐ30年になるのですね。時の流れを感じると共に、ポールが元気でいてくれることだけが本当に嬉しいですね。ビートルズのポールがまだ僕たちと共にいるのですから。

2006-07-25 21:02 │ from 管理者URL

I've Just Seen a Face

この曲、back in the world ツアーで演奏されてましたよ。
オリジナルイントロバージョンでした。
相変わらずキーはGでした。

2006-07-26 14:42 │ from martin_d28URL Edit

Re: I've Just Seen a Face

martin_d28さん、情報ありがとうございました。訂正しておきました。
そちらのバージョンもいつかは聴いてみたいもんですが、リリースはされていないんでしょうか?

2006-07-26 21:06 │ from 管理者URL

Re: I've Just Seen a Face

オフィシャルにはリリースされてないですかね。
レッドスクエアのDVDには入ってないのかな?

アンプラグドでも演ってましたね。

2006-07-27 14:39 │ from martin_d28URL Edit

Re: I've Just Seen a Face

“Unplugged”で演っていることさえ忘れてしまっていました…。老化現象のようです。

2006-07-28 06:23 │ from 管理者URL

中、高校時代で

まちがいなく一番聴いたアルバムですね。
ロックスターとしてのポール全盛期だと思います。
個人的には「チタン男」が好きです。

2006-07-28 17:39 │ from wonderlastURL

Re:中、高校時代で

同世代として嬉しい限りです。アナログ盤のあのズッシリ感がまたよかったですね。宝物の一枚(三枚?)でした。

2006-07-29 11:10 │ from 管理者URL

あらためて聴いてみると。。。

こんにちは、管理人さん。
この話題を読んで早速「Wings Over America」のCDを
買ってきてしまいました。3枚のLPは実家にありますが
送ってもらうのを待ちきれず、です。CDは2枚ですね。
昔はあまりライブ盤を聴きませんでしたが、オープニング
曲Venus and Marsのイントロを聴いただけで、「1970年のどん底を乗り越え、Beatlesと Wingsで2度も世界を制覇してしまったんだなあ」 と胸が熱くなりました。
中に入っている本ですが、リッキーをかかえるポールの
写真、とても生き生きしてますね。ピックアップカバーが
外れていて、なかなか新鮮に感じました。
お薦め頂かなかったら、再びは聴かなかったかも知れません。 お薦めいただきありがとうございます。

2006-07-30 17:40 │ from トール・カプチーノURL

Re: あらためて聴いてみると。。。

トール・カプチーノ さん
そうですか、買いなおしましたか!
おっしゃる通り、ポールはビートルズ解散後、一からウイングスを世界最高のバンドに育て上げたんですよね。若い頃はその偉さがなかなかわかりませんでしたが、このアルバムを聴くとその偉大さを改めてひしひしと感じます。
しかも、もっと偉いのは、リンダの死後ライブで復活。3度目の頂点に立ったってことですね。
こんなスゴイ人はもう現れないと思います。
というわけで今日も、「生きているだけでめでたい、サー・ポール万歳!」

2006-07-30 21:33 │ from 管理者URL

お邪魔します。
前の年にジョージ・ハリスンの 「オール・シングス・マスト・パス」 を誕生日プレゼントで買ってもらったませたガキは、翌年の誕生日にこのアルバムを買ってもらったのでした(誕生日でもなければ買えない値段のアルバムを選んでいた…というか…笑)。

「オール・シングス…」 が箱入りだった割にはスカスカだった印象があったのと比べて、ホント、物理的にもずっしり重かったですね。

飛行機の扉が開く、というようなコンセプトで、1枚目は小さな光だったのが2枚目3枚目と進むにしたがって、徐々に大きくなっていくアート・ワークにもシビレましたし、レコードの中心部分の絵(なんて言いましたっけ?)が各サイドごとに違っていて、つまり6種類の絵が楽しめる、というのも、当時のガキには結構なインパクトでした。 レコードがぐるぐる回るのに合わせたようなデザインなんですよ、それが。 つまり、レコードがぐるぐる回るのを見ても楽しめる、っていうことですね。
観音開きのジャケットを開くと、エア・ブラシのテクニック全開の、写実的な絵。 「ハートのささやき/ソイリー」 のシングル盤ジャケットにもなってましたが、アルバムで見るそれは、迫力が違う(笑)。 長いこと眺めていたものです。

「今日はsideCのアコースティック・パートを聴くぞ」 みたいな聴きかたをしていたことも思い出します。 レコード付属のポスターは、長い間自分の部屋の天井に張られていました(CDのミニサイズではこういうことができないのが、今の若者にとってはかわいそうに思える時があります)。

すごい聴き倒しましたよ、いちばん聴いたライヴ盤じゃないかなあ。 このアルバムも、リマスターされるんですかね。 楽しみだぁなぁ(お金が…笑)。

2010-07-27 13:29 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。あの3枚組の重量感はすごいものがありましたね。学生にはとても高価な買い物でしたが、それに見合うだけの満足感は与えてもらったと思います。リマスター化で果たしてどんな音になって蘇るのか、非常に楽しみな1枚でもあります。

2010-07-31 23:20 │ from 管理人URL

こんにちは。

雑誌「大人のロック」ポール特集を読んでて、全てではないけど高評価のアルバムは大体収集していてポールファンだと思っていたけど、その雑誌の記事に「soily」という曲を見て??となって、ネットで調べるとライブ盤のみでオリジナルアルバムには入ってないと知りました。

それで調べるとこのアルバムの高評価と思い入れが強い人の多さにびっくり。ポールの全ライブ盤のみならずロックの歴史のライブ盤のなかでもベストに挙げる人もいて、back in the usも好きだったので、それより素晴らしいのならと思い、newと共に今一番聴きたいアルバムです。

ポールの脂ののった時期のライブパフォーマンスとシャウトと、当時の熱狂ぶりが聴けると思うと今から楽しみです。

2013-09-24 16:45 │ from midoriURL Edit

midoriさん
コメントありがとうございます。オジン世代には思い入れの強いアルバムなんですね(笑)。『ソイリー』は絶対聴くべし。しかし、『バック・イン・ザ・US』や『グッドイヴニング・ニューヨーク・シティ』も総合的には負けないぐらいのライブ盤だと私は思っています。

2013-09-24 22:19 │ from 管理人URL

観ました!

私は当時、Seattleの反対側の街、Tacomaというところに住んでいて、Wings Over America - ROCK SHOW!!!をKing Domeで生で観ました!!!!
感動しました。アリーナじゃなかったけど。

2014-06-23 01:17 │ from NadjaURL

Nadjaさん
伝説のキングドーム公演を観たなんて、なんという幸運な方なのでしょう。日本に何人もいないのでは?私はその昔、キングドームの前で写真だけ撮りましたが(笑)、オールドファンにとってはそれだけ象徴的な場所です。今の人にはわからないでしょう。

2014-06-23 15:24 │ from 管理人URL

ソイリー大好き

中学からずっとビートルズファンで、最近はポールのソロやウイングスを聴いてます。

そのきっかけがユーチュウブで見た、ロックショーです。

ソイリーは一番の衝撃でした。ベースがすごくて、それからは他の曲もベースに注目して聴くようになりました。(マジカルとかアビーロードのベースはすごい。)

レディマドンナもかっこよすぎで、驚いちゃいました。
(私はそれから自分でも弾けるようになりたくてピアノを練習し弾けるようになりました。)

そのあとcd買いました。dvdは迷い中です。
少し前に、映画館でやったみたいですが、また上映されるなら、ぜひ行って、大きな画面大音量で見て、盛り上がりたいです。

2018-03-02 01:01 │ from ちゃおURL

No title

ちゃおさん

ソイリー最高ですね。私は楽器ダメですが、歌いながらあのベースはすごいなと思います。

2018-03-02 09:20 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/171-2bee4557