FC2ブログ

42才のオヤジ“I Will(アイ・ウィル)”に癒される - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » 42才のオヤジ“I Will(アイ・ウィル)”に癒される

42才のオヤジ“I Will(アイ・ウィル)”に癒される

小生1963年生まれの42才である。
派遣社員ながら、中間管理職として小さな部署を統括する身である。
サラリーマンである。

生活のためには嫌な事もガマンしてやらねばならない。
好きでやっている仕事でもない。
ストレスも溜まりまくりである。

今日もいつの間にか、ひどく疲れて、さあ帰ろうかと云う時にはかなりネガティブなムードになっている自分がいた。
足取りは重く、心は塞いでいた。

だが、いつもと同じく、会社を出ると同時にヘッドホンステレオを耳に装着した瞬間、心の中の暗雲が一気に吹き飛んでしまった。
たまたま最初にかかった曲が“I Will”だったのだ。
一瞬にして気分が変わり、深く深く癒された。

そして、またしてもポールの偉大さを思い知った。
この人の人生に対する姿勢というものが、いかにポジティブで純粋無垢であるかを悟った。
あくせく働くサラリーマンとは完全に対極の位置にいる。
世界が違う、と思った。

考えてみれば、これまでポールの音楽にどれほど元気づけられ、癒されてきたかわからない。
若く、人生に悩める時期ならまだしも、いい年をしたオヤジと呼ばれる年代になった今も変わらず彼の音楽に助けられ、感動させられ続けているのである。これは本当にすごい事だと思う。

天才は基本的に社会の醜い部分や、必要悪などとは無縁の世界に住んでいるのだろう。
生活のために自己を偽ったり、主義主張を変える必要もない。
だから素直に自分が正しいと思ったことを行動に移せるのだ。
昨今のアザラシ騒動などを見ても本当にそう思う。
コメント
非公開コメント

今回の再来日公演、個人的に聴いてみたい曲は沢山ありますけど、特に 「アイ・ウィル」は是非!ライヴで聴いてみたいです。
正しくポールの曲の中では 癒し系の部類に入りますよね。
疲れた時 「アイ・ウィル」の優しいメロディ、アコースティックギターの音色、ポールの歌声、これらを聴くとほっと落ち着きます。
「アイ・ウィル」の様な優しい歌を聴くと ポールはソングライティングのテクニックもあると思いますが、やはり純粋に仕事や音楽を楽しみ、ポジティブに生きている人なんだろうなと思います。
そんな姿勢が この様な名曲を作らせたと思いますね。管理人様の記事に同感です。

私も純粋にポールの音楽を楽しみたい、ポジティブに物事を考えたい、そう思いますね。
あのポールが来日してくれるだけで 狂喜乱舞するぐらい素晴らしい出来事なんだから、ここはやっぱり、その幸せを噛みしめながら、思いっきり ポール来日を楽しみたい。この機会を楽しめずに これ以上の楽しみや喜びが 他にあるかな?とも思います、そうでなけれはファンとして 寂しすぎますから。(個人的に)
モノの価値観は人それぞれ。私はチケットを買うときは コンサート当日の楽しみと これからの人生の思い出にチケット代金を払っている気がします。だから少し高額でも後悔していません。
あのポールを生で見たよ、聴いたよって事が ファンとして一生の宝物になりますからね。
座席の位置など 悩ましい問題もありますが、やはり楽しまないともったいない。

私が観に行く長居で「アイ・ウィル」を歌ってくれたら嬉しいな。
今回の再来日は様々な意見が出ていますが、色んな意見があっていいと思います。各々のポール愛ですから。
長々と綺麗事を並べてしまってスイマセン・・

2014-05-14 01:25 │ from テツURL

テツさん
まずは再来日を楽しみましょうか!文句はあとでも言えるので(笑)

2014-05-14 07:43 │ from 管理人URL

2009年リマスターが出たときにタモリ倶楽部でやってたビートルズ特集で
おぎやはぎの小木がお気に入りのビートルズナンバー10曲を発表していたのですが
「最高の曲。いちばん好き」と激賞しておきながらこの曲を6位に選んでいましたw
コアなファン相手に隠れた名曲のアンケートを募ったなら
まさしくそんな感じで絶妙な支持を集めそうな曲ですね。

おそらくホワイトアルバムに入っているオリジナルに勝る名演はないでしょうが
ピーター・アッシャーのプロデュースでダイアナ・ロスが10年ほど前に出した
カバーバージョンもさりげなく素晴らしいアレンジだと思います

2014-05-14 20:32 │ from fugrisoxURL Edit

fugurisoxさん
オリジナルが良すぎて、実はライヴバージョンには少しガッカリした私でした。これは『マザー・ネイチャーズ・サン』なども同じでしたね。ダイアナ・ロスがカバーしてるとは知りませんでした。

2014-05-15 18:38 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/164-fe8bc1e8