FC2ブログ

1968年のポール(総括) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » 1968年のポール(総括)

1968年のポール(総括)

僕の好きな1968年のポールについて1曲ごとに見てきたが、そろそろ総括である。

さながら万華鏡を覗くかのような趣のあるホワイトアルバム。
この歴史的名盤の中で、ポールはまさに超人的な才能をいやというほど見せつけてくれた。

11番目にして最後の顔は“Honey Pie”。
この曲は1920年代のボードビル・サウンドにインスパイアされて書かれた曲と云われている。
これまで紹介してきた11曲の中では最も知名度の低い曲といえるかもしれない。だが、ポールはこういう甘く心温まるような、アットホームな感じの曲を書かせると世界一である。
そして、僕はポールのこういう曲が大好きだ。

サックスやクラリネットがフィーチャーされ、やはり他のメンバーの存在感が薄い曲に思われるが、ジョージがベースを弾き、ジョンが少しギターを弾いているそうである。

以上ホワイトアルバムだけで11曲。
さらにこの1968年、ポールはシングル曲としてピアノブギーの傑作“Lady Madonna”とポールの全楽曲中最高峰との呼び声も高い“Hey Jude”まで発表している。

“Back in the U.S.S.R.”から“Hey Jude”まで珠玉の名曲が13曲。

これら13曲をズラリ並べて編集してみれば、ちょうどアルバム1枚分ほどになる。
仮にこんな名曲揃いのアルバムが発売されたとしたら、きっと超モンスターヒットを記録したにちがいない、なんて幻想さえ抱きたくなるほどのすばらしさだ。
たしかに他のメンバーたちとの化学反応があってこそ生まれ得た曲もあるだろう。
しかし、これら13曲すべてをポールがほぼ単独で作曲し、たった1年間の間に発表したというのは紛れもない事実なのだ。

おそらく1年間のうちに、一人のアーティストが発表したものとしては、ポピュラー音楽史上最高にして最強の楽曲群であると僕は断言しておきたい。
1968年のポールはそれぐらいすばらしいのだ!


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/162-73c86565