FC2ブログ

飯島真理 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 未分類 » 飯島真理

飯島真理

最近通勤途中で聴く音楽は、なるべく自分の好みを無視していろんな物を聴くよう心がけている。
そんな中で今一番気に入ってしまったアーティストは自分でも驚くほど意外な人だった。

飯島真理である。

僕と同年代の方々なら誰もが知るように、飯島真理といえば「愛・おぼえていますか」だろう。
メロディもなんとなく知っていたが、ヒットしたのは1984年のことだという。
ビートルズやポール、その他洋楽ロック、ポップスに夢中だった当時の僕は、軟弱な乙女のラブソングなど認めたくない年頃である。
まともに聴く機会を失ったまま長い年月が流れてしまった。

しかし、この曲20年という年月を経ても、その輝きを失ってはいなかった。
電車の中で聴いていて鳥肌が立った。
詩も曲も超一流である。
彼女はシンガーソングライターだと思っていたので、こんな曲を自作自演できるとしたら、これは大変な大物を見逃していたことになると思った。(といってもファーストアルバムのプロデュースが坂本龍一だから、それだけで大物にはちがいないのだが…)
さっそく帰って調べてみたら、作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦であった。
自作でないのには少しガッカリしたが、安井かずみさんは超売れっ子の作詞家、加藤和彦さんも日本の音楽史に残るメロディーメーカーであるから、それはそれで納得。

さて今回聴いたアルバムは「ベスト・オブ・ザ・ベスト」。
やはり「愛・おぼえていますか」は不朽の名曲であるが、それ以外にもいい曲がズラリと並んでいる。
彼女自身の手になる曲としては「1グラムの幸福」「天使の絵の具」などが僕は好きだ。
彼女のヴォーカルは今はやりのアニメ声優のようで、少し可愛すぎる嫌いはあるものの歌唱力は抜群。
サウンド的には歌謡曲とニューミュージックの中間といった感じだが、演奏・アレンジは磨き抜かれている。僕は松田聖子を聴くなら、こっちのほうがはるかに心地良い。

ポップでメロディアスな曲なら何でもという方には絶対におすすめしたいアーティストだ。

彼女の近況について簡単に調べてみたのだが、今も現役とのことだ。
90年代にアメリカ人と結婚し、ロサンゼルスに移住。音楽活動も主にロスを拠点としているらしい。かなり著名なミュージシャンとも共演している。
このままベスト盤だけで終わるのも少し惜しい気もするので、近作なども追いかけてみようかなどと思ってみる今日このごろである。



ベスト・オブ・ザ・ベスト ベスト・オブ・ザ・ベスト
飯島真理 (1995/02/25)
イーストウエスト・ジャパン
この商品の詳細を見る
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/161-96e24c4f