FC2ブログ

僕の好きな曲 “Sowing the Seeds of Love(シーズ・オブ・ラヴ)” by ティアーズ・フォー・フィアーズ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲 “Sowing the Seeds of Love(シーズ・オブ・ラヴ)” by ティアーズ・フォー・フィアーズ

僕の好きな曲 “Sowing the Seeds of Love(シーズ・オブ・ラヴ)” by ティアーズ・フォー・フィアーズ

はっきり言ってティアーズ・フォー・フィアーズは好きではない。
大ヒットした“Shout”も全然いいとは思わない。
なのに、この“Sowing the Seeds of Love”だけはダントツに好きである。
大傑作だと思う。ただし、この曲だけ。
(一般的にはこの曲が収録されているアルバムも傑作と云われているが…)

正直言って今でもこの曲が彼らの曲だとは信じられない。
まず作風自体が全く彼らのものではない。
この曲を初めてラジオで聴いたとき、僕は冗談抜きでビートルズの未発表曲が発掘でもされたのかと思ったほどだ。
こんな芸当ができるのなら、どうせならこの路線でアルバム一枚作ってもらいたかったと思う。
これが“Sgt. Pepper's”や“Magical Mystery Tour”の頃に録音されたと聞いたとしても、僕はきっと何の不思議も持たなかっただろうから。

それぐらい、この曲は非常にサイケデリックなイメージを喚起する名曲なのだ。
曲調とアレンジはまるで“I am the Walrus”をモチーフにしたかのよう。
ジョンがメインボーカルと曲を担当し、中間部をポールが作ったと言っても決して不思議ではない。

ビートルズ解散後、彼らと同じ地平にまでたどり着いたグループはまだ存在していないが、個々の曲だけを見ればビートルズっぽい作品はたくさん作られてきたと思う。
“Sowing the Seeds of Love”はその中でも、僕にとっては特別ビートルズの影を色濃く感じる作品なのだ。
いつの日かティアーズ・フォー・フィアーズは忘れ去られても、この曲だけは永遠に語り継がれてほしいと思う。



The Seeds of Love The Seeds of Love
Tears for Fears (1999/05/24)
Mercury
この商品の詳細を見る



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/159-35b6666c