FC2ブログ

ポールの曲 “Helter Skelter(ヘルター・スケルター)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Helter Skelter(ヘルター・スケルター)”

ポールの曲 “Helter Skelter(ヘルター・スケルター)”

「サーフィンからアバンギャルドまで全30曲、音楽空間の全てに翼を広げるビートルズの才能がここに集結」

かつてアナログ盤ホワイトアルバムのジャケットのオビに書かれていたキャッチコピーである。
特に「サーフィンからアバンギャルドまで」というくだりは多くのビートルズファンの心の中にしっかりと刻み込まれているに違いない。

しかし、である。
アバンギャルド、つまり“Revolution 9”をよく聴くという人がいったいどれだけいるだろうか?僕はもちろんジョンは大好きだが、“Revolution 9”だけは完全に別モノと捉えている。(はっきり言ってほとんど聴かない)

だから前述のキャッチコピーは少々オーバーな表現だと思うのだ。
「皆さんビートルズってこんなにもすごいんですよ。前衛的な手法も取り入れた抽象音楽までをも手掛けたわけでして…。」なんて、もっともらしい解説が聞こえてきそうではないか。

天才ジョン・レノンが取り組もうとしたことを否定する気は毛頭ないが、個人的にはこの曲を例に挙げて、ビートルズの音楽性を云々すること自体意味がないことだと思っている。

というわけで僕にとってホワイトアルバムは「サーフィンからアバンギャルドまで」ではなく「サーフィンからヘビーメタルまで」なのである。
さらに、後半部を加えるとキャッチコピーはこうなる。
「サーフィンからヘビーメタルまで全30曲、音楽空間の全てに翼を広げるポールの才能がここに開花」(ちょっとやりすぎたかな?)

いずれにしろ、ホワイトアルバムで賞賛される音楽性の幅広さは、そのほとんどがポールの功績によるところが大きいと思うのだ。それだけは声を大にして言っておきたい。
実際このアルバムでのジョンとジョージの作品を眺めてみれば、ポールほど際立った作風の違いが見いだせないことがはっきりとわかるだろう。
要するにポール以外はそれまでのビートルズの作品と作風的にはそれほど大きな違いはないということなのだ。このアルバムでポールが見せる11の顔がいかに常識を超えた現象であったのかがわかる。

さて前置きが長くなったが、ホワイトアルバム10番目の顔は“Helter Skelter”である。

この曲はロック史上初のハードロックと呼ばれている(と読んだ記憶がある)。
史上初かどうかは別にしても、ディープ・パープルやレッド・ツェッペリンの結成がホワイトアルバムのリリースと同じ1968年であることから、この曲がのちのロック界に与えた影響は計り知れない。

だが、ディープ・パープルをハードロックと呼べるのならば、“Helter Skelter”はさしずめその先を行くヘビーメタルの先駆的作品であったと断言しても特に差し支えはあるまい。

激しいギターのイントロ。荒々しいドラムス。ギターばりの印象的なベース。気ちがいじみたポールのヴォーカル。そして奇抜なアイデア。
そのすべてに聴く者はただひたすら度肝を抜かされるのだ。
しかも楽曲は最高に美しく、エキサイティングときている。

この曲を“Yesterday”と同じ人が書き、そして演じているのだと思うと…。
まさしくポールは化け物である。
少なくとも1968年のポールはやはり尋常ではないと思ってしまう。

発表から40年近く経った現在も“Helter Skelter”は全く古さを感じさせない。
今年のグラミー賞のステージでポールがこの曲を演奏し、大喝采を浴びたことが何よりの証拠である。


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

「アンソロジー」 バージョンのこの曲を聞いたときは、あまりの曲調の違いに別な意味でブッ飛びました(笑)。 もともと30分くらいあったそうですけどね、全曲聴いてみたいような1回聞けばそれでいーような…(笑)。

あんなスローでブルージーな曲が、どうしてああも常軌を逸した 「豆できちゃったよ!」 バージョンになってしまったんでしょうね。
この経過を考えると、「レヴォリューション1」 のカッタルイ(もとい、味のある)バージョンがシングルバージョンのハードロックにリメイクされたのと似てますよね。

歌詞を読んでると、この曲って 「エヴリバディ・ガット・サムシング・トゥ・ハイド・イクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」 に似てる気がします。
つまりマハリシ・マヘシュ・ヨギの説教っぽい(もしくはその説教を聞きながら思索をしているポールの強迫観念?)。

「ヘルター・スケルター」 というのは、なんかとある遊園地のジェット・コースターの名前らしいですが、当時インドに傾倒していたビートルズたちも、こんな登りつめたり奈落に落っこったり、ジェット・コースターみたいな人生を生きていたんだろうな~、と感じます。

この曲のモノ・ヴァージョンも、かなりステレオと違って興味深いですよ!

…ちなみに私、「レヴォリューション9」 も嫌いではないですよ(笑)。

2012-11-20 08:50 │ from 橋本リウURL

リウさん
いつもながらマイナーブログに熱心なコメントありがとうございます。記事の催促感もビシバシと感じたりしておりますが(笑)、いずれにしろありがたいことです。年々記事を書くのがおっくうになりつつ自分がいます。最大の起爆剤はやはりポールのリリースなんですよね。
ところでアンソロジーの『ヘルター・スケルター』、『ストロベリー・フィールズ』等々にはビートルズマジックの秘密を見た(聴いた)思いがしたものです。原曲をどう仕上げるかが、いかに重要なファクターであるのか・・・。いやあ~、音楽は奥が深い。

2012-11-20 16:42 │ from 管理人URL

管理人様
記事の催促のつもりはございませんので、なにとぞ気楽にお願いします(笑)。
私もブログをやっていると感じるのですが、過去記事にコメントを下さるかた、というのは、とてもまれなんですよ。
要するに、常に新しい記事にばかり、みんなの目が行っている。 新しい記事にしか検索エンジンに引っかからないとか、まあ原因はあるんでしょうけど(ただし結構 「ブログ」 絡みではなく、「サイト」 の検索でも、読まれる記事というのは最初のページのままだったりしますけどね)。

私は管理人様のブログは、とても入りやすい優れたブログだと感じています。
ただ、言いたいことって結構先に言っちゃってるから、過去記事にさかのぼって私もコメントをしているだけで。
それに、コメントをいただけるというのはやはり自分の場合でも、大きなモチベーションのひとつですから。 なにも来ないと書く気もなくなっちゃう。

なにしろ、ビートルズやポールのことについて 「理性的に」 忌憚なく語り合える、というのがこのサイトに私が惹かれる最大の理由です。
ほかのサイトでは、まるで一方通行だったり、2ちゃんねるのビー関連サイトは、なんかナマイキそ~な奴ばかりで、見ていてムカムカするし。 知ったかぶりというのが嫌なんだ(自分もそ~か…笑)。

やはり管理人様の心の広さで、私もズケズケとお邪魔し通しなのです。

今後とも、ビートルズやポールについて話したい私の心のしとねとなってくださいませ。
m(__)m

2012-11-22 08:24 │ from 橋本リウURL

リウさん
ブログ運営者の心理をよく理解されていますね。さすがです。生来が怠惰で何事も続かない私がこうして細々とでもブログを継続してこれたのも、リウさんやテツさんをはじめとするホットなコメントの力に後押しされてきたというのは紛れもない事実ですね。今では私の記事よりもリウさんのコメント読むほうが面白いという人もいるんじゃないでしょうか(笑)。
ともかく最近は無理に記事を書くのはやめるようにしています。「よし書こう!」と心から思えるような瞬間とインスピレーションを大切にしようと。だから乗っているときはけっこう続くし、ダメなときはかなり間が空くことになります(笑)。こちらこそ今後とも気長にお付き合いくださいませ。


2012-11-22 20:01 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/156-f6a57349