FC2ブログ

ポールの曲“Why Don't We Do It in the Road?(ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード) ”“I Will(アイ・ウィル)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲“Why Don't We Do It in the Road?(ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード) ”“I Will(アイ・ウィル)”

ポールの曲“Why Don't We Do It in the Road?(ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード) ”“I Will(アイ・ウィル)”

“Back In the U.S.S.R.”から“Rockey Raccoon”まで、すでに5つもの違った顔を見せてくれたポール。その一つ一つの作品どれもがポピュラー音楽の完成形と言っても過言ではないほどの驚くべきクオリティである。

この引き出しの広さはいったいどこから来るものなのか?
この頃のポールはなぜこんなにも冴えわたっているのか?
なぜ短期間にこれだけの楽曲を創作できたのか?
多くの疑問が次から次へと湧きあがってくる。

多くの異なる音楽性を持つことだけでも、当時のロックミュージシャンにとっては異例中の異例といえる大事件であったはずだ。
だが、この頃のポールはそれをいとも簡単に、しかも完璧にやってしまっている。
やってはいけないことをやってしまったと思えるほど、個々の作品が完成されている。
そう考えていくと、当時のポールがいかに過小評価されていたのかがわかる。
おそらくビートルズ自体がまだまだ本物のミュージシャンであることが社会的に認知されていない時代だったのだろうし、また、ポールもしくはジョン単独での作品という概念が十分に浸透していなかったということもあるだろう。いずれにしろ、凄いのはビートルズなのであって、ポールではなかったのだ。
これからはビートルズにおけるポール単独での貢献度を再評価しなくてはならない時代であると思う。

さあホワイトアルバムの曲に話を戻そう。
6曲目は“Why Don't We Do It in the Road? ”
これでもかというほどに、ポールは聴く者を打ちのめす。
ここに用意されたものは聴く者の度肝を抜く仕掛け爆弾である。

おそらくポールの全作品中でも最もワイルドで独創性に溢れたこの曲はポールが完全に単独で録音したものと言われている。
たしかに、その出来は即興的で未完成の印象。作品としての完成度よりは、ノリを重視したようなところがある。
そして、詩の内容と曲調はどちらかといえばジョンが書いてもおかしくないようなもの。そういう意味では完全にジョンを食ってしまった作品と言えなくもない。
だが、この曲はなんといってもヴォーカルが特別にすばらしく、創造性と狂気に満ちている。

しかしながら、これほどの曲も、実はこのあとに続く名曲を際立たせるための演出にすぎないことに気付く。7曲目の“I Will”である。
まず驚くべきは、“Why Don't We Do It in the Road? ”との見事な対比である。
この連続した2曲が全く同じアーティストによって書かれ、演じられたと一体誰が信じることができよう?
狂気のあとに続く、典型的なマッカートニーの甘いラブソング。
めまいを覚えそうなほど、甘美でノスタルジックである。
7曲目にして、初めて以前から僕たちが知っているポール・マッカートニーの世界が広がる。
狂気と緊張の極みから、安らぎと優しさに満ちた愛の楽園へ…。

“Why Don't We Do It in the Road? ”があるゆえに、“I Will”はより一層その輝きを増しているのだ。


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

この 「ホワイ・ドント・ウィ…」、ガキの頃は立ちションの歌かと思ってました(笑)。 そのうちに 「いや、道端××の歌かも…」(笑)と思ったり(成長したんですね)。

歌詞が単純でアブストラクトとゆーか(笑)。 ジョンもこのアバンギャルドぶりには、おっついていない気がします(笑)。

「ホワイト・アルバム」 には、この曲以外にも究極の単純な歌 「ワイルド・ハニー・パイ」 (この曲、ビーチ・ボーイズのアルバム 「ワイルド・ハニー」 と自らの曲 「ハニー・パイ」 を引っかけたジョーク、もしくはビーチ・ボーイズへのリスペクトだと思うんですが)もありますよね。 単なるリンクのつもりだったのでしょうが、こういう 「どーでもいい曲」 を挿入する、というのは、ビートルズが最初だったのかもしれない。 この、「どーでもいい曲を作るぞ!」 という姿勢が、彼らの 「逆転発想のすごさ」 を感じさせるのです。 時期的には 「ユー・ノウ・マイ・ネーム」 が最初な気がしますが(いや、「クリスマス・タイム・イズ・ヒア・アゲイン」 が最初か)、ナンセンス・ソングを作りたい、という彼らの思考も、今後もっと研究されてしかるべきだと考えるのです。

ただし 「ホワイ・ドント…」 は、単純であるがゆえに、ストレートに突き刺さってきます。 「アンソロジー」 では曲調を変えたり試行錯誤のあとも見えましたが、最終的にポールが採ったのは、この 「ストレート・エッジ」 だった。 正解!ですよネ!

「アイ・ウィル」 は最初聴いたとき、「どうしてベスト盤にこの曲が一切入っていないのだろう」 と思われるほどの傑作だと感じました。 この曲をフェバリットに挙げている人って、かなり多いですよね。 要するに、「隠れた名曲」 レベルの曲なんですが。

ただなんとなく、アレンジが人を食っているような気もするんですよ。

私がこの曲でいちばん違和感を抱くのは、バックで鳴っているカウベル?(パーカッションについて詳しくないのですが…チャカポコチャカポコ鳴ってるやつです)。 いかにもノンキでこの超名曲に合わない気がします(意見には個人差があります…笑)。

そしてベースが、ポールが 「ン、ン」 と言っていた、とゆー事実(笑)。 マウス・ベース、っていうんですか? それを知るまでは、この曲のベースラインってなんか不安定で、ベースにチョーキング(弦を押さえたまま上下に引っ張ると、音程がちょっとだけ上がるんですよ)気味に、ビブラートをかけているのかな?と思っていました。 マウス・ベースなんて、いかにも人を食ってますよネ(笑)。

もうちょっとこの超傑作を大事にするアレンジをしてほしかった、というのがホントのところですが、そのひねくれ具合こそ、ビートルズの真骨頂だと思うのです。

あーまた、長々と書いてしまった。 どうも止まんないですよねー、彼らについて語りだすと。 つまり、奥が深すぎるんですよねー。 「ビートルズの魅力が分からない」 という若い世代が、どうも続出しているみたいなんですが(ヤフーの質問箱とか見てるとそう感じます)、「深いんだよ!」 と一喝したくなります(笑)。

2010-10-30 19:13 │ from 橋本リウURL

管理人様
この上記のコメント、スパムになってしまった理由が分かりました! ××がいけなかったのです(笑)! NGですね、この言葉(笑)

2010-10-30 19:15 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。いや××は問題ないみたいですね。でも、時々英語のみのスパムらしきコメントが入ってきてまして、私が削除するのは基本的にそれぐらいです。リウさんのコメントも承認しなかったことはないと思います。ビートルズの魅力がわからない若い世代・・・理解不能です(笑)

2010-10-30 20:26 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/153-1b2251b6