FC2ブログ

ポールの曲 “Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)”

ポールの曲 “Martha My Dear(マーサ・マイ・ディア)”

ホワイト・アルバムでポールは実に11もの違った顔を見せる。
7変化ならぬ11変化。

“Back in the U.S.S.R.”“Ob-La-Di,Ob-La-Da”に続いて見せる3つ目の顔がこの“Martha My Dear”である。

数あるポールの名曲の中でも、最もミステリアスな輝きを放つ名品中の名品といえるこの曲は、いわゆるアナログ盤でいう「1枚目のB面」冒頭を飾っている。
バラバラの曲が雑多に並んでいる印象の強いホワイト・アルバムであるが、なぜか1枚目のB面だけは割と落ち着いた大人しい曲が並び、不思議な統一感を持っている。

僕も昔からこの“B面”が大好きで、どれだけ通して聴いたことかわからない。
学生時代の友人たちの間でも、“B面”は高い人気を誇っていた。

さて名曲“Martha My Dear”に話を戻そう。
なぜこの曲がミステリアスなのか。
まず、これだけの名曲なのに“Ob-La-Di,Ob-La-Da”と同じくポールがライブで演奏したことが一度もない。

そして驚くべき曲の完成度の高さ。
イントロのピアノソロは、これだけで完璧と思える。クラシック顔負けの驚きの旋律だ。
そして裏声をも駆使した透き通るほど爽やかなポールのヴォーカル。
その声はやはり“Back in the U.S.S.R.”とも“Ob-La-Di,Ob-La-Da”とも全く違う。

曲構成も尋常ではない。
“♪silly girl~♪”から“♪take a good ~look around you♪”への見事な展開。完全に予想を裏切りながら曲はこれ以上ないほどのクライマックスを迎える。

これは全くロックではない。
ある意味現代音楽が到達しえた究極の完成形ともいえるし、ポールにしかできない最高難易度のウルトラCともいえる。

もう一つ不思議なのはリンゴのドラムスは別にしても、この曲にジョンやジョージの影は全く感じられないことである。
スタジオミュージシャンとのコラボレーションで完璧なサウンドが生まれている。
ビートルズとは何なのか、そしてこの頃のポールは何者なのかと問いかけたくなってしまう。

最後に、ポールは“Martha My Dear”のような曲を二度と再び書いていない。
(ここでまた僕の仮説の登場である。話半分に聞いていただきたい。)
実際は「書いていない」のではない。「書けない」のである。
なぜなら、この曲は音楽の神々にインスピレーションを得て書かれた曲だからである。


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

コメント
非公開コメント

お邪魔します。
久々に過去記事を閲覧しながらのコメントでございます。

この曲、ピアノで弾くとまた快感がものすごいんですよ。
最初の数小節、右手は基本的にメロディだけを弾き、左手でベース部分を弾くのですが、ベース部分の弾き方は同じ音を1オクターブずつ交互に弾く方法。 つまりド、なら同じドをドレミファソラシドの低いほうのドと高いほうのドを交互に弾く方法、なのです(お分かりいただけますでしょうか?)。

この、左手をオクターブ違いで交互に弾く方法、これってポールのピアノの弾き方の、すっごくすっごく基本的なクセなんですよ。 「レディ・マドンナ」 もそうですし、「ヘイ・ジュード」「レット・イット・ビー」 なんかもそうです(覚えておいて損はないと思います!)。

実はこのベースランニング、ジョンが同じ時期(インドのバンガロー滞在中)にドノヴァンから教わった、スリーフィンガー奏法のピアノ版、とも言われています。 スリーフィンガーというのはその名の通り弦をつま弾くほうの指を3本しか使わない奏法なのですが、親指の部分で主にベースランニングの役割を果たします。 それをポールが参考にして、ピアノの左手の弾き方に応用した、というような(あくまで一説です)。

ちなみにジョンが習得したスリーフィンガー奏法は実に基本的なもので、「ジュリア」 がいちばん分かりやすいですが、ほかにも 「ディア・プルーデンス」のサイドギターも、よく聴いてみてください。 まったく 「ジュリア」 と同じ弾き方です(笑)。 ソロでは 「ジョン魂」 の中の 「ぼくを見て」 が 「ジュリア」 とまったく同じ弾き方(工夫せいっつーの…笑)。

ところでこの曲の基本コードはE♭、なのですが、「カンバッセーショーンプリーズ」 のところから急にCになってFになる。
この部分、これまで述べてきた左手のベースランニングが、極めて簡単に言ってしまえば 「ドッレッミッファッソーラッシッドォーッ」 となる(最後ちょっと違いますけど…笑)。 このピアノのベースランニング、ある曲と共通してるんですよ。 それは 「フォー・ノー・ワン」 の 「ノーサイロブラッビーハインザティー」 の部分。 音階とか違いますけど、構造はまったく一緒。

ここ、ピアノで弾くとかなり気持ちいいんです(笑)。
しかもE♭だったのがいきなりCになる、というのが、かなり昇天してしまいます(つまり考えられないコード進行)。

この曲でほとんど影が薄い、というジョンとジョージですが、どちらか分かりませんが、「テイカグーッルカーラーンデュー」 のところから、かなり印象的なギターのカッティングが入りますよね。 ちゃんとバンドしてます、っていうのが、すごいところだと思うんですよ。
また、ベースがいいんですよねー、この曲。 いかにもリッケンバッカーベースサウンド。

蛇足ですが、個人的に、「ヴィーナス・アンド・マース」 の一曲、「幸せのアンサー」 がこの曲と対をなす曲だと考えておるのです。

ああ~でも、傑作だぁ…。

2010-12-18 18:51 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメント&解説ありがとうございます。うーん、すごいですね。あのイントロのピアノが弾けるなんて・・・。ポールも歌がダメでもピアノだけでもライブでやってくれませんかね。当時のポールはなんであんなにすごい曲を作れてしまったのか、それは今でも私の中で謎・謎・謎であります。

2010-12-19 08:58 │ from 管理人URL

完璧です。皆さん楽器賞賛なので、私はヴォーカルを賞賛というか絶賛。Hold your head up you silly girl Look what you've doneの裏声、Take a good look around you Take a good look you're bound ここのかき回し! to see That you and me were meant to be for each other ここのビブラート! Silly girl 全部素晴らしいですがこの箇所が特にです。

2013-09-20 01:46 │ from nabiURL Edit

nabiさん
コメントありがとうございます。わかる人にはわかる、この曲のすばらしさ~。奇跡の曲ですね。

2013-09-20 16:26 │ from 管理人URL

この曲の評価が巷であまり高くない事に、疑問を抱いておりました。"one of these days"等、ほとんど話題にも上らない曲を多数取り上げ、捉え方もほぼ同じなのにびっくり。私と脳がシンクロしていませんか。ポール教信者としてw

2013-09-21 13:31 │ from nabiURL Edit

nabiさん
まだまだ取り上げたい曲はいっぱいあるんですが、最近サボってます(笑)。私のライフワークです。

2013-09-21 17:09 │ from 管理人URL

サウンドチェックで演奏されましたね!
喜びのあまり書き込みさせて頂きます

2014-04-26 23:46 │ from TWICEURL

TWICEさん
ええっ、マジですか?これは私にとって今年1番のニュースです。サウンドチェックに行ける人は日本でも聴けるかもしれませんね。もし日本公演で聴けたら、私死んでもいいです(笑)。

2014-04-27 11:11 │ from 管理人URL

http://outthere-japan.com/set-list/out-there-tour-2014-set-list/
一応ネタバレ注意
しかしいままでなぜ演奏されなかったのか不思議なくらいですね

2014-04-27 21:14 │ from TWICEURL

TWICEさん
情報ありがとうございます。一度でいいからライヴでやってほしいです。しかしオリジナルが完璧なだけに、少々心配ではありますが。

2014-04-28 03:16 │ from 管理人URL

チケットが届く前から楽しませてくれるポールに感謝

またおじゃまします。
「ロッキー・ラックーン」は早口で歌詞を間違えやすい、「オー!ダーリン」は喉が枯れてもたない、と考えると、「マーサ・マイ・ディア」の初演奏の可能性が最も高いのではないか。「マーサ」が来るなら「ジェット」も来るか、とか、
「ラム・オン~ビッグ・バーン・ベッド~ザ・バック・シート・オブ・マイ・カー」のメドレーや、または「ビッグ・バーン・ベッド~マイ・ラブ」のメドレーも可能かとか、ついつい妄想(あくまでも妄想)が暴走し始めます。「メアリーの小羊」もやってほしいのですが、このあたりで抑えておかないと・・・。











2014-05-01 23:55 │ from ただのオヤジURL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/142-717f2d4f