FC2ブログ

ポールの曲 “Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)”

ポールの曲 “Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)”

ホワイトアルバムからはシングルカットされた曲が1曲もない。
これは当時の音楽界の常識からいくと明らかに“暴挙”である。
完全に採算、売上げといったものを度外視している。
儲かるなら何でもやってやれ、というようなハイエナ的商業主義とは全く正反対の位置にいる。確固たる地位を築いたからできた事とはいえ、本当にすごい事だし、それがまたビートルズのもう一つの魅力にもなっている。

さて、“Ob-La-Di,Ob-La-Da”は、ホワイトアルバムからシングルを出すとしたら、必ずや候補に挙がったであろう名曲である。

ビートルズを聴くまでは、僕はこの曲をどこかの国の民謡か童謡とばかり思っていた。実際それぐらい有名な曲だし、親しみやすく印象的な曲であると思う。

ビートルズがレゲエを初めて取り入れた曲としてもよく知られているが、それはあくまでも技術的な話であり、やはりポールだからこそ作り得た最高品質のポップソング、ハッピーソングだと思う。

“Ob-La-Di,Ob-La-Da”という呪文のようなフレーズもポールらしいセンスを感じさせるが、やはり“何か”にインスパイアされなければこんな独創的な曲は作れるわけがないとも思ってしまう。

そして、この曲もポールのヴォーカルとレコーディング自体の出来が特別すばらしい。
ダブルトラックで迫ってくるポールのヴォーカルは1曲目の“Back in the U.S.S.R.”とはうって変わって全く別人のようにポップである。
この使い分けは見事というしかない。

蛇足ながら、これほど有名な曲をポールが今まで一度もステージでやったことがないのは大きな謎である。
あるいはポール自身はこの曲があまり好きではないのかもしれない。


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

コメント
非公開コメント

『採算、売上げといったものを度外視』というとまるでゲイジュツ至上主義みたいですが、やはりこれは新しいビジネススタイルだと考えるのが妥当じゃないでしょうか?アルバムとシングルにそれぞれ存在価値をあたえ商品としての価値をあげている。それは決して偶然ではなくて緻密に計算されたものだという気がします。それまでの音楽業界では非常識なことだったわけで、その斬新さをこそたたえるべきだと思います。

ちょっと話はずれますが2枚組超大作として話題のホワイトアルバムですが、EMIとの契約を消化するためにビートルズがひねりだした方策だったことはあまり声高には語られませんね。

2010-07-02 14:02 │ from じょんじーURL Edit

じょんじーさん
コメントありがとうございます。まずビジネスとして成り立たなければ、きっと『サージェント・ペパーズ』のような作品も生まれなかったのでしょうね。しかしビートルズには金儲けだけではない、良心的でピュアな心意気をどこまでも感じますね。そしてその方向性はポールがソロになっても失われていないと…。『ホワイト・アルバム』にしても、2枚組は苦肉の策だったにせよ、出来上がった作品が単なる曲の寄せ集め以上の結果にしてしまったところがすごいです。

2010-07-02 22:34 │ from 管理人URL

ビートルズに限らず、優秀なクリエイターには営利を超えたピュアななにかを失わずにいますね。自分を見失わないというか。その対局いあるのがAKB48? 商売になるならなんでも・・・みたいな感じで・・・これは余談です。

2010-07-04 13:56 │ from じょんじーURL Edit

お邪魔します。

「オブ・ラ・ディ…」 というのは、なんか誰か、ポールの知り合いの黒人さんだかが 「life goes on」 のアフリカ語だとかなんとか、んま~すごいアバウトな記憶ですが(笑)伝授したらしくて、その使用料とかを巡ってそいつがポールを訴えたとかなんとか…(ホントい~かげんな記憶でスイマセン)。 なんにせよ、この曲のタイトルを巡っていざこざがあった、ということは記憶してます。
ただこの言葉も、もともとでたらめな言葉だったらしいですが。 私の推測では、その黒人サンも 「セ・ラ・ヴィ」(それも人生だ)という言葉をもじったんじゃないのかな、と。

それはそうとして、この曲は 「アンソロジー」 バージョンから、やたらと曲調が変わってますよね(「アンソロジー」 バージョンも好き…笑)。

「レコーディング・セッション」 によると、リメイクした結果であることが分かるのですが、すごくポールはこの曲をこねくり回した印象がある。 モノ・バージョンもポールのヴォーカルがダブル・トラッキングじゃないし、最初のハンド・クラッピングが入ってないし、私はこの曲の完成形というのは、やはりステレオ・バージョンだと思ってます。 これって、それまでモノ・バージョンを自分たちがいちばん伝えたい形としてとらえていたビートルズが、ステレオに興味が移り始めた現象のひとつだ、と私は考えています。

「レコーディング・セッション」 を読んでいると、この曲を製作中のビートルズ内の雰囲気って、すごく悪いことが伝わってきます。
特にジョンはこうしたおとぎ話風の曲に対しては嫌悪感丸だし、という感じで、ジョンが弾いたとされるイントロのトリッキーなピアノも、彼のイライラが頂点に達した末のクレイジーさが伝わってくる気がするし。

でもポールは、まわりの 「なんでこの曲にこんなにこだわる?」 という空気にめげずに、というか反発気味に、この曲を仕上げていっている。
ポールがライヴでこの曲をやった、という記憶が私もありませんが、この曲に関しては、ポールの頭の中には、レコーディング中の嫌な思い出しかないんじゃないのかな、という気がするんですよ。

いい曲なんですけどね。

でも、私も歌ってて感じますが、「life goes on bla」 の 「bla」 が、結構キイが高くて外しやすい(あと最後の「and if you want…」 の部分も音程外しやすいです)から、ライヴでは歌わないのかもしれません(これは憶測です)。

ひょっとすると、ピッチ(回転)を上げてるのかもしれませんね、この曲。 半音くらい。 だからポールの声域ではでない高い音が出てるのかも。

この曲の基調がBフラットなんですが、Bフラットでベースを弾きながら歌うと、かなり難しいんですよ。

これも、ライヴではようやらん理由かもしれません。

2012-11-16 08:20 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。この記事を書いたのはもう6年も前のことですが、去年あたりからポールはこの曲を突然ライブでやり始め、今や定番の1曲となりつつありますから何が起こるかわからない(笑)。
まあすごい曲です。ポールのポップソングの原点かも。この曲が好きになれない人は、ポールのソロ作には興味を示さないかもしれない、なんて思ったりします。

2012-11-16 19:29 │ from 管理人URL

No title

ジョンもポールも楽譜を読めなかったとかどっかで読んで、驚きました。
ジョンとポールがギターをかき鳴らして、音を探って、表現を探していたのが、すてき。すごい。その自由さが感じられるから好きなんだなと思いました。

だからこそできた名曲もいっぱいあったと思います。

オブラディオブラダもそうなのかな?
gimmesometrueとかジェラスガイの原型の曲も?

ほんと憧れです。

2018-02-24 16:49 │ from ちゃおURL

No title

ちゃおさん

古い記事を見に来ていただきありがとうございます。

オブラディ・オブラダ、今ではステージでやってますね(笑)

時は流れた・・・

2018-02-24 19:07 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/141-dfd3b9c1