FC2ブログ

ポールの曲 “Back in the U.S.S.R.(バック・イン・ザ・USSR)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Back in the U.S.S.R.(バック・イン・ザ・USSR)”

ポールの曲 “Back in the U.S.S.R.(バック・イン・ザ・USSR)”

ご存知ホワイト・アルバムのオープニングを飾る名曲中の名曲である。

「♪あんばけねんゆーえすえすあ~♪」

このたったワンフレーズだけで、一体どれだけ心を揺さぶられたことだろう。
メロディーとかリズムとかいったものををはるかに超越した、この決めフレーズのすばらしさよ!ポール様々である。秀逸である。

おそらく何百万回と聴いているが、何十年経っても絶対に古くならない永遠のポール製ロックナンバーだ。
最近のマッカートニーバンドのツアーでも好んで演奏されているが、残念ながらその出来はオリジナルには遠く及ばない。オリジナルの完成度が高すぎるからである。

この曲、ビーチボーイズの「サーフィンUSA」のパロディというもっともらしい解説を昔読んだ覚えがあるが、時間という洗礼を受けた今、どちらの曲がより優れているかは火を見るより明らかだろう。

同じ1968年、“Lady Madonna”で初めて披露したノドの奥から搾り出すような太いヴォーカル。それがこの曲ではさらに進化し、最高に曲とマッチしている。
とにかく、この曲で見せるポールのヴォーカルは絶品中の絶品だ。

1965年から始まるポールの劇的な変身ぶり。
それは、1968年にあらゆる意味で頂点を迎える。

圧倒的な作曲能力は言うに及ばず、変幻自在のヴォーカルスタイルに、ギターからドラムスまで難なくこなしてしまう無類の器用さ。
天才集団ビートルズのメンバー中にあっても、この時期ポールはまちがいなく音楽性で一歩抜きん出た存在になりつつあった。

そして、この曲“Back in the U.S.S.R.”では、ついにジョージからリードギターまでをも取り上げてしまう。しかも完璧に弾きこなしてしまったのだから、凄いを通り越して憎らしいほどである。
これではジョージが可哀想になる。
(この頃のポールの溢れんばかりの創造性を見るにつけ、本当に神は不公平だと、しみじみ思ったりするのである。)

怒られるかもしれないが、ホワイト・アルバムは、ほとんどポールのアルバムだと思っている。(ポール7、ジョン2、ジョージ1ぐらいの比率)
それぐらい、このアルバムのポールはすごい。

次回以降も1968年のポールをアルバム収録曲順に取り上げていこうと思う。


参考:ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

コメント
非公開コメント

お邪魔します。
この曲のオリジナルを聴くたびに感じるのは、ベースとドラムという、リズムセクションがスカスカだ、という点です。 つまり重量感がない。
それもそのはず、ご存知の通りこの曲のドラムスはリンゴが脱退した時期の緊急措置としてポールが行なっており、ベースは確かジョージ?(スミマセン、毎度のことですがなにも見ないでコメントしております) しかも6弦ベースだったかな。 このふたりのアマチュア感を払拭するためなのか、ベースもドラムスも前に来る音づくりをしていません。 こんな音質バランスの曲は、「ホワイト・アルバム」 中どの曲にもありません。 言わばこの曲だけが、異色性に於いて突出している。

私はこの曲がどうして 「ホワイト・アルバム」 のオープニングを飾ったのか、長いあいだ疑問に感じていました。 キャッチーなノリノリナンバーであることは最大の要因だと私も思うのですが、なんかあまりにも、ビートルズらしくない。 もともとビーチ・ボーイズのパロディ、みたいなノリであることは確かなんですけどね。

でもだいたい3人ビートルズなわけじゃないですか、この曲って。 しかも楽器の役割分担が変更しまくりだし。 それにリンゴ抜きの曲をオープニングにするなんて、ずいぶんリンゴもなめられたもんだ、という気が、どうしてもする。

けれどもこの曲の特異性が、これから今までに全く見せたことのないビートルズをお見せしますよ、という、いわばメタモルフォーゼ宣言、という役割を、一手に担っている気がしてくるのです。 実際のところこのアルバムの曲群は、百花繚乱。 「サージェント・ペパーズ」 でビートルズではない架空のバンドになり済ましたことを、今度は当のビートルズ自身がさらに突っ込んで実演している、そんな気がするのです。 「サージェント・ペパーズ」 ではそんな演出性を垣間見ることが出来るのですが、「ホワイト・アルバム」 の変身の仕方は、ドキュメンタリー性が伴ってよりリアルになっている。 どの曲もこの曲も、全部ビートルズなのだ、という主張です。

そうしたことを考えると、この曲ほどそれを象徴的にあらわしたナンバーはない、そんな気がいたします。

楽曲自体は別にビーチ・ボーイズぽくなくて、ポールの傑作のひとつであるがゆえに、その後もライヴの定番になっている感がありますが、オリジナルが持つこの曲には、そうした意義が隠されているような気がしてなりません。

2010-12-22 15:30 │ from 橋本リウURL

リウさん
いつもながら過去記事へのコメントありがとうございます。ポールに全くその気がなかったにせよ、ビートルズにはドラマーもギタリストもいらん!、などとうがった見方をされても仕方ないほどのオールマイティーなポールの活躍ぶりでしたね。ホワイトアルバムはのちの『マッカートニー』への布石とさえ思えなくもありません。アルバムのオープニングはおろか、2曲目もポールのドラムなのですから・・・。リンゴ気分悪かっただろうな~(笑)

2010-12-22 21:22 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/140-da78f822