FC2ブログ

ポールの曲 “Silly Love Songs(心のラヴ・ソング)” - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲 “Silly Love Songs(心のラヴ・ソング)”

ポールの曲 “Silly Love Songs(心のラヴ・ソング)”

おそらくポールの全ソロキャリアを通じて、真の意味でシングル盤として最も成功したのがこの曲である。(“Mull of Kintyre”は本国イギリスでしかヒットしていない)
たしかアメリカ・ビルボード誌では6週間連続No.1を記録したと記憶している。

よくあることだが、大ヒットした曲というのは耳に触れる機会も自然と多くなるため、なんとなく聴かなくなってしまう場合がある。

僕にとってこの曲もその例にもれず、初めて聴いたときの感動はいつの間にか薄れてしまっていた。
若い頃には長い間ソロでは好きな曲のベスト5に入っていたのに、ここ10年ほどはまともに聴いたことがないほどだった。
きっと若い時に聴きすぎてしまったのが悪い方向に作用したのだろう。
何事もほどほどにしておかないと、こういう事になるという見本である。

さて、この曲のすばらしさを再認識したのは、通勤時にいつも聴いている音楽がきっかけだった。
最初は手当たり次第にMP3プレーヤーに曲を詰め込んで、ランダムに聴いていたのだが、ある時を境に通勤にピッタリ合う曲と、全く合わない曲があることに気がついた。
言葉を変えて云うなら、通勤時に聴いて心地よい曲と全くそうでない曲があるということだ。
これは曲の良さとか、その曲がどれだけ好きだとかいう事とはあまり関係がないように思う。

そして全く意外なことに、ある日“Silly Love Songs”が通勤にピッタリくる曲であることを発見したのだった。
こうして、この曲の再発見の旅が始まった。

このブログでも何度か触れたことがあるが、この曲が収録されている“Wings at the Speed of Sound”は、ポール・マッカートニーがプロデューサーとして最もいい仕事をした作品ではないかと思っている。

適度な緊張感。音のバランスの良さ、そしてしっかりとした安定感。
各曲のアレンジも不必要な装飾が極力抑えられており、シンプルかつ奥行きのあるサウンドに仕上がっている。

「ケイオス」もそうだったが、よくプロデュースされたアルバムというのは、ただ聴き流しているだけでも心地良いものだ。

“Silly Love Songs”はその中でもポールが特に手間ヒマかけて作り込んだであろうことがうかがい知れる、まさに聴きどころ満載の贅沢な1品だ。

まずは印象的なイントロ。
何かの楽器の音なのか、それともポール自らが創り出した音なのか、未だにわからずにいる。
ともかく、温かみを感じさせるとても不思議な音である。
ここに美しいピアノの和音が重なり、曲の中核をなす重厚なベースラインが加わってくる。
ポールの全作品を通しても、これほど力強く、クリエイティブなベースラインはそうは見当たらないだろう。
ベースの音だけを追いかけても、十分聴くに値するほどのすばらしい演奏である。
まさに世界有数のベーシスト、ポール・マッカートニーの面目躍如といったところだ。

さて、曲の他の部分にも目を向けてみよう。

・ジョー・イングリッシュの正確で心地よいドラムス。(僕は彼が好きなのだ)
・流れるように豊かなハーモニー(リンダの貢献度大である!)
・曲の良さを最大限に引き出した効果的なブラス・セクション。
・まだまだ若い!ポールの伸びのあるヴォーカル。

もちろん曲自体のすばらしさも忘れてはならない。
この曲のテーマはおそらくワンフレーズに凝縮される。
♪アーイ・ラーブ・ユー♪
この一見何の変哲もないシンプルな主題こそが、マッカートニーミュージックの真髄である。
誰にでもできそうでいて、実は誰にもマネができない芸当、まさに神業だ・・・。
ライブでこのフレーズを一緒に口ずさみたかったと思うのは僕だけではないだろう。

しかし、個人的にはサビの部分こそがこの曲で最も好きなところであったりする。
全く唐突に、たたみ掛けるように、しかも激しく聴く者のハートに訴えかけてくる。
“Love doesn't come in a minute.
Sometime it doesn't come at all.
I only know that when I'm in it,
it isn't silly, no it isn't silly, love isn't silly at all”

曲の盛り上がりは一気に最高潮に達する。
「愛はすぐにはやって来ない。
 全く来ないこともある。
 だけど、僕に言えること。
 それは、愛することがちっとも愚かではないという事…。」

ポールの最も偉大なところの一つは、彼がまさに自分自身の全人生を通して「愛」を体現しているということだ。
口では愛を語り、実際には愛とは正反対の生き方をしている人たちのいかに多いことか。
だが、彼の人生は、どこをどう切り取っても愛と思いやりにあふれている。
愛を生きるということは、本当に大変な事なのだ。

最近も、離婚をした相手に対するポールの深い思いやりを僕たちは目撃したばかりだ。
だから、“Silly Love Songs”は架空の愛の歌ではない。
これは、ポール自身の事を歌った曲なのだ。



Wings at the Speed of Sound Wings at the Speed of Sound
Wings (1996/07/23)
Capitol
この商品の詳細を見る
コメント
非公開コメント

SILLY LOVE SONGS

管理人さん、いいお話、ありがとうございます。
こんなにいい曲なのにばポールのライブでは
聴かれないですね。絶対盛り上がると思います。
もしライブで演奏したら、是非、最後の部分の
違うフレーズでのコーラスを会場全体でやって
ほしいです。

2006-06-30 14:52 │ from トール・カプチーノURL

Re: SILLY LOVE SONGS

70年代のツアーではやってたんですけどね・・・。
映画ロックショーでは、あのベースを弾きながらこの曲を歌うポールのあまりのカッコよさに同姓ながら失神しそうになったものでした(笑)
ファンならア~イ・ラ~ブ・ユ~と大合唱したいですよね。

2006-07-01 07:37 │ from 管理者URL

「心のラヴ・ソング」

ポールのソロキャリアの中で 一番成功した曲かも知れませんね。
確か 1976年のビルボード年間シングルチャートで1位だったと思うのですが 私の記憶違いでしたら ごめんなさい。
原題を訳すと「バカげたラヴ・ソング」となるのですが、当時の評論家筋に ポールはラヴ・ソングばかり、時代遅れ等々と批判されて バカげたラヴ・ソングの何が悪い?と この曲を作った事は有名ですよね。逆境に強いポールならではの 会心の大ヒット曲ですね。

この曲、不思議なイントロにリンダを含めた華麗なコーラス、華やかなブラスセクション そしてストリングスと サウンドがとても凝っていますよね。そして アイ~ ラヴ ~ユ~ ♪と単純明快な歌詞に キャッチーなメロディー、ポップスの最良な部分が 全て詰め込まれた曲の様に思います。

ライヴで演奏すれば 盛上がる事は間違いないのに 何故かポールは この曲をあまり取り上げません。
是非、10月にアーカイヴシリーズが発売された時には セットリストに加えて欲しいです。
そして 次の日本公演で、一緒に「アイ・ラヴ・ユー♪」と歌えたら どんなに幸せな気持ちになれるか・・ 新に夢は広がります。

中学生で ビートルズを知り、初めて洋楽に触れた時 感銘を受けたのが、洋楽のロック・ポップスって、ラヴ・ソングが多いんだって事でした。(実際は少し違う部分もありますが・・)恋愛下手で内気な少年には 愛してると言う気持ちを表すのに こんなに色々な表現があるんだと ある意味衝撃でした(笑)それからは 恋愛に限らずポジティヴな気持ちを表現する事に対して あまり躊躇が無くなっていきました。

ポールのバカげたラヴ・ソング達のお陰で私も少しは成長出来て 色々な事はあるものの幸せな人生を送れています。
やっぱり大切な言葉ですよ、「アイ・ラヴ・ユー」って。オッサンになって改めて思います(苦笑)
だからこそ、大切な事を教えてくれた、ビートルズ、ポールにお礼の意味も込めて 来日公演が実現したら、ポールの「心のラヴ・ソング」を一緒に歌いたいな。
「アイ・ラヴ・ユー♪」

2014-08-23 00:32 │ from テツURL

テツさん
これがポールマッカートニーだ!(笑)大衆性と芸術性を両立させたビートルズに匹敵する奇跡の曲だと思います。

2014-08-24 10:43 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/138-56515f4e