FC2ブログ

僕の好きな曲 “秋の気配” by オフコース - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲 “秋の気配” by オフコース

僕の好きな曲 “秋の気配” by オフコース

日本の音楽史に燦然と輝くスーパーグループ、オフコース。

しかしながら、その全盛期にリアルタイムで彼らの音楽を聴く幸運に恵まれていたにもかかわらず、10代後半の僕は寝ても覚めてもビートルズとポール・マッカートニーに明け暮れていた。
そのため、悲しいかな小田和正の女性的なヴォーカルと美しすぎるメロディーは、当時の僕にはただ軟弱で繊細すぎる女子供の聴く音楽としか映らなかったのである。
全くもって偏見ほどおそろしいものはない。

そんな独断と偏見に満ちあふれた僕が、オフコースのすばらしさに気付くようになるのは、彼らがとうの昔に解散してしまった1985年前後のことである。
当時ある女性に淡い恋心を抱いていた僕の心の中に、突然オフコースのメロディーが強烈に共鳴し始めたのだった。

そのとき初めてオフコースの音楽がなぜ若者に絶大な支持を得ていたのかがわかった。
それは、オフコース、特に小田和正の創り出す音楽が恋する人たちの心の波長と見事なまでに同調・共鳴していたからだった。
それは恋をした人にしかわからない独特な何物かを表現していた。
僕はたちまちオフコースの音楽の虜になった。

その中でも、僕が当時もそして今も変わらず特別に好きな一曲がこの“秋の気配”である。

永遠に色褪せることがないと思われる美しきメロディー…。
日本人にもこんな曲が作れる人がいるのだ。日本人に生まれて本当に良かったと思える名曲だ。

そして最近になって初めて気がついたのは、ドラムスの演奏が案外すばらしいということだ。

アコースティックな曲にもかかわらず、大間ジローのドラムスがこの名曲をいっそう盛り上げているのである。
一般的に彼がどのような評価がされているかは知らないが、個人的には非常に好きな演奏スタイルだと思った。かなりうまいと思う。
ドラムスを意識しながらオフコースの曲を聴いたことはなかったので、僕にとってこれは大きな発見だった。
そう考えながら聴くと、ジローさんは非常に安定感のある心地良い演奏をたくさん残しているのだ。
やはりスーパーグループにはそれ相応のプレイヤーたちが集まるものなのだな、などと妙に感心してしまうのであった。
(少しだけネットで調べてみたら、ちゃんと公式HPもあるし、元気で活動されているようでなんとなく安心した)

最後に付け加えておくが、僕が好きなオフコースは清水仁(b)、大間ジロー(drm)、松尾一彦(g)の3名が加入した後のオフコースである。
彼らの加入がいかに大きな化学反応をもたらしたかは、今さら僕が語る必要はないだろう。


JUNKTION JUNKTION
オフコース (2001/09/07)
東芝EMI
この商品の詳細を見る

コメント
非公開コメント

また、お邪魔です。 ヒンパンでスミマセン(笑)。
オフコースは、軟弱だと言われるずいぶん前の段階から、リアルタイムで(シングル盤だけなんですが)注目していました。
「秋の気配」 は、私が彼らの音楽にハマった、最初の曲です。
メロディラインもイっちゃうくらい素晴らしいのですが(笑)、やはり私の場合、小田サンの歌詞にやられましたね。
「こんなことは今までなかった/ぼくがあなたから離れていく」 という歌詞は、私が当時、それまで聴いたどんな歌にもない魅力にあふれていました。 歌詞に魅せられていたのは、小田さんとユーミンくらいでしたかね。
今でもオフコースの歌のなかでは、1、2を争うお気に入りです。 このシングル盤が発売されたのは私が確か小学6年か、中1だった気がするんですが、当時のことを強烈に思い出すアイテムでもあります。

「秋の気配」 にはまだ程遠い暑さですが(笑)、早く秋の気配を感じたいものです。

2010-08-05 13:34 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。小田さんは日本が生んだ最高のシンガー、そしてソングライターの一人ですね。今でも現役でがんばっておられるのは本当に嬉しいかぎりです。オフコースも小田さんも年月の経過と共にどんどん評価が高まっていったところがあり、そのあたりポールのソロ期とも共通する部分があると思ったりもします。

2010-08-05 22:09 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/129-94d7bf16