FC2ブログ

再びユリア・フィッシャー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » クラシック » 再びユリア・フィッシャー

再びユリア・フィッシャー

【本記事はポールマッカートニーとは関連のない記事となります】

Amazon Music Unlimitedに登録したら毎日が楽しくてしようがない。

スマホとヘッドフォンさえあればいつでもどこでも好きなだけ音楽が楽しめるからだ。

これだけ楽しいと、アマゾンプライム会員は月額760円だから、1日約25円と考えれば安いものだと考えるようになった。それに月単位で課金もON/OFFできるからそのあたりも使い分ければよい。

というわけで、クラシックネタになるのだが、再びユリア・フィッシャーである。

実はこのところのポールフィーバーで、いくら好きとはいえ少々耳疲れというか、ロック系の音楽から離れたいという衝動にかられていたのである。

そこで以前記事にも書いたユリア・フィッシャーのヴァイオリンがまた聴きたくなり、僕がクラシック作曲家で一番好きなモーツァルトのヴァイオリン協奏曲をチョイスしたところ、これがまたまた大当たり!!

とにかくこの人の弾くヴァイオリンの音色は心地良いの一言。理屈抜きに聴いていて癒されるし、心が洗われる。元気が出る。BGMとしても最高である。

実は僕は元々ヴァイオリンの音というのがあまり好きではなかったのである。

だから僕が今まで好んで聴いてきたクラシックはそのほとんどがピアノ曲ばかりだった(特にモーツァルトのピアノ協奏曲全集)。

だがユリア・フィッシャーの弾くチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を一度聴いてからというもの、僕のヴァイオリン嫌いは一瞬にして吹き飛んでしまった。それぐらいこの人の弾くヴァイオリンの音色が今まで聴いたヴァイオリンの音とは全く違っていたのである。

あ~気持ちいい!と、ただこの気持ちが伝えたくてこの記事を書いたのでした(笑)。

参考:
Amazon Music Unlimited

ユリア・フィッシャー/モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、第5番

ユリア・フィッシャー/チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調

コメント
非公開コメント