ポールのベースプレイ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの演奏、名演 » ポールのベースプレイ

ポールのベースプレイ

ポールは古今東西を通じ世界最高のベースプレイヤーの一人に数えられている。

僕はベースを弾いたことがないので、技術的な側面から語ることができないのが残念なのだが、素人の立場で聴いたとしても彼の弾くベースプレイは本当に素晴らしいと思う。

ポールの曲を聴いていると、曲そっちのけでベースラインに聴き入ってしまうことが多々ある。ベースに関して言えば、最もすごいと思うのはアルバム「リボルバー」以降のビートルズ後期の作品群だ。この時期はポールの作品だけにとどまらず、ジョンやジョージの曲でも数々の名演を残している。ジョージに至っては、「ポールはベースを弾きすぎている(「サムシング」について)」と多少皮肉を込めたコメントを残しているほどだ。たしかにそう思えなくもないが、逆に言えばそれくらい有名なベースプレイということの証でもある。

ビートルズ時代のベースプレイにについては、おそらく語り尽くされた感があるので、今日はソロ期だけに絞って語ってみたい。

全体的に見ると、ソロ期のベースプレイはビートルズ時代に比べるといくぶん抑えぎみであるように思われる。ソロになってベースを思う存分弾きまくるのかと思いきや、ベースが前面に押し出されている曲は意外なほど少ない。この事実はポールがベースという楽器をどのように考えているかを理解する助けになる。世界屈指のベーシストという称号を欲しいままにしながらも、彼はベースという楽器を決して主役とは捉えていないということだ。それはつまり、世間の名声に惑わされることなく、客観的に音楽を見る目を備えているということも意味している。

ベースプレイという観点から、僕が好きなソロ期の3曲を挙げてみよう。

ソロとして最高の名演の一つに「心のラブソング」がある。シングルカットもされたこの曲はソロとして最大のヒットを記録した超有名曲だが、ベースプレイだけを取ってみても、ビートルズ後期に負けず劣らずの名演奏を披露している。ベースラインを思わず追っかけてしまう典型的なパターンの曲といえるだろう。メロディーラインとベースラインが互いに独立しているかのような見事な曲作り…。まさに天才ポールの面目躍如だ。

ソロ期のベースプレイといえば、絶対に忘れてはならないのが「ママ・ミス・アメリカ」だろう。ポールにしては珍しい完全なインストゥルメンタル作品だが、前半が完全なベースソロ、後半がギターソロという構成になっている。イントロが印象的なドラムスはもちろんポール自身が叩き、シンセサイザーが効果的に使用され、曲のアクセントをつけるのに重要な役割を果たしている。
その昔関西のFM局で「ビート・オン・プラザ」というポップス番組があった(DJは田中正美さん)。かなりの人気番組だったのだが、この「ママ・ミス・アメリカ」がオープニングで使われていた。まだビートルズも知らなかった頃から、この曲が持つ不思議な魅力にとりつかれていたのを思い出してしまう。「ママ・ミス・アメリカ」は少々荒削りながらも、ポールのセンスのよいベースとギター両方の演奏が楽しめる作品だと思う。

3曲目に紹介したいのは「グッドナイト・トゥナイト」だ。ウイングス最後のヒット曲と言ってもいいこの曲で、ポールは久々にベースを思う存分に歌わせている。ベースプレイだけでなく、曲自体も最高にカッコイイと思うし、ポールにしか作れない独創的な作品だと思う。

ポールのもう一つのすごさは、かなり難しいベースプレイを「歌いながら」こなしてしまうところにある。純粋にテクニックの面から見れば、ポールを超えるプレイヤーはたくさん出現したかもしれない。だが歌いながらベースを弾くという点に限って言えば、現代でも彼の右に出る者はそれほど多くないはずだ。

そのスタイルはビートルズのファーストアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」の「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」で既に完成の領域に達しているから驚きだ。ほとんど一発録りに近い状況の中で、ポールはあのメロディアスなベースラインをリードボーカルをとりながらいとも簡単に弾きこなしている。まだ20才そこそこの若さで独自のプレイスタイルを確立していたのだから、やっぱり天才は違う。

また機会があればビートルズ時代のベースプレイについても語ってみたいと思う。




コメント
非公開コメント

あれほどのベースラインを作ることができるのには恐れ入ってしまいます。
そこらのベーシストとはけた違いなところがあると思います。

2010-03-07 20:30 │ from syuuuURL

Re: タイトルなし

syuuuさん

はじめまして!コメントありがとうございます。ほんとにポールのベースは凄すぎますね。これからもコメントお寄せくださいね。

2010-03-08 13:05 │ from 管理人URL

はじめまして
ポールのベースに魅せられているるんばです。
ポールは自作もそうですが、他人の曲でやりたい放題のベース弾きますよね。あれがファンにはたまりません。ビートルズではやはりタックスマン、カムトゥギャザー、サムシングでしょうか。自作ではペイパーバックライターが凄い。ソロになってからは、当たり前ながら自作ばかりなのでユニークさ破天荒さはちょっとおさえ気味になっちゃいました。
しかし、しかしです。他人のレコードではやはりすごい。89年にでたコステロの『スパイク』で二曲ベースをひいてますよね。『ヴェロニカ』ではヘフナーを。『ジスタウン』ではリッケンバッカーです。シングルになった『ヴェロニカ』はややおとなしめ、これは共作だからでしょうか?しかし、しかし(アレ?)です。「ジスタウン」では大爆発しちゃってます、ファンの溜飲がさがる爆裂ベースがきけますね。管理者さんはどうお感じですか?るんば的にはソロ期で最高のプレーだとおもってます。

2011-07-12 03:08 │ from るんばURL Edit

るんばさん
はじめまして!コメントありがとうございます。『スパイク』は発売当時からポールファンの間では随分話題になったアルバムですが、実は私持ってないし、まともに聴いたこともないんですよ(汗)。個人的にコステロの作品があまり好きになれないのも理由の一つなんですが・・・。他にもポールの爆裂ベースなどありましたら、また紹介してくださいね。

2011-07-12 07:49 │ from 管理人URL

うあレスありがとうございます。
コステロきらいですか。残念です。
たぶん声がだめなんだろうな、と推察します。
声が一番いいんですが、とっつきはわるい。
とっつきに関してはポールと好対照ですね。

ジスタウンはきいてほしいです。昨夜あらためてききましたが、ベースのミックスが異様におおきい、まるでコステロとベースのツインボーカルみたいです。コステロたのしんでますね。

コステロの音楽性はまさに一人ビートルズといっていいとおもってます。
レノン・マッカートニーの後継として一番!!だと。
ボールの後継ではロン・セクスミスがいますね。ときどきおそろしくポールににています。

2011-07-12 14:05 │ from るんばURL

るんばさん
コステロはけっしてキライというわけではないんですが、僕の場合は入っていけなかったですね。『ヴェロニカ』は好きですが・・・。『ジス・タウン』またじっくり聴いてみますね。ロン・セクスミスはこちらも全く知りませんでした!(笑)

2011-07-12 20:59 │ from 管理人URL

ロンセクスミスはたしかポールも絶賛してました。
醜男で小太りとビジュアル性、ゼロなんでミーハーな成功はないかもしれませんが、ミュージシャンの間で評判がとてもよいし、熱狂的なファンがおおいです。
曲はすべて地味ですが、誤解をおそれずにいえば、一番いいときのポール、みたいな曲を書く人です。

そういえば最初はコステロが彼に惚れ込んでツアーの前座に起用したのがメジャーデヴューのきっかけでした。それまで、たしか郵便配達をしながらシンガーソングライターとして活動していたはず。

連夜の書き込み失礼しました。

2011-07-12 21:36 │ from るんばURL Edit

るんばさん
ロンセクスミスはさしずめクリストファー・クロスのような人なのかな、なんて想像してしまいました。音楽ってヴィジュアルも大事ですよね。ポールはそれらすべてを「持ってる」、まさに神のような人だと私は思いますねえ。ああ、うらやましい、うらやましい・・・。

2011-07-12 23:44 │ from 管理人URL

クリストファークロスですか懐かしいですね。
醜男振りは似てるかもしれません。禿げてませんが・・・

ただ音楽はちょっとちがうかなって感じです。
ロンセクスミスは「裏庭での混沌と創造」のポールみたいな感じです。

http://youtu.be/fp65gFNXCjM

参考までに是非。

2011-07-13 02:36 │ from るんばURL

こんにちは(´∀`)

最近またビートルズを聴き始め洗いなおしてる中サイトに出会いまいた。
ソロ曲はあまり聴いてないのですが今や、youtubeという便利なツールが
あるので、曲名を検索し聞きながら読んでおりました。
当時はビートルズどころか外国ミュージシャンが演奏している姿を拝むことさえ
貴重だったため、どんどん思いは募り神格化に一役買っていたような気がします。
ポールは長くトップミュージシャンゆえどうしても辛口評価になってしまうんでしょうけど
今思うと実はwings時代が一番油乗ってたんじゃないですかね。
これはあのマイケルジャクソンも同じで、あの誰もが知ってるスリラーの次の
アルバムバッドは当時酷評されたんですが、その後のライブでの挿入曲でも
かなりの比率で入っていて、今更ながら再評価されてるアルバムです。
ポールに戻しますがヴィーナスアンドマーズ~ロックショーは思うに
使えるキャッチーフレーズ満載でライブはもう凄すぎますね。
この演奏聴いて、カメラマンだったのに奥さんになっただけで
なぜかトップミュージシャンのバンドに引き込まれたリンダさん。
ヴィーナスのイントロを単音で弾いてるあたりは
相当のプレッシャーだったろうなぁと感じます。
当時の奥さんは献身的だったから必死にだんなに付いて
いったんでしょうね、すばらしい女性でした。
思うにポールがベースをやった意味というのは大きかったですよね。
バンドのイニシアチブを握っている人がベースだったからこれだけ
ベースの可能性が広げられたんだと思います。
当時あれだけ暴れられたらおい!ちゃんとルート取れや!と言いたくなったでしょう
でも、ポールだから言えないみないな雰囲気って絶対あったと思うんですよ。
唯一いえたのはジョンでしょうけど、過去にバンドのためを思って犠牲になり
ベースを引き受けたポールにあまり無碍なことも言えないのもあったのでしょう。
ジョージにも華を持たせリードGとセンター位置を与える民主主義であり
結果、がにまたジョンが右マイク独占でサイドギター。
バックコーラスでポールとジョージがマイク共有でネックが両方に華開くお馴染みの
実にバランスの取れた演奏シーンです。
今からすれば全て偶然の積み重ねですがなにか一個欠けてもいけなかった。
ピートがそのままバンドに在籍していたらどうなってたのか。
チビでデカ鼻の見た目さえないリンゴだけど、熾烈なライバル争いの天才たち
その影に納得できない年下の野心とバンドが支配されていく中
ビリーシアーズは優しい男であり続けた。だからこそ、傲慢な天才たちは
彼を慕い絶品曲を与えたのだと思います。
リンゴ参入劇が無かったらビートルズはフォーセールあたりで終わっていたかもしれませんね




2015-01-13 19:53 │ from 葉っぱURL Edit

葉っぱさん
これを機にポールのソロ曲にも目覚めていただけると嬉しいですねー。

2015-01-14 17:54 │ from 管理人URL

トラックバック

http://maccagogogo.jp/tb.php/12-c0795bce