FC2ブログ

『ホワイト・アルバム』リミックスの感想 その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » 『ホワイト・アルバム』リミックスの感想 その2

『ホワイト・アルバム』リミックスの感想 その2

メンバー各々の個性が際立った種々雑多な曲を、統一感のある1枚のアルバムにまとめ上げたジョージ・マーティンのバランス感覚のすばらしさよ・・・。

今こうして届けられた新しい時代のリミックスアルバムを聴きながら、僕はそんなことばかり考えていた。

『ホワイト・アルバム』が発売から50年を経た今も世界最高峰の名作の1枚に数えられるのは、このアルバムが単なる名曲の寄せ集めではなく、前作『サージェント・ペパーズ』とはまた違った意味でトータル・アルバムといえる統一感を併せ持っていたからである。

それはジョージ・マーティンのプロデュースによる微妙なバランス感覚の上に成り立っていた・・・。

僕はその事実を今回改めて痛感することになったのである。


今回届けられたリミックス版は、その微妙なバランスが完全に崩されてしまっていた。

とにかく全体的に音圧の高さが気になってしまうのだが、それが時にはヴォーカルだけ、時には楽器だけ、そして時には1曲まるごと全部が突出しているといった具合で、聴いていてとてもとても「心地良くない」のである。

1曲1曲を取り出して聴くのであればまだいいが、アルバムを曲順通り聴こうとすると、途端に居心地の悪さを感じてしまうのだ。長い間オリジナルアルバムの心地良さに慣れきっている僕にしてみれば、これは道に地雷が埋まっているのを知りながら目隠しをしながら歩いてゆくようなものである。

百歩譲って全部の曲が改善されていると仮定したとしても、「アルバム全体の調和」、「心地良い流れ」「各曲のグルーヴ感(爽快感)」といった観点から見ると途端に点数が下がってしまうのだ(個人的な意見です)。

というわけで、僕自身に関しては『ホワイト・アルバム』は従来の2009年リマスター版を聴き続けることに決定である。

ただ、ビートルズ作品のリミックス作業なんて、どうやったところで必ず誰かが批判するのに決まっているのである。今回の作業もきっと大変な労力を費やしたにちがいなく、それを承知でこの困難な作業に挑戦し続けているジャイルズには心から深い敬意を表したい。ジャイルズ、あんたはエライ!!

なお今後僕が期待するのは『ラバーソウル』と『リボルバー』だ。『アビイ・ロード』はやはり完成度が高すぎて難しいだろう。

コメント
非公開コメント

No title

なるほどいろいろ考えることがちがいますね。
私はアナログ時代からこのアルバムの音圧の低さ 溝の浅さが気になってました、長時間収録よよる弊害だということですが、低音もオミットされ、ある種妥協的なプレスになったことはまちがいないと思います。CD化もそれに引きずられた感があります。だから今回のリマスターは全面的に評価します(ジャイルスも低音について今回のインタビューで同様のことを指摘していますね。)。彼らがスタジオで聞いた音になっている!!そんな興奮があります(個人の感想です)

2018-11-16 18:40 │ from マッカカURL

No title

マッカカさん

アナログ時代の音圧の低さは私も認めるところではあります。ただそれが見事に2009年のリマスターで解決された。これをもってしてホワイトアルバムは完成した・・・というのが私個人の評価です。が、評価は人それぞれでよいと思います。

2018-11-16 18:56 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

こんにちは。
僕は去年のサージェントペパーと比べると今回のリミックスは控えめな印象を受けました。僕としては、2009年のリマスターが基準としてあるから、リミックスは大胆にやってほしいと思っています。
ところで、「マーサ・マイ・ディア」のギターはジョージだったんですね。ポールとばかり思っていました。
残念なのは、未発表の「エトセトラ」がここでも未収録なことです。サージェントペパーの時も「カーニバル・オブ・ライト」を期待したのですが。

2018-11-16 20:47 │ from りょうたまるURL Edit

No title

久々に投稿させていただきます。

このアルバムにはそもそも、メンバー各自が思い思いの作品を作り上げた、
白のキャンバスに多様な絵が塗られているような(ちょうどジャケットが真っ白なのもそれをモチーフにしている、と勝手に考えております)、はたまた多様性のるつぼと化した、管理人様のおっしゃる通り「雑多」な都市のイメージを持っていました。

しかし、どうもジャイルズ氏は全く違うイメージを持っておられたようですね。
リミックス盤を聴いて思ったのは、すごく洗練された都会のような、整然とした雰囲気なんですよね。1曲1曲から同じような顔しか見られない。
「Why don't we do it on the road?」も「Helter Skelter」も狂気が隠れて、奏者はスーツを着ているような?感覚ですね(笑)「Revolution9」ですら、人間の生の音を切り取ったコラージュというより、アートを美術館で眺めてるくらいには平然としているような気がしてなりません…

その裏返しとして、「Honey pie」や「Good night」といった落ち着きのある曲はシャレオツな仕上がりで、ここはリマスター版よりも明らかに良いバージョンになってると思います。

長文失礼致しました。

2018-11-17 02:41 │ from 村正URL

No title

りょうたまるさん

私は『エトセトラ』の存在すら知りませんでした(笑)

でもここで出なければ、もうないのかもしれませんね。それともまだ次なる戦略用に残しているのか・・・(笑)

2018-11-17 19:01 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

村正さん

お久しぶりです。

村正さんの感じたリミックス評、興味深く拝読しました。ジャイルズはひょっとしたらビートルズのテープ聴き過ぎて何が正解なのかわかんなくなっちゃったんじゃないか???という考えが頭をよぎりました(笑)ちょっと休んだほうがいいのかもしれません。

2018-11-17 19:07 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

>というわけで、僕自身に関しては『ホワイト・アルバム』は従来の2009年リマスター版を>聴き続けることに決定である。

それで いいんじゃないですかね。ジャイルズだって「50周年版がこれからの基準になる」
なんて一言も言ってませんしね。これは あくまでもリミックス盤なんですから。オリジナルはオリジナルだし。時代がどんなに変わろうと、ビートルズのオリジナルを勝手にリミックス
し直して、新たなオリジナル盤として売り出すことは出来ないのだから。私もジャイルズに
は期待してますが、ただ単に音圧を上げるだけではなく、作品のバランスを考えてリミックス
および、プロデュースすることを願いますね。

2018-11-27 01:36 │ from nobody knowsURL Edit

No title

nobody knows

私自身はサージェントペパーズのリミックス版が自分にとって新しい標準となり得たことから、ホワイトアルバムにも秘かに期待した部分はありましたね。
今回のリミックスに関しては「何度も聴いてやろう」という気持ちが起こってこないのが残念です。
まあそれだけ難しいし、大変な作業なんだと思います。

2018-11-27 19:06 │ from Macca Go Go Go!管理人URL