FC2ブログ

11月1日東京ドーム公演の感想 その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのライヴ » 11月1日東京ドーム公演の感想 その2

11月1日東京ドーム公演の感想 その2

正直に言うが、ポールの声の調子にかぎっていえば、11月1日公演は僕が今まで行った中で最も悪い部類であった。

それでも行って良かったと心から思えたのは、1つにはポールの熱い想いが強く伝わってきたこと、1つにはバンドのサポート、そして演奏がすばらしかったこと(特にポールのソロ演奏はいつも以上にすばらしかった)、また1つにはホーンセクションの導入がすばらしく機能していたこと、などなどが主な理由として挙げられる。

またレーザー光線や、巨大スクリーンの演出もこれまで以上に美しく、楽しめたし、音自体も僕の感想としてはまずまずだった。

各曲についていえば、僕が最も驚いたのはなんと『レディ・マドンナ』だった。もうライヴバージョンを何百回聴いたかしれないが、この日の『レディ・マドンナ』は今までに聴いたどれとも違っていた。それはややテンポを遅くして、全く新しい解釈を加えたと言ってもいいほどで、「ポールはまだこんな事もできるんだ」と僕は深く深く感動したのであった。

『レディ・マドンナ』もそうだったが、この日のポールのピアノの音色はとても磨き上げられて美しく響いていた。

個人的にもう一つ大きな驚きは『幸せのノック』をライヴで聴けたことだった。全盛期のウイングスと切っても切れないこの曲を演奏してくれたことをポールに感謝したい。そして、演奏自体もとてもすばらしかった。(続く)

11/4追記:
もう一つのハイライトはやはり『レット・イット・ビー』だったろう。

曲が始まると同時に、僕はポールを驚かせたという初武道館でのサイリウム演出を思い出していた。そして思った、「しまった」と。不覚にも僕は持ってくるのを忘れてしまったのだった。

しかし・・・である。実際にドームを埋め尽くし始めたのはサイリウムの光ではなく、なんとスマホの白いライトだった。そして僕もあわててスマホのライトを点灯させ、曲に合わせて左右に振り始めた。

それは思わず息を飲むような光景だった。数えきれないほどの白く輝くライトが、まるで夜空を埋め尽くす星々のようにゆらゆらとゆらめいていた。満天の星空・・・そして美しい『レット・イット・ビー』。ポールの声も心なしか震えているように感じられた。初日もおそらく同じ事が起こっていたのではないだろうか。日本の観客は新たな伝説を作ったのだと思う。

『レッティング・ゴー』では思いのほかブライアン・レイのリードギターがすばらしかった。彼にはもっとリードを弾かせるべきだ。

『フー・ケアーズ』はライヴ向きであることが確認できたが、それよりさらにすばらしかったのが『カム・オン・トゥ・ミー』と『ファー・ユー』だった。この2曲だけはセットリストからは外せないだろう。特に『カム・オン・トゥ・ミー』の盛り上がりはハンパではなかった。ポールの新たなる名曲であることを改めて再確認した。

『ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ』が驚きと歓声をもって受け入れられたのは言うまでもない。ここでもホーンセクションが大活躍だった。

『イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー』以降は、ポールは完全にスイッチが入ったように僕には思われた。ポールが1曲、1曲本当に心を込めて歌い、楽器を演奏しているのがものすごくよくわかったからだ。『イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー』でポールが弾くソロのすばらしさに僕は息を飲んだ。

『フロム・ミー・トゥー・ユー』『ラヴ・ミー・ドゥ』では観客を大いに沸かせ、『ブラックバード』と『ヒア・トゥデイ』では心のこもった歌と演奏に誰もが胸を震わせた。真の名手のパフォーマンスに触れた瞬間だった。

とにかくライヴ後半はポールとバンドと観客が本当に一体になっていた。そして、コンサートから3日が過ぎた今思うこと・・・それは最高のライヴだったということである。

これならば国技館も名古屋も大丈夫だろう。ご安心ください皆さん。


ありがとうポール!あなたにさらなるご健康と天の祝福を!!


こんな人は2度と出ない。僕たちはそれを忘れてはならない。

こんな人は2度と出ないのだ。絶対に。(完)

コメント
非公開コメント

いつも楽しく拝読しております!

私は名古屋に参戦ですが、ますます楽しみになりました!この記事をもって一旦情報をシャットダウン致します笑

ポール、最後まで頼むぞー!!

2018-11-04 19:12 │ from らくだURL

No title

らくださん

ポールも初名古屋、そして最終公演で張り切ってくれるでしょう!
楽しんできてください!

2018-11-04 19:56 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

No title

お邪魔します。

まあ、行けなかった私が申し上げるのもなんですが、管理人様はすごく心がお広いです。 1階席でもかなりの遠さだったとお察しいたしますし、ポールの声が最悪でも気分を害されない。 却って、ポールの長寿を祝う場だ、という認識をされている。 これは並みのポール愛ではない、と私は思います。

私などは修行が足らんので(爆)セトリがマンネリだ、東京ドームは音響が最悪だ、と文句ばかりのところです。 聞けば両国の音響はかなりよかったらしく。 ポールが近くて大きなライヴハウスといった感じだったらしいし。 さいたまアリーナとかでやってくれませんかねー。 ジュリーはキャンセルしたけど(爆)。

それにしてもホント、セトリはもっとフレッシュン・アップして欲しいところです。 特にファンからの要望の高い、「心のラヴ・ソング」。 これを頑強にやらないのはなぜなのかな。 もしかするとこの曲はリンダがいないと完成しない、とポールは思っているのかもしれないですね。 「ノー・モア・ロンリー・ナイツ」 はキイが高すぎてもう無理だと思うけど。

…「あの曲が、あの曲が」 と言い出すと止まんなくなる(爆)。

2018-11-07 07:40 │ from 橋本リウURL

No title

リウさん

本音でグイグイ来ますね(笑)

基本的に私もリウさんと同じ考えなんですが、ほんとに今回は行ってよかったんです。少なくともそれだけは真実。

セットリストに関しては異常なまでの消極さが最近心配になってきました。ハイトーンで歌わなくていい名曲がたくさんあるのにそれをやらない。今なら『ハニーパイ』とかタイムリーで盛り上がり必至なのに・・・。

2018-11-07 20:02 │ from Macca Go Go Go!管理人URL

名古屋、デラ最高でした!

長文失礼します。

昨晩の名古屋公演行ってきました!

“デラサイコー!”でしたね!私も2013年から3回目ですが、ポールも日本に馴染んできて観客とのコミュニケーションも一体感あり楽しかったですね!

先日、U2のボノがベルリン公演中、声が出なくなり中止になったという記事を見ました。生身の人間がやる以上、たとえ公演中でも、何が起こるかわからない。だからこそライブはある意味面白く貴重なんでしょうね!まずはポールとナゴヤドームで最初から最後まで時間を共有できた事に大きな満足感を感じています!

演奏も管理人さんのおっしゃる通り、ホーンが入った事でめちゃめちゃカッコよくなってますね!私は序盤の「Letting Go」で完全ノックアウトでした。構成も大きく変えており、個人的にはウイングスオーバーアメリカを超えましたね!

今度はもっと前で見たいですねー!3回ともS席取ってますが、スタンド席です。誰かアリーナ席の取り方、教えてください〜笑

2018-11-09 17:08 │ from らくだURL

No title

らくださん

最終公演参加おつかれさまでした~。よかったですね♪
やはりライヴでしか味わえないものがありますよね。
きっとまた来てくれるでしょう!!

2018-11-09 20:10 │ from Macca Go Go Go!管理人URL