FC2ブログ

『エジプト・ステーション』雑談的レビュー その10 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » 『エジプト・ステーション』雑談的レビュー その10

『エジプト・ステーション』雑談的レビュー その10

13.Do It Now/ドゥ・イット・ナウ
ポールはインタビューで「Do it now(今すぐやりなさい)」が彼の父親の口癖だったと語っている。子供の頃、おそらく似たような事を親に言われた経験のある人も多いのではないだろうか(笑)。

つまりこの曲は亡き父の事を念頭に置いて作った曲なのだ。そう考えながら聴くと、たしかにこの曲には他の曲にはない優しさ、愛おしさといった感情が伝わってくるような気がしてくる。ちょっと宗教的なテイストもある。個人的には楽曲的に弱いと感じる部分もあるが、ポールとしては大切な思いが込められた曲なのだと思う。

そういえば、『プット・イット・ゼア』も同じように父親の口癖を曲にしたものだった。家族を誰よりも大切にするポールらしい曲といえるだろう。

僕のこの曲に対するイメージとしては、朝何気なくラジオをつけてみるとこの曲が流れてきた・・・という設定がとてもピッタリくる。家でもいいし、車の中でもいい。1日のスタートとして聴いてみてはいかがだろうか。いい事は今すぐやろう(笑)

この曲もそうだが、『エジプト・ステーション』の収録曲の多くは3分前後で短くまとまっているため、途中で飛ばさずについついフルコーラス聴いてしまう。このあたりもビートルズと共通する部分があると思う。

レコーディングはポールがピアノ、ハープシコード、ハーモニウム、ベース、ドラムス、アコースティックギターを担当。他にバンドメンバーからエイブがトムトムとバッキングヴォーカル、ラスティがエレキギターとバッキングヴォーカルでそれぞれ参加している。それ以外は弦楽四重奏団と、フルオーケストラも参加しているが、前面に出ることはなく抑えた演奏になっていると思う。

エジプト・ステーション(初回生産限定盤)(特殊ソフトパック仕様)

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray)

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(3CDデラックス・エディション)(限定盤)(3SHM-CD)

広告リンク:
借金問題を誰にも話せず一人で悩んでいませんか?
「自己破産させない本舗」マニュアル無料ダウンロード

コメント
非公開コメント