FC2ブログ

『カープール・カラオケ』大好評につき1時間スペシャルが登場 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » 『カープール・カラオケ』大好評につき1時間スペシャルが登場

『カープール・カラオケ』大好評につき1時間スペシャルが登場

以前当ブログでも紹介したポールが出演する『カープール・カラオケ』のYouTube動画だが、8/12現在視聴回数が2979万回と大変な反響があり、なんと1時間スペシャルが放映されることが決定した。



この動画はジェームス・コールデンがホストを務めるアメリカCBSの番組からのもので、毎回大物ゲストが登場することで有名である。
「carpool karaoke」で検索するといろいろ出てくるのでお試しいただきたい。

さて、今回ポールが登場したこの動画だが、ポール自身がリバプールを案内するという内容でファンにとってはまさに超がつくお宝映像となっている。特にポールが住んでいた家を訪問する場面は必見で、なんと家にあるピアノを弾きながら『ホエン・アイム・シックスティ・フォー』を歌ってしまっているのだ!!「おいおい、これならコンサートでやってもいいんじゃないの??」と突っ込みを入れたくなったのであった(笑)。

後半のサプライズギグのイントロで観客がビクッと飛び上がる場面は何度見ても笑える(笑)

さて、実際の動画は約20分ほどなのだが、実は時間の関係でスタッフが泣く泣く削除しなくてはならなかった場面が満載なのだという。たしかに動画を見てみると、かなりはしょって編集されているのがよくわかる。

というわけで、動画の再生回数も3000万回に近づいたということで改めて1時間スペシャルを放映することが決定したのだという。
アメリカでの放送日は8/20ということなので、きっと近いうちに日本の僕たちもYouTubeで動画が見れるようになると思われる。楽しみに待とう!

ニューアルバムのプロモーションとしてもタイミングはバッチリだ。



さて、最新ニューシングル2曲が発表されてから早や1か月以上が過ぎた。皆さんそれぞれに聴き込まれたと思うが、どのような感想をお持ちだろうか?

僕自身の感想は、2曲共にとてつもない名曲であるとの思いを日々強くしているところだ。

まず『I Don't Know』はメロディーの美しさがハンパではない。新たなるマッカートニースタンダードの誕生であり、ビートルズ級の名曲であると思う。誤解を恐れずに言うなら、ポールのしゃがれ声が若干曲の良さを邪魔していると言えなくもない(これが今のポールだし、これはこれで味があってよいのだが・・・)。全盛期の美しいヴォーカルで歌ったならば間違いなく1位を取ったであろうと思われる。

YouTubeではすでに世界中の人がこの曲をカバーしているので、それらを聴けば改めてこの曲の良さが再認識できるだろう。

そして『Come On To Me』。これがまたすごい。僕は初めてこの曲を聴いたとき、ポールにしては単調でどちらかといえば退屈で平凡な曲に思えたのである。しかし、繰り返し聴くうちにすっかりこの曲の虜になってしまった。これが天才の作る曲なんだよな、と妙に納得させられてもいる。

特に後半のシャウトと盛り上がりはまさにポールならではのセンスと魅力に溢れている。絶対にライヴで一緒に盛り上がりたい曲である(もちろん今年のコンサートでね)。

てなわけで、この名曲2曲を聴くだけでもう『エジプト・ステーション』の成功は約束されたようなものだと僕は思っている。仮に残り14曲全部が駄作だとしても、この2曲だけでアルバムを買う価値は十分にあると思う(ポールにかぎってそんな事はあり得ないが、笑)。
つまり、それぐらいニューアルバムは期待してもよいのではないかということだ。ズバリ名作『NEW』を超えると予言しておこう。

チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2018 2次プレリザーブ(WEB)
icon

9月7日発売 ニューアルバム『エジプト・ステーション』



コメント
非公開コメント